2018/02/12 (Mon) 一宮でアート三昧

今回の行き先は一宮市。遊びに行った事はほとんどない、いわばテリトリー外の場所。まずはその「一宮」の名前の由来となった、真清田神社に参拝。

180211im2.jpg

立派な楼門。

180211im.jpg

神社の周囲にはシャッターのおりたお店がずらりと並んでいました。かつては凄く賑わったのかな?それとも今でも縁日などでは賑わうのかな?




三岸節子記念美術館に到着すると、まずそのギザギザののこぎり屋根に目がいきました。ああこれは工場をモチーフにしたのだな、と、すぐに思いました。一宮市は毛織物産業で栄えた町だからね。

180211im3.jpg

館内の説明板によると、三岸節子さんの実家の家業が毛織物工場で、この美術館はその跡地に建てられたのだそう。

180211im4.jpg

美術館のすぐ前にも工場がありました。ウィキペディアには「のこぎり屋根工場」という項目がちゃんとあって、全国の県別分布が一覧で見られるのですが、その中でも一宮市のこの尾西地方は特別に記事が書かれるほどのこぎり屋根工場が多いようです。

さて、今回の一番の目的は、「フジイフランソワ展 はなからさらさらきにならぬ」です。

180211ff.jpg

一見、普通の美しい日本画に見えますが、ちゃんと見てみると、そこかしこにユーモラスな動物や妖怪などが描き込まれており、洒落も毒も効いていてとても面白い。小さな女の子も親御さんに連れられて来てましたが「すごいすごい!」と楽しそうでしたね。満足度の高い企画展でした。

常設展の三岸節子の作品もとても良かった。

180211mgs.jpg

色の風合いと組み合わせのセンスが抜群で、今見ても全く古びない。

そして、この美術館で「織り目の在りか 現代美術 in 一宮」というイベントのポスターを発見。あいちトリエンナーレの関連イベントで、我々の好きな、街なかで展示するやつです。これは是非、回らなきゃ!




会場エリアは、一宮駅周辺と尾西の起地区周辺の大きく2箇所に分かれており、我々がいた三岸節子記念美術館は起地区にあるので、当然起地区を回る事になります。

起と言えば美濃路の起宿の事で、以前一人で訪れた事があります。今回の展示会場である墨会館と旧林家住宅も、その時訪れていましたね。

まずは墨会館

180211im5.jpg

丹下健三の設計で、国の登録有形文化財。

180211im6.jpg

三上俊希の作品。胎内巡りみたいで楽しい。

続いて旧林家住宅

180211im7.jpg

起宿の脇本陣で、国の登録有形文化財。

180211im8.jpg

180211im9.jpg

杉山卓朗。建物との組み合わせがとてもいい。

180211im10.jpg

宮田明日鹿。これは斜め横から見ると全体のイメージを掴みやすい。後ろに透けて見える庭もいいね。

小川育のアニメーション作品も作り込みが凄くてブラックユーモアに溢れ、「パットとマット」好きにはたまらない。

歴史的建造物と現代アートを同時に楽しめて、大満足で帰途につきました。

このイベント、今日(2月12日)までです!













アート | trackback(0) | comment(2) |


2017/10/15 (Sun) 篠原有司男 展(@刈谷市美術館)に行ってきた。

日本初のモヒカン前衛アーティスト、篠原有司男 展に行ってきました。凄いエネルギー。刈谷市美術館はユニークな企画が多いなぁ。

22448182_1680345905373454_76795535467911212_n.jpg

'50年代にして既にパンク(因みにパンクの登場は'70年代です)。こういう爆発的なアートって既視感があるんだけど、この人が元祖なんだよね、きっと。

同じくアーティストである妻 乃り子さんとのやり取りを撮ったドキュメンタリー「キューティー&ボクサー」も超カッコイイから是非YouTubeで見てみて!






この篠原有司男、「ボクシング・ペインティング」と呼ばれるライブペインティングがその代名詞なのですが、奇しくもこの日、近くでやってた「KARIYA JAZZY JAM」にて、多治見の画家 木全靖陛氏のライブ・ペインティングを激写。

22406520_1680345942040117_6517104536049004454_n.jpg

雨なのに結構な人出、盛り上がりでした。





アート | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/18 (Mon) 「天野裕夫 彫刻の世界」@瑞浪市市之瀬廣太記念美術館

瑞浪市出身の作家、天野裕夫さんの彫刻は野外とかで突然出会う事が多く、これまでにスペース大原とか桜堂薬師なんかで不意に出会って気にはなってたんだけど、こんな風にまとまった形で見るのは初めて。

入場料なんか全く気にせず入ったら、たったの200円!安すぎやろ、って思ったんですが、どうやら国際陶磁器フェスティバル美濃'17の協賛事業らしい。なるほど。

170917amn5.jpg

まずエントランスで出迎えてくれるのがこの「象豚猪」。ド迫力。

どれもユーモラスで見入ってしまいましたが、中でも気に入ったのは、木の形や質感を活かし、異質な素材をシームレスにつなげた諸作。

170917amn.jpg

「アスパラ森林河馬」。その名の通り、背中に生えてるのはアスパラ。「なんでやねん」とつっこまずにはいられません。

170917amn2.jpg

「世無鯨」。口の中には超ミニチュアサイズの象が行進してます。

170917amn3.jpg

「キリン塔」。生命力と、神々しさすら感じます。

170917amn4.jpg

ディテールの造り込みも凄い。

宮﨑駿やスチームパンクの世界観を思わせます。

11月12日まで。絶対オススメ。



アート | trackback(0) | comment(0) |


2017/04/10 (Mon) 「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」展に行ってきた。

名古屋市美術館で開催されている「アドルフ・ヴェルフリ展」に、ご招待で行ってきました。

170409shibi.jpg

アウトサイダー・アート、アール・ブリュットと呼ばれる、美術の専門教育を受けていない人、特に精神病の人の手による芸術で、この人はその最も有名な一人。

170409shibi2.jpg

精神病患者によく見られる「同じ事を執拗に反復する」傾向そのまま、細かな文様や文字が延々と膨大な量で繰り広げられています。

曼荼羅と言えば曼荼羅、絨毯と言えば絨毯のよう。そのミニマルなグルーヴには催眠作用がありますね(すみません。食後でアルコールも入っており、後半飽きて眠くなりましたw)。

170409shibi3.jpg

謎の文様や文字に加え、音符も随所で見られます。「どうせデタラメな音符だろう」と思っていましたが、なんとそれを解析して音源化してしまった変態をネットで発見しました。






アート | trackback(0) | comment(0) |


2016/10/22 (Sat) 「岡部昌生+鯉江良二 ヒロシマの礫」展に行ってきた。

ちくさ正文館書店2Fで開催中の「岡部昌生+鯉江良二 ヒロシマの礫」展を見てきた。

14610903_1196147167126666_1833647978308100954_n.jpg

トリエンナーレでは全くピンとこなかった岡部昌生のフロッタージュだけど、こっちの方がイイな。

そして、正文館書店。いつ来ても楽しい。身近な書店では一番好きかも。たまにはちゃんとした「知」に触れないとダメね(^^) こういう「知」との出会い方って、ネットじゃできないから、センスのいいリアル書店にはホントに頑張って存続してもらいたい。



アート | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★5/19(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する