2018/01/19 (Fri) 東海自然歩道(稚児橋~大沢グラウンド)

瀬戸→春日井→多治見、と三市をまたいで東海自然歩道を歩いてきました。

こういったロングトレイルで難しいのは、スタート地点・ゴール地点への交通手段。ピストンなんか絶対したくないので、仲間と車2台で行くか、単独行なら電車やバスを使う事になりますが、そうなると駅やバス停が近くにある所をスタート地点・ゴール地点にする必要があります。

180119map.jpg

今回は、下半田川バス停から約1kmの稚児橋をスタート地点に。そして小泉駅まで約4kmの大沢グラウンド(内津峠の北)をゴール地点に設定。4kmって結構遠いけど、仕方ないです。

朝起きて、映画を見て過ごそうかどうしようかグズグズ迷った挙句に山歩きに決めたので、稚児橋スタートが11時半(遅っ!)。少し歩いてすぐ昼食です。

180119tki.jpg

ウヒヒ♪

180119tki3.jpg

玉野園地で、黒猫が寄ってきた。首輪がついてたから、園地に隣接する御嶽神社の飼い猫かな?

180119tki2.jpg

おでこをグリグリしてくる。人懐っこいにも程があるw しばし別れ難かったです。

180119tki4.jpg

今回の行程においては最大の展望地、弥勒山からの眺め。入鹿池と尾張富士。画像左奥にうっすら写っているのは伊吹山。

180119tki6.jpg

弥勒山には数年前にも来てますが、その頃から相変わらずの小鳥天国。

180119tki5.jpg

弥勒山より、名駅ビル群。この時16時半。夕日は綺麗だけど、もうヤバい。日が暮れる。

ここまで執拗なアップダウンを繰り返し、長距離を歩いてきたのに、終盤でまさかのランニング!ギリギリ、大沢グラウンドを越えたあたりで日が暮れて真っ暗に。ここからは舗装道なのでなんとか歩けます。しかし小泉駅までの4kmがしんどい!電車のシートに座った途端、気が抜けて体がバラバラになりそうでした・・・









登山 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/14 (Sun) 八剣山・妻木城山:独自ループ(土岐市妻木町)

秋に妻木城に独自ルートで登った時、あまり美しいループを描けなかったので、なんとかリベンジしたいと思い、今度は浦山谷の左岸の尾根から方月山(妻木富士)に登り、そこから妻木城山へループしようと画策しました。

180113tmg1.jpg

尾根はこの通りなかなか気持ち良かったんだけど、方月山山頂は笑っちゃうほど何もないつまらない所で、更に極め付きはそこから妻木城へのルート。いや、ルートと呼べるような代物ではなく、山がゴルフ場で切り崩されているため、複雑な地形の所を歩かざるを得ず、またもや現在地を見失い、出鱈目に歩いてなんとか妻木城に辿り着くという有様。これで2回連続。もうこの山域には近づきたくないですわ。




そこで翌日、今度は城山の東隣の八剣山を経由して妻木城にアプローチするルートを作りました。アイデアはfloat cloudさんから拝借。トレースではなく、「北麓からアプローチし、二つの溜め池の周りを周回する」という概念の拝借です。

180114tmg0.png

北麓からは何本もの尾根が走っており、ぶっちゃけどれを使っても登れちゃうと思うんですが、問題は尾根を登りつめた後。地形を読み取るのが非常に難しいのです。自分の場合、P462の辺りでようやく現在地と行く先が掴めた感じ。帰宅後にグーグルアースと地形図をかわるがわる凝視して、はじめて自分が歩いた軌跡を理解しました。

山頂は北側が開けていました。

180114tmg2.jpg

眼下に妻木の町。正面奥は白山ですが、この時は少し雲がかかっていました。

山頂から南に下り、射撃場の西で沢を渡り、そこから登り返した所が展望岩場。

180114tmg3.jpg

こんな感じでとても気持ちいい。

180114tmg5.jpg

山頂からは見えなかった能郷白山!

180114tmg4.jpg

そして視界の左の端っこ(西)には伊吹山!ズームレンズじゃないので画質がキツいですけど、肉眼ではバッチリ見えましたよ。

そのまま尾根を下って県道に下り立つと、あとは妻木城南登山口までの舗装道と正規の登山道を歩くだけ。この舗装道が1.5kmもあって退屈なのが玉に瑕だなぁ。

ともあれ、城山山頂に着きまして、この日は快晴で空気も澄んでいたため、素晴らしい展望でした。

180114tmg7.jpg

白山!さっきは雲がかかっていたけど、ここまで歩いてくる間にすっかり切れました。

180114tmg6.jpg

御岳!

180114tmg8.jpg

中央アルプス!

180114tmg9.jpg

恵那山!

ひょっとしてここ、土岐市内で最も眺望のいいポイントなんじゃないかな。









登山 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/07 (Sun) 4等三角点「宮洞」(美濃加茂市)

昨日の冒険の身体的ダメージが酷かったので、今日は大人しくしていようと思ったんですが、あまりの天気の良さにもったいない気がして、午後から出かけました。

とにかく登り始めが13:45で時間がなく、極小ループです。

180107tdy0.png

上廿屋集落の白山神社からスタート。登り始めは閉口するほどの植林の急登でしたが、登りつめてしまえばあとはずっと自然林。ただ、主稜線まで何の変哲もなさすぎで退屈。

本日の唯一の大物は、主稜線に出た所から見えた白山。

180107tdy.jpg

なんかアニメみたいな異様な写真になっちゃってますが、これぐらい補正しないと真っ白で空と同化しちゃうんですよ。白山のほか、乗鞍岳や北アルプスが樹間から見えたんですが、写真を撮るにはきつかった。

180107tdy2.jpg

岩記号に期待してたんだけど、こんな感じで展望は得られず・・・。

180107tdy3.jpg

4等三角点「宮洞」(518.4m)に着きましたが、ここまでのルートはちょっと退屈だったな。藪は疎なので不快ではなかったですけど。

で、ここから南西に延びる尾根を使って下山するんですが、これがなかなか面白かった。

180107tdy4.jpg

展望が得られる巨岩が何箇所もあって。

180107tdy5.jpg

まあ大したものは見えないんだけど、やっぱ気持ちいいよね。

わりとセンスのいい巻き方をした赤テープがあって、その通りに進むと、ちょっとした岩くぐりみたいな風情で。

180107tdy6.jpg

尾根を下りきった所に、こんなド迫力のゴルジュが。涸沢だけど。

今回のルートで面白かったのは宮洞の南西尾根だけ。本来、御殿山か権現山と組み合わせると良いと思います。














登山 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/06 (Sat) 室兼高屋 独自ループ(七宗町)

見事な岩壁を擁する山として以前から目を付けていたのですが、もっと大きなループを描きたくて、ああでもないこうでもないと考えているうちに月日が経ってしまい、もうみなさんが登られている正規ルートでいいや、とヤケクソ気味に取り付きました。

180106tky0.png

登り始めてみると、309P北の鞍部から尾根を少し登った所から、正規ルートは右へトラバースしていきます。しかし、このまま尾根を進んでもいけちゃいそうだったので、早速正規ルートから脱線。等高線が詰まっている事からも分かる通り、結構な急勾配で手も使わないといけないですが、このルートは最高でした。

180106tky2.jpg

後ろを振り返れば常に納古山が見えるし。

180106tky.jpg

凄い絶壁もありました。450m付近の岩記号の岩壁です。

ネット情報では「道に迷いやすい」という評判でしたが、(正規ルートはどうだか知りませんが)とにかく尾根をキープしていけば迷う所はありません。

180106tky3.jpg

640mピーク(凄い岩記号のある所)は絶景!

180106tky4.jpg

すぐ隣に650mピークが。高屋山頂は更に奥です。

あまりの気持ち良さにニヤニヤしながら稜線を進みます。

180106tky5.jpg

山名同定ができませんでしたが、遠くに冠雪した山が見えました。

180106tky6.jpg

そして遂に、ウワサの高屋岩壁ドーン!見てるだけで怖いわ。

180106tky7.jpg

山頂でウヒヒ♪ あまりに天気が良くて温かいので、ここで1時間ものんびりしちゃいました。(御岳は残念ながら雲がかぶっちゃって裾野しか見えませんでした。)

さて、ここからが地獄の始まりです。帰路は面倒なので「主尾根トラバースルート」と呼ばれる正規ルートを使おうと、目印のテープが巻かれた箇所から左へ入ったものの、たちまち道が分からなくなり、気づけば左右両側から絶壁に挟まれた谷にいました。

180106tky8.jpg

そして恐れていた通り、やがて進行方向も崖に。ああ、詰んだな、と思いました。時刻は14:30。今下りてきたルート(谷)はかなり荒れていたので、分岐まで登り返すのに2時間ぐらいか。そこから往路の尾根を急いで下ろう。そう覚悟して登り始めたところ、絶壁を高巻きで迂回できそうな箇所を見つけました。そこを切り抜けるとあとは順調だったのですが、とにかくこんな山容の山なので、いつまた崖に遭遇するか分からず、精神的にかなり疲弊しましたね。

そして遂に川が見えた。よっしゃー!あとは林道を歩くだけだ、と喜び勇んで着地してみると、林道どころかすぐ先が強烈なゴルジュで(笑)。しょうがないから高巻こうと対岸に渡ると、そこに杣道。助かった!

DSC_0021.jpg


高巻きを終えてそのゴルジュを振り返るとこれ。こんなのV字谷じゃなくてI字谷じゃん(笑)。でも、美しいです。この石作谷の一本北の本谷にある「神の淵」は、ちょっと人に知られてきちゃったので(まぁブログで紹介した俺のせいかも知れんがw)、こちらを「新・神の淵」としようかな。

180106tky9.jpg

ご褒美?と思えるほど美しい杣道でした。




繰り返しますが、今回往路に使った尾根はとても分かりやすく、これをピストンする限りは道迷いの心配はなく、まさに最高の山です。しかし、迷い込んだ谷は本当に危険なので、決してトレースなどしないで下さいね(でも、杣道とゴルジュだけは一見の価値アリです)。

もしかすると、イバラダワ(高屋山頂すぐ東の650p)から532pの尾根を辿って下れば、美しいループを描けたかも知れない、と今更ながら思ったり。また今度試してみようかな。














登山 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/05 (Fri) 梨割山:岩場経由ループ(@富加町)

以前お寺巡りをした富加町、その時名前を見かけてちょっと気になっていた梨割山に登ってきました。

180104nswr0.png

清水寺を起点にし、前半は遊歩道、後半が独自ルートになります。

180104nswr.jpg

5年前に来た時は修復工事中で見られなかった清水寺の二天門(県指定重要文化財)。

ここからしっかりした遊歩道が延び、案内板もばっちり立ってます。しばらくその谷道をトレースしていたのですが、ちょっと芸がないかと思い、尾根にエスケープ。しかしほどなく鞍部で遊歩道と再び合流。悪あがきはやめて大人しく遊歩道を行くことにしました。

180104nswr2.jpg

スタートして30分しか経ってないですが、山頂だしお腹も空いてるしで、ここでお昼休憩。ウヒヒ♪

この山頂から数分西へ進んだ岩場で、北側の展望が開けます。

180104nswr3.jpg

瓢ヶ岳・高賀山の方向。

稜線の縦走を終え、鞍部まで下りると、案内板のある丁字路の分岐に突き当たりましたが、俺はその先(南)の岩記号が気になって仕方がないので、遊歩道からはずれて真っ直ぐ進みます。踏み跡もあるし。すると・・・

180104nswr4.jpg

胸のすく展望。真ん中の谷(木曽川)を挟んで左側が鳩吹山山系、右側が各務原アルプス。そしてその谷の奥をズームすると・・・

180104nswr5.jpg

名駅周辺のビル群。

左(東)に目をやると・・・

180104nswr6.jpg

岩場がもう一箇所。地図の通りです。次はあっちに行ってみよう。

同じ事を考える好き者がいるのでしょう、うっすらと踏み跡が左山でトラバースしていて、それを辿って尾根に乗り、進むと・・・

180104nswr7.jpg

絶景ドーン!!

180104nswr8.jpg

右(西)を振り返れば、さっきまでいた岩場が。かなりカッコイイね。

180104nswr9.jpg

遠く西方に、絶対的ランドマーク、金華山も見えます。

この2箇所の岩場に行かずして梨割山は語れない、と言っても過言ではないですが、遊歩道からははずれるので、簡単な読図ができる人は自己責任でどうぞ。

梨割山の稜線の南側に並行する稜線を東にそのまま進むと、加治田城址。

180104nswr10.jpg

城址の東隣のコブから北東尾根を下って、ゴール。

下山してすぐの、東西に延びる道路は、恐らく昔の街道筋だったんじゃないかな。

180104nswr11.jpg

松井屋酒造場は、築200年以上。

今回の目玉とも言える二つの岩場を下界から再確認。

180104nswr12.jpg

岩場だけが目的なら、下から直接すっと行けちゃうね。















登山 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★5/19(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する