2014/07/08 (Tue) 【自転車で日本一周】番外編:北海道のメロン!

超贅沢サイズに切り分けて、しゃぶりつきまーす\(^〇^)/北海道は何食べてもバカうま!

140708mrn.jpg

20年前の日本一周自転車の旅、北海道の斜里岳登山のアプローチでヒッチハイクに応じてくれた方と意気投合し、それ以来ずっと、お中元とお歳暮のやりとりを続けています。あちらからはメロンや新巻き鮭、こちらからは地酒や和菓子を送り合っています。

再訪したいと思うもいまだ叶わず。連休とって行けばいいじゃん、と思われるかも知れませんが、北海道には1ヶ月以上滞在しないと意味が無い!という変なこだわりがあって・・・。

体力があるうちにもう一度、今度は1年以上かけてじっくりと日本を自転車で回りたい(20年前は3ヶ月で駆け抜けてしまって後悔しています)。

記憶がなくなる前に記録しておきたいと始めた→ブログ連載←も、途中で頓挫したまま。

リアルタイムがこんなに楽しいのに、過去を思い出してブログを書くのは大変おっくう!

やるべき事をやり終え、やりたい事をやり尽くすのに、あと何年かかるのかしらねぇ。一日を30時間にして欲しいとは全く思わないけど、平均寿命を100歳ぐらいにはしてもらって、死ぬまで飛び回らせてもらいたいとは思う。




自転車で日本一周 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/06 (Mon) 【自転車で日本一周】'96年8月18日(~羅臼温泉熊の湯)

96081819_20120130205825.jpg

この日は翌日の羅臼岳登山を控え、羅臼キャンプ場で幕営。そのキャンプ場の目の前に、羅臼温泉熊の湯があります。

改めて今ググッてみると、たくさんヒットしますが、そのいずれにおいても、この温泉の「独特の掟」について言及しています。注意深く入って無事堪能したという記事もあれば、酷い扱いを受けて「こんな温泉なくなってしまえ!」と憤慨する記事もあり、様々です。こういう情報だけ目にした人は、一体どんな温泉か、とビビることでしょうw

まあ要するに、地元のボランティアの方々の管理で運営されている温泉なので、マナーを守って入りましょう、という事なんですが、字面で見れば普通の事でも、その実態がいわゆるアレwなんですわwww




とりあえず'96年当時の俺の体験を綴ります。

当時はネットもケータイもなく、しかも俺は一人旅のチャリダーなので、そんな情報は知る由もありません。なーんも知らずに温泉に入ったら、湯船の一方には一般客らしいオッサンが一人、もう一方には数人の客がおり、その中心がどうやら管理をしている地元の人らしく、「マナーの悪い客を怒鳴りつけてやった」的な武勇伝を大声で話していました。話の内容としては、その怒鳴られた客はかけ湯もせずに湯船に入ろうとしたようで、そりゃ怒鳴られてもしゃぁないわな、とは思いましたが、やはり静かに入りたいもんで、俺は一般客のオッサンが一人静かに入ってる方を選択し、かけ湯をしました。

「あちっ!」

ここの湯がかなり熱いのは有名な話なんですが、なにしろ俺はなんも知らなかったもんで、思わず声が漏れました。

そしたらよ!それまで静かに一人で入ってたそのオッサンが急にはりきり出してよ~。「熱いって言うな。この温泉は地元のみなさんのご厚意でウンヌン・・・」って俺に説教を始めたわけよ。なんだこの腰巾着野郎は?「あちっ!」って一言漏らしただけだぜ?百歩譲って管理人に言われるならまだしも、俺と同じ単なる一般人の腰巾着になんで俺が説教されなあかんのか。

あまりにウザいので、説教の途中だったけど無視して場所を移動しました。で、ゴキゲンに武勇伝を語ってる地元の人の近くに行って、腰巾着野郎に対してこれ見よがしに「いやぁ~、ここのお湯、熱いっスね~!」って大声で言ったったわwww そしたらその地元の人、「そうだろう、そうだろう!ここは熱いので有名なんだよ!がはは!」ってゴキゲンw そのまま談笑。

それにしても、あの腰巾着野郎は一体何がしたかったのかしらね?







自転車で日本一周 | trackback(0) | comment(2) |


2012/02/04 (Sat) 【自転車で日本一周】'96日8月17日(~納沙布岬~風蓮湖~中標津)

96081617.jpg

hkd21.jpg

日本最東端:納沙布岬

hkd22.jpg

根室半島から見える国後島(北方領土)

hkd23.jpg

風蓮湖

写真はあれど記憶はなし。




自転車で日本一周 | trackback(0) | comment(0) |


2012/01/31 (Tue) 【自転車で日本一周】'96年8月16日(~厚岸~霧多布~根室)

960816a.jpg

この日も俺的「北海道っぽい」行程が続く。

厚岸からは国道44号を離れ、県道123号(別名「北太平洋シーサイドライン」)へ入ります。わざわざ別名で呼ばれるだけあって、これが絶景ルート!

hkd18.jpg

こういう断崖の真上を道路が通っています。

hkd19.jpg

霧多布湿原。例によって「きりたっぷ」という、アイヌ独特の響きの地名ですね。

hkd20.jpg

最果ての地(日本最東端:納沙布岬)へと向かってるんだな~・・・という雰囲気がビンビン伝わります。

この日の宿は、地図に書いたメモによれば、根室の「ケルン」。ググッてみたらいまだ健在!やはり記憶が全くないので、思い出す手がかりを得ようとサイト内をいろいろクリックしてみますが、いずれもどこにもつながらず。更新してないんですかね。よって何も思い出せず。





自転車で日本一周 | trackback(0) | comment(0) |


2012/01/29 (Sun) 【自転車で日本一周】'96年8月14日15日(~釧路湿原)

96081415.jpg

地図に書き込まれたメモによれば、14日と15日で釧路に連泊した模様。湿原の写真に刻まれた日時は14日なので、なぜ翌15日も連泊したのか覚えていませんが、多分天気が悪かったのでしょう。雨で走ってもしょうがないから休養日にしたのかな。

hkd16.jpg

hkd17.jpg

かの有名な釧路湿原を目の当たりにした感想は、「ふ~ん・・・」だったと思います。→鳥取砂丘←と同じで、事前に期待しすぎたんでしょうね。写真を見る限り、今だったら感動できただろうに。きっと、こういうものを見られる有難味が分かっていないガキだったんだと思います。





自転車で日本一周 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★2/4(土)LIVE@植田BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する