金華山山系四山縦走(三峰山~舟伏山~西山~金華山)

金華山だけでは満足なボリュームの登山にならないので、周りの山と組み合わせて縦走コースを考えてみました。自転車と電車を使えば綺麗な縦走ができます。

180613knkzn0c.png

全体像はこんな感じ。

あらかじめ名鉄市民公園前駅に自転車をデポしておき、三峰山登山口からスタート。縦走終了後は最寄りの名鉄田神駅から市民公園前駅まで電車で移動し、あとは自転車でスタート地点まで戻る。

縦走と言っても低山の連なりで見た目のインパクトは小さいですが、地図を見れば分かるように、せっかく登った山を一旦下界まで下りて、再び次の山を登り返すので、累積標高はなかなかのものじゃないかな。




あいかわらず朝の行動が超ノロマで、登り始めがなんと11時半(笑)

180613knkzn0.png

まずは三峰山。さすがは岐阜の都心部に近い山、しっかり登山道や案内板があります。

180613knkzn.jpg

今回の山行では花はほとんど見られなかったけど、三峰山にはこの花が所々に咲いてました。名前も知らないけど、濃厚な甘い匂いが漂ってました。

180613knkzn2.jpg

展望台は想像以上のパノラマ!各務原アルプスが端から端までズラリと。この日は梅雨なのが信じられないほどの快晴でした。

180613knkzn3.jpg

今回のラスボス金華山と、奥には伊吹山までくっきり。

180613knkzn4.jpg

養老山脈と、その奥に鈴鹿山脈が覗いてます。

180613knkzn5.jpg

名古屋駅周辺の高層ビル群。

180613knkzn7.jpg

御岳も。

180613knkzn6.jpg

スタートからまだ30分だけど、もうお昼だし、絶好のロケーションなので、ここで一杯。フヒヒ♪

下山路は、北側に落ちるいくつかの尾根のうち、最も痩せていて岩記号の多い尾根を選択。ところが、これが意外にもロープが張られるなどして親切設計。期待していた「ちょっとしたスリル」は全くありませんでした。

180613knkzn8.jpg

隣の尾根の方がスリリングだったかな?

お次は舟伏山。稜線に乗ってしまえば道は明瞭なのですが、そこに至るまでの南面ルートはあまり歩かれておらず、藪が迫ってました。藪を避けて身をかがめながらの直登はきつかった!今回の山行で最もきつい区間でした。

180613knkzn9.jpg

地味な山で、眺望もあまりなかったですが、さっきまでいた三峰山が見えました。

180613knkzn10.jpg

山頂近くに「蛇首塚」という一見おどろおどろしいのがありました。そんなに古いものには見えなかったけど、どうなんだろ?

180613knkzn0b.png

お次は西山へ。

登り始めるなり、これが意外にも岩尾根で嬉しくなっちゃいます。

180613knkzn11.jpg

振り返ると、正面にさっきまでいた舟伏山、右奥には最初に登った三峰山が。

180613knkzn12.jpg

西山山頂。とにかくこの日は快晴なのはいいんだけど、暑い暑い!一日で2リットルの水を飲み干してしまいました。

180613knkzn13.jpg

金華山に登るのに、この西山ルートはオススメ。岩がちで楽しいし、ほとんどの人は市街地側(西側)から登るので、全然人がいなくて静かな山登りが楽しめます。

180613knkzn14.jpg

いよいよ岐阜城が近づいてきた~。

180613knkzn15.jpg

15時半、登頂!さすがに観光名所、ロープウエイで来たサンダル履きの観光客が何人もいたので、サッと写真だけ撮って退散。

180613knkzn16.jpg

下山路は、南西尾根をきっちり辿るルートで。さすが大勢の人に登り尽くされた金華山、きっちり踏み跡が付いてましたね。

凄く楽しかったし、今回サイズ感が大体分かったので、今度は洞山も含めてループをしてみたいな。





魅惑の大岩壁:焼山と岩見山(@犬山市)

先日小牧アルプスを縦走した際、天川山からの大展望の中に目を引く岩稜がありました。凄いな。あれ何だろ?

180601ykym13.jpg

地図とにらめっこしてみると・・・思い出した!8年前、甥っ子とむすめを連れて八曽山に登った時、岩見山展望台から眼前に見えていたド迫力の岩山。

hss11.jpg

2010年当時の俺は読図力ゼロだったので、あんな山に登ろうという発想がなかったけど、今なら余裕で登れるだろう。そういうわけで、行ってきました。




この山の名前、ネットでは「岩頭山」と「焼山」という二つが見られるけど、どうやら岩見山展望台から見ただけの人は「岩頭山」と呼び、実際に登った人は「焼山」と呼んでいるようなので、ここは当然「焼山」を採用したい。

180601ykym0.png

アウトドアベース犬山キャンプ場からスタート。厳頭洞渓谷を下る。

180601ykym6.jpg

180601ykym5.jpg

今回はほとんど花は見られなかったな。

180601ykym.jpg

これが厳頭洞。いかにも何か言い伝えとかありそうな洞窟だね。

まずは懐かしの岩見山を目指す。急勾配を一気に登って標高を稼ぎ、あっという間に登頂。

180601ykym2.jpg

これが今回のお目当て、焼山。やはり凄い迫力。オラわくわくすっぞ!

180601ykym3.jpg

小牧アルプスの山々。採石場のてっぺんが天川山山頂。先日はあそこからこちらを見ていたのです。入鹿池もチラリと見えてるね。

180601ykym4.jpg

本宮山と尾張富士。手前の山の山頂にある建物は鞍馬山教会

来た道を鞍部まで引き返すが、同じ道を帰るのがつまらなかったので、鞍部からそのまま稜線を進み、踏み跡を適当に辿っていたら、無事また沢に降り立ちました。

渡渉し、支流を少しだけ奥に進むと、見事な滝が。

180601ykym7.jpg

「乙女滝」だそう。

ここから焼山の南尾根に取り付く。急勾配を直登。

180601ykym8.jpg

藪を抜けると岐阜方面に視界が開ける。岐阜駅付近の高層ビルや金華山が見えた。

180601ykym9.jpg

期待通りの面白い岩場。登ってきた南尾根を振り返って見る。

180601ykym11.jpg

あの大岩壁を間近に横から眺める。スッゲエエエ!

180601ykym10.jpg

ヘリコプターが結構長時間に渡って旋回してたから事故か遭難かと思ったけど、多分訓練だね。八曽山の山域にはヘリポートもあるくらいだし。

180601ykym12.jpg

山頂には図根点がありました。

ここから先は、踏み跡やテープがあったものの、藪化してすぐ分からなくなり、適当に藪こぎして下りました。天気良すぎてめちゃくちゃ暑くて半袖で藪こぎしたもんだから擦り傷だらけになっちゃった・・・。





快晴!百花繚乱!の小秀山

前職で勝手に「山岳部」を名乗って、その登山活動をこれまで7回続けてきましたが、一人また一人と(そして自分も)退職していき、最後の砦とも言える“参謀あさぬ”もとうとう退職したため、完全にOB山岳会ということになりました。今回はそのあさぬの「退職記念お疲れ様登山パーティー」。中核メンバーの“ジェンダー将軍”と、3人での登山です。

【(自称)山岳部活動一覧】
小津権現山
貝月山
釈迦ヶ岳
岩古谷山・平山明神山
坊主岳
鳩吹山
南木曽岳

今回の行き先は小秀山。一昨年パーティー登山した山で、これで二回目です。コースもその時と同じ「二ノ谷→三ノ谷ループ」。




のっけから渓谷美を堪能。水の透明度は凄いし、絶壁もド迫力、滝も連続し、目の休まる暇がありません。

180526khd.jpg

180526khd2.jpg

180526khd3.jpg

これが序盤の目玉、夫婦滝。東濃地方で最も素晴らしい滝と言ってもいいでしょう。ここはほとんど下呂(飛騨地方)という認識ですが、実はギリギリ中津川市、つまり東濃なのですよ。

180526khd4.jpg

これは男滝の方で、女滝はルートからはずれて探索する必要があります。今回はスタートが遅かった(9:15)ので探索は割愛。(前回は探索したので、女滝のレポートはそちらをご覧下さい。)

180526khd5.jpg

コースに渡渉があると楽しさが増すねぇ。

180526khd7.jpg

夫婦滝の上部には子滝があり、更にこの孫滝が続きます。ホント、贅沢だわ。

180526khd8.jpg

巨岩・奇岩の連続、「カモシカ渡り」と呼ばれる岩登りなど、アトラクション満載。

180526khd9.jpg

やがて視界が開けると、白山の雄姿。この日も下界は30度を超す夏日で遠景は霞んでいましたが、確かに白山です。

180526khd10.jpg

御岳の左肩からは北アルプスの山が覗いていました。これは笠ヶ岳と乗鞍かな?

180526khd11.jpg

小秀山登山最大の目玉、兜岩。相変わらずの高度感。体力や時間の余裕のない人でも、この兜岩まで来れば満足感があるので、ここで引き返してもいいと思います。

180526khd12.jpg

兜岩から山頂までは稜線歩きとなるので、景色も一変。高原の風情。

180526khd13.jpg

中央アルプスの山々もずらり。

180526khd14.jpg

そして遂に登頂。眼前に御岳がドーーーーン!!すんげえ迫力。感動です。

180526khd15.jpg

土曜日で駐車場は登山客の車でいっぱい、お昼時の山頂はきっと賑わっていただろうけど、我々は出発がダントツで遅く、大勢の登山客は皆帰った後だったので、山頂展望岩は独占状態。贅沢にここで昼食(宴会)としました。

180526khd16.jpg

最高のロケーションでウヒヒ♪ 酔っ払って転げ落ちないようにしないと・・・

この小秀山、往路の二ノ谷ルートは見どころ満載で最高ですが、帰路の三ノ谷ルートは単調なつづら折りが1時間以上続き、しかも植林で退屈この上ない。この山に登ってみたいという人は、間違ってもこのルートを登りに使わないようにね。




【花図鑑】

この小秀山、特に稜線部の高原は足元がぬかるんで湿地の状態に近く、そのため多種の花が咲いており素晴らしかったです。

180526khd17.jpg

中でもイワカガミは往路全体に渡って群生しており、夫婦滝・兜岩と並ぶこの山の名物と言っていいでしょう。

180526khd18.jpg

180526khd19.jpg

180526khd20.jpg

180526khd21.jpg

180526khd22.jpg

180526khd23.jpg

180526khd27.jpg

180526khd29.jpg



小牧アルプスをスマートに縦走

先日「小牧アルプス」なるご当地アルプスを初めて知ったので、早速縦走してきました。

180514kmk00.png

あらかじめゴール地点に折りたたみ式自転車をデポしておき、環境センター横の「ふれあいの森」駐車場に駐車。三角点(223.5m)までは遊歩道をトレース。

180511kmk.jpg

鞍部から遊歩道を離れ、そのまま尾根をつたって白山神社へ向かいますが、踏み跡はくっきり。

180511kmk2.jpg

白山神社(尾張白山山頂)からは濃尾平野を一望。

180511kmk3.jpg

白山神社と「兒の森」を結ぶ参道を下る。

180511kmk4.jpg

西山には山名板がなくて少し戸惑いましたが、よ~く見たらこんなものが。

180511kmk5.jpg

「青空小屋」(276p付近)からの展望。基本的に白山神社からのそれと同じです。

180511kmk6.jpg

ここで恒例のウヒヒ♪ 気持ち良すぎて1時間以上居座っちゃいました。

180511kmk7.jpg

「青空小屋」のすぐ東に本堂ヶ峰。ここからは可愛らしい陶製の山名板が登場。

鞍部から急勾配を登り返すと、小牧市最高峰である天川山山頂。

180511kmk8.jpg

その少し奥へ行くと、小牧アルプス随一の絶景ポイント。

180511kmk9.jpg

入鹿池と尾張富士。眼下の採石場の水たまりはなぜかエメラルドブルー。

180511kmk14.jpg

能郷白山。

180511kmk10.jpg

白山。

180511kmk11.jpg

乗鞍・御岳。

180511kmk13.jpg

中央アルプス。

180511kmk12.jpg

恵那山。手前には中央自動車道。

さらに稜線を進みますが、踏み跡もテープ類も付いてます。

180511tnkw8.jpg

東天川山。

180511tnkw9.jpg

東山。

180511kmk15.jpg

最後の山、安手奈山へ向かう途中に、小牧アルプスの守護神とも言える巨木が。

180511kmk16.jpg

NTTのアンテナを通過すると、安手奈山の三角点。「安手奈」は「アンテナ」の当て字なので、どうやら近年名付けられたようですね。

分かりやすい尾根を漫然と歩いていたら、間もなく林道に出てしまいました。それを辿ると、予定通りのゴール地点にドンピシャ。マイ自転車が待っていてくれました。






大山廃寺跡から小牧アルプスへ

先日、本宮山に登った時、まだまだ時間が余っていたので、以前から気になっていた国指定史跡「大山廃寺跡」を見に行くことにしました。兒神社の境内がそうです。

180511tnkw.jpg

今ではこういう礎石しか残っていないけど、かつては比叡山に匹敵する規模の寺だったらしい。想像するとワクワクするね。

180511tnkw2.jpg

少し奥へ行くと、ご覧のような不動堂が。

180511tnkw10.jpg

お堂の裏を覗くと、岩マニアが狂喜しそうな縦縞の入った立派な岩が。これ、磐座じゃないのかな?てゆーか、この磐座があるから、その下にお堂を建てたのでは?(間違ってたらごめんなさいね)

お堂の裏には沢が流れていて、上に向かって沢沿いに踏み跡が付いていました。どこに続いているんだろう・・・と眺めていたら、なんとちょうどいいタイミングで上から(地元の方と思われる)男性が下ってきました。尋ねてみると、「天川山」に続いており、そこから展望が開けているとの事なので、ちょっと行ってみることに。

180511tnkw01.png

結果的にこういうルート取りになったけど、その時は廃寺跡を見に来ただけなので、カメラ以外は地図も何も持ってませんでした。おじさんの説明だけが頼りです。

ところが、しょっぱなから「沢を右岸から左岸に渡る」のを忘れ、左手の尾根を直登する事に。それでも、稜線の立派な遊歩道に突き当たり、結果オーライ。

180511tnkw3.jpg

その突き当りをまずは西へ。するとすぐに本堂ヶ峰の山頂。地図上の276pのあたりです。取り付けられた陶板には「小牧アルプス」と書かれていました。小牧アルプスって初めて知った!

180511tnkw4.jpg

更に西に進むと「兒の森」のエリア。トレランするのに良さそう!

180511tnkw5.jpg

「青空小屋」からの眺め。

ここで引き返し、さっきの丁字を今度は北東方向へ。いったん鞍部に下り、急勾配を登り返した所が天川山。

180511tnkw6.jpg

180511tnkw7.jpg

ここが、おじさんが言ってた大展望。入鹿池、尾張富士、そしてすぐ眼下には、本宮山からも見えていた大きな採石場が。こりゃ絶景。

南東に下ると、鞍部が丁字路になっており、南西に下る道が。ここが元々おじさんが説明してくれたルート。帰りはこれを使おうと決め、稜線を更に先に進む。

180511tnkw8.jpg

東天川山。

180511tnkw9.jpg

東山。

ここで引き返します。

予定外の登山になりましたが、おかげで「小牧アルプス」なるご当地アルプスの存在を知ることができました。今度早速完全縦走してみようと思います。




廃寺跡の下の方には江岩寺という現役のお寺が。

180511tnkw11.jpg

廃寺(正福寺)の所蔵品と考えられている仏像や文化財が、この江岩寺に多数所蔵されているとの事。住職からいろいろお話を聞かせていただきました。





プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★7/8(日)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索