2016/11/03 (Thu) 瑞浪屏風岩→龍吟湖→竜吟の滝

絶好の山歩きの季節になってきたので、ダイエット企画「カミさんウォーキング」を再開(^^)

今回は瑞浪のクライミングの聖地「屏風岩」から取り付き、三角点「城山」を踏破後、龍吟湖・竜吟の滝を経て下山。最後はスタート地点まで下街道を歩いて戻るというコース。




161103rg.jpg

巨岩の隙間を縫って登る。クライマーだけに楽しませておくのはもったいないほど面白いロケーション。

161103rg2.jpg

屏風岩のてっぺんから。恵那山もくっきり。もう少しすればあたり一面紅葉に染まります。

161103rg4.jpg

竜吟湖。水すくなっ!

161103rg5.jpg

竜吟の滝の渓流沿い。種類によっては紅葉している木も。

161103rg6.jpg

滝と呼べないようなものにまで滝の名が・・・w

161103rg7.jpg

二の滝。これは見事。

161103rg8.jpg

竜吟の滝の主瀑、一の滝。

161103rg9.jpg

土岐川沿いに下街道を歩く。田舎ならではの、盛大な野焼き。




2時間半の有酸素運動でしたが、何カロリー減ったでしょうかぁ?




滝めぐり | trackback(0) | comment(0) |


2016/02/03 (Wed) 三国山の不動滝を探して

凄まじいデータ量と知識を誇る滝ブロガー瀑好さんから直々の依頼(→この記事のコメント欄←参照)をいただきまして、三国山南面の不動滝を探しに行ってきました。

「不動滝」という名の滝は全国に無数にありますし、「三国山」という名の山も無数にありますが、今回探索する「三国山」は、土岐市(美濃)/瀬戸市(尾張)/豊田市(三河)の“三国”にまたがる「三国山」の事です。その南側の山腹にあると伝えられる「不動滝」が、今回のメインターゲット。

同行いただいたのは、おなじみ自転車ブロガーぼのさんと、森の先生




豊田市西市野々町に到着すると、これがまぁ、素敵な山里で。

160131mkn.jpg

160131mkn11.jpg

地形図を見ると、滝のありそうな有力な沢筋は3本。そのどれに当たろうか。ひとまず第一村人( ©ダーツの旅)に聞いてみます。するとこの方がめっちゃ親切なおばちゃんで、村の古老に聞いてくれるとの事。古老によると、目星を付けた3本の沢筋のうち、一番西のそれを真っ直ぐ行けば見つかる、樫の木が目印、とおっしゃる。

教えてもらった通りに歩いて行くと、わずか15分でお不動様発見。

160131mkn2.jpg

沢に下り、岩陰の向こうを覗くと・・・

160131hdtk22.jpg

160131hdtk23.jpg

あったwwww開始早々に発見してもうたwwwww(^o^) 落差6mと、小さ~~~い滝ながら、一枚岩を流れ落ちる様は美しい。この滝は岩の陰に隠れているため、道をそのまま歩いていては姿が見えません。

160131mkn4.jpg

これが落ち口の様子。




さて、あっという間に目的を達成してしまいましたが、とりあえずこのまま三国山に登頂しますかね。そのまましばらく沢沿いに歩き、沢が二股に分かれたあたりから適当に尾根に取り付きます。

160131mkn5.jpg

笹に埋もれる場面もありましたが、

160131mkn6.jpg

おおむね気持ちの良い自然林。

160131mkn7.jpg

稜線付近には竹林。三国山は、切り立っているのは南側だけで、北側はとてもなだらか。山頂付近は広く開けています。

160131mkn8.jpg

取水ホースにあいた穴から水が霧状に漏れており、それが凍って氷のオブジェを形成していました。

160131mkn9.jpg

快晴でしたが、1月末とは思えない陽気で、遠景は霞んでいました。一応は中央アルプス、恵那山、御岳などが霞の向こうに見えました。

160131mkn10.jpg

無粋な鉄塔や電波塔も、これだけあるともうヤケクソな感じがして清々しい。山頂でのんびり昼食とし、下山は地形図の破線を辿る事にします。

当初目星を付けていた3本の沢のうち、真ん中の沢に沿ったルートですが、これがとんでもない悪条件の地形で。地形図の破線の道が消えてるのは日常茶飯事だとしても、こんな酷い場所にかつて道があったなんて信じられませんね。

160131fdtk45.jpg

滑ったり転んだりしながら、どうにかこうにか下山してきました。

ともあれ、目的の滝が見つかったので満足です(^^)




※ぼのさんのルートラボを拝借。








滝めぐり | trackback(0) | comment(3) |


2015/04/17 (Fri) 北野大滝(天神裏の滝)完全制覇!(@瑞浪市日吉町)【幻の滝2連発!②】

日吉の「幻の滝」探索2連発シリーズの二つ目です。(一つ目は「茗荷の滝」

今回紹介する「北野大滝(別名:天神裏の滝)」は自分にとって因縁の滝。なにせアタック3回目だからね。
アタック1回目前編
アタック1回目後編
アタック2回目

前回アタックから3年以上が経過、実に久しぶりのリベンジ。なぜ「リベンジ」なのかは過去記事を読んでもらえば分かりますが、要するに「滝に最接近できず(遠くから恐る恐る撮影)」「連瀑であるこの滝の全貌がつかめず」という結果だったのです。




【簡単にまとめると】

今回もまぁぶっちゃけ「地獄を見た」のですが、その話はとりあえず置いといて、北野大滝について知りたくてここに来てくれた人のために、まず結論のみを述べます。(入口の場所等、初期段階についての情報は過去記事を参照して下さい。今回は省きます。)

連瀑であるこの北野大滝、文字通り「大きな滝」と言えそうなのは全部で8つ。

0の滝

「0の滝」

入口から15分、難なく到達できる滝。なぜ「0」という番号を振ったのかと言うと、後に続く7つの滝がわりと近距離で連続しているのに対し、この滝は次の「1の滝」と少し距離があるからです。それと、規模が少し小さい。なので「0」番としました。

1の滝2の滝

「1の滝」(画像上)「2の滝」(画像下)

この2連続の滝こそが、この「北野大滝」の中心。主瀑と言えるのは「1の滝」でしょうね。うねりながら雷光形で落ちる。この形はなかなかお目にかかれないんじゃあないでしょうか!

3の滝

「3の滝」

滑滝です。番号を振ってよいのかどうか、微妙ですが、まぁとりあえず。

4の滝

「4の滝」

5の滝

「5の滝」

6の滝

「6の滝」

とても滝を撮った画像とは思えませんが、もうこれが限界なんですよ。左岸も右岸も完全な断崖絶壁。最接近は不可能と思われます。

そこで役に立ったのが、前回アタック時に撮った画像。

120114ktn7.jpg

位置関係からして、恐らくこれが「6の滝」(前回の画像)。

120114ktn10.jpg

そして恐らくこれが「7の滝」(前回の画像)。

120114ktn6.jpg

「6」と「7」は連続しています(前回の画像)。そして、これより下流に「大きな滝」がない事は、前回確認済み。

ここまでの画像は全て左岸からのもの。自分は今回、右岸からと左岸から、両方のアプローチを試み(つまり2往復!)、至った結論は、「左岸からがベスト!」という事です。




【それでは時系列順に】

てっとり早く全貌を知りたい人へのサービスは終わり。ここからは、自分が今回見た「地獄(時々天国)」を、時系列順に綴っていきます。

下調べの段階で、ネット上での最も有益な情報(以前お世話になった“瀑好”さんのブログ)によると、「右岸から(連瀑に)アプローチした」との事だったので、自分もまずは右岸を試します。入口から「0の滝」まではずっと左岸歩き。「0の滝」の下流数十メートルの所にピンクのテープの目印があり、なるほど渡渉しやすかったので、ここでいざ右岸へ。

①1の滝落ち口

踏み跡を辿ると、「1の滝」の落ち口。

②1の滝落ち口より1

落ち口からは少しだけそのまま下れます。そこから落ち口を見上げた光景。

③1の滝落ち口より2

そこから下を見下ろした光景。「1の滝」から「2の滝」へとうねりながら落ちるのがよく分かります。

もうこれ以上は滝に沿っては下れないので、高く巻きます。するとそこには明瞭な踏跡が。基本的に右岸は絶壁のため、かなり高く巻くのですが、その立派な踏み跡はどんどん右へ右へ、沢から遠くへ遠くへ続いています。これ以上この踏み跡をトレースし続けると、沢から離れたまま木曽川河畔まで連れて行かれそうだったので(実際、木曽川の川面が見えた)、頃合いを見て踏跡からはずれ、左(沢の方向)へ戻ります。

④4の滝右岸より

そうやって辿り着いたのは、「4の滝」の下部。見事な景色。テンションが上がる。よーし、このまま沢沿いに主瀑まで遡ればいいのか、と何度かやってみたものの、失敗。この「沢沿い遡りチャレンジ」を繰り返し、かなり体力を消耗しました。

沢沿い直登は無理と悟ると、さっきの「立派な高巻きの踏跡」まで戻り、今度は「主瀑までの適当な下り口」を探してチャレンジ。が、危険極まりない急斜面ばかりで、途中までは下りてみたものの、結局断念し、登り返す。この「急斜面下りチャレンジ」でも、かなり体力を消耗。

結果「右岸、ダメじゃん」と悟り、「1の滝」落ち口まで戻って、ここで左岸へ渡渉。左岸では順調に沢沿いに下降でき、ようやくここで「1の滝」に最接近!

⑤1の滝最接近

飛沫が飛んでくるほど近い!

あとは大体、当記事前半で述べた通り、1~6の滝をガンガン攻めていきます。

⑥4の滝落ち口

「4の滝」落ち口。

⑦4の滝真横より

「4の滝」を真横から。

そしてとうとう「6の滝」にて、完全なる断崖のため、ここより下流へ進むことを断念。左手の山への直登を試みます。ほぼ四足歩行。かなりキツいですが、ひとしきり登った所にトラバース道(前回アタック時に使用)が存在する事を知っていたので心強い。

このトラバース道を使った帰路で驚いたのは、3年前と比べ、随分と木が伐採され、「1の滝」が樹間から確認できるのです。滝の位置確定がこんなに簡単に出来てしまうと、「マボロシ度」が下がるなぁ・・・と、こんな暴露ブログを書いといて矛盾するようですが(笑)、微妙な気持ちになりました。

ここまでの行程、特に右岸での度重なるチャレンジで、両方の腕は無数の擦り傷だらけ、全身汗まみれ泥まみれ、危険極まりない箇所の連続で体力的にも精神的にも限界(ここに来る前には「茗荷の滝」も行ってるし!)。

フラフラになりながらゴール。右岸と左岸でほぼ2往復し、しめて4時間。「茗荷の滝」と合わせて5時間半におよぶ過大な緊張の連続。帰宅してなんとかシャワーを浴びるも、突然右の太腿がツる、というレア体験。もう1ミリも動けません・・・。

今回確立した左岸ルートをトレースすれば随分スムーズに連瀑制覇できるとは思いますが、それでも相当危険な滝です。もしこれを見て行かれる場合も、自己責任でお願いしますね!























滝めぐり | trackback(0) | comment(1) |


2015/04/16 (Thu) 茗荷の滝(@瑞浪市日吉町)【幻の滝2連発!①】

瑞浪市日吉町の北端部は、西から東まで全てが木曽川に面していて、どこも急激な傾斜で落ちている地形のため、見事な滝がいくつかあり、そしてそのいずれもが、容易に人を寄せ付けない「幻の滝」となっています。今回はそのうちの二つを連続で探索してきました。

まず一つ目は田高戸にある『茗荷の滝』。web上でも情報はかなり少なく、しかも、明確にアプローチ法(ルート)を示したものは皆無。「自分で探せ」という事。そして、それがいい!のです。




スタート地点の目印となるのは「三本松」のバス停。このバス停がある集落の、北東を流れる沢がそれです。この沢の左岸の尾根を進む事になります。県道366号からこの集落へ入り、北向きに数十メートル走ってアスファルトの舗装が途切れる辺りから、竹林の中に突入。

150416mgt.jpg

しばらくは、こんなに分かりやすい、竹林の中の道。

しばらくすると右手に沢の音が聞こえ、この道もその沢に向かって行きますが、いよいよ尾根が細くなりそうという地点で、この道は鋭角に左に曲がります。ところが、その曲がる所が藪で覆われているため分かりづらく、そのまま尾根を直進し、踏み跡は消え、藪に囲まれてしまいました。間違えたなと思い、さっきの曲がる地点まで引き返す。このポイントを含め、これ以降確か3回曲がったと思います(正確じゃないので過信しないでね)。で、4回目の曲がり角から、右の尾根に入ります。ここで右の尾根に入らないと、さっきの道は沢から離れていってしまいます。尾根は踏み跡明瞭、恐らく地元の人や滝マニアが歩いたのでしょう。

150416mgt2.jpg

この尾根に入って間もなく、右手の樹間から「茗荷の滝」の姿が!これで滝の位置は確定したので、あとは急な傾斜(崖か?)を頑張って下りるだけ。まさに「頑張って!」としか言いようがありません。と言うか「気をつけて!」でしょうか。ロープは不要ですが、三点確保は必須です。立ち枯れた木や浮石だらけですよー。

150416mgt3.jpg

そうして遂に降り立ったのは、この前衛の滝のすぐ前。

150416mgt4.jpg

そしてその奥に、「ヌシ」の姿がドーン!(^0^)/

150416mgt6.jpg

近づくと飛沫が飛んでくる~♪ここまで30分の行程でした。

帰路は、降りてきた崖をまた登るのが嫌だったので、少し巻いて登りました。その道中でこんなモノ発見。

150416mgt5.jpg

「何か」がかじって無残に変わり果てた杭。お、俺じゃないよ、かじったの!く、熊ですかね?こんなもんまでかじっちゃうほど腹ペコなんですかね?やべーな!そそくさと退散。










滝めぐり | trackback(0) | comment(0) |


2015/04/09 (Thu) 三十三尋の滝:これほどの名瀑が人知れずひっそりと・・・(@八百津町)

古い知り合いであるfloat cloudさんが、'14年1月にweb上で(恐らく)初めてその滝の存在とアプローチ法を公開した時、あまりの素晴らしさに「こりゃ絶対行かなきゃ!」と思ったのですが、うっかり1年以上も忘れておりました・・・。そろそろ行っておかないと、低山に入るのがうんざりする季節になっちゃいますからね。

当ブログでもおおまかなアプローチ法は書きますが、詳しく知りたい方はfloat cloudさんのブログを参照して下さいね。(因みにそのブログ内での説明は全て「ウォッちず(国土地理院の地形図)」に対応しているので、必ず「ウォッちず」と並行してご覧下さい。)




国道41号で七宗町川並の「平」集落の東のはずれまで行き、上吉田橋近くの駐車帯に駐車してスタート。沢を遡ります。この沢は「猿ヶ鼻」と言うそう。

150409sjs.jpg

こんな丸木橋を渡ります。

道はすぐにスチール製の階段になり、これを歩いていると支沢に連れて行かれます。すると間もなく簡易水利施設が。これを目印に左手のちっちゃ~い尾根にひょいと登ると、目の前には更に大きな支沢が。これを遡ればやがて目的の大滝になるわけです。

150409sjs2.jpg

もうとっくに道なんてものはないので、とにかく好きな様に沢沿いに歩きます。

150409sjs3.jpg

150409sjs4.jpg

小滝が連続するのですが、遡るにつれその規模がどんどん大きくなっていき、否が応でも期待が高まる。

そして遂に、スタートから40分、ラスボスがドーン!!>(^0^)<

150409sjs5.jpg

三十三尋の滝(別名:祝滝)、SUGEEEEEEEEE!!落差30mとも50mとも言われていますが、高さだけでなく、形もイイ。こんなに素晴らしい滝が、こんな所に人知れずひっそりと存在するなんて・・・。

ひとしきり眺めた後は、左岸(向かって右側)の杉林の斜面に半ば強引に取り付きます。しばらく無理矢理登ると、やがて薄い踏跡に当たり、それを辿って行くと、滝の落ち口に到達。

150409sjs6.jpg

覗き込むように写真を撮りましたが、ひええええ・・・おっかない・・・。

150409sjs7.jpg

そのまま沢を遡れば、八百津町「嵩」集落の東端に出ました。滝探索はここで終了。




さて。帰路は、かつてこの「嵩」集落と、スタート地点だった七宗町川並の「平」集落とを結んでいた古道を辿ります。

150409sjs8.jpg

「嵩」集落最北端の三つの民家は既に廃墟になっていました。

ここから失われた古道に突入するはずなのですが、初っ端から道が全然分からない。仕方がないので、ピンクのテープの巻かれた尾根伝いに下って行ったら、やがて路肩が石垣になった立派な古道にぶち当たりました。

150409sjs9.jpg

果たしてこれが目指す古道なのかどうかも分かりませんが、とりあえずズンズンこれを辿って下る。そしてなんだかよく分からないまま、開けた所に出ました。

150409sjs10.jpg

沢のほとりには何やら遺構が。

150409sjs11.jpg

飛騨川対岸の山の山桜がモコモコしていて可愛らしい。

150409sjs12.jpg

国道41号沿いの廃校舎。




三十三尋の滝までの沢沿いの遡行は面白かったけど、帰路がつまんなかったなぁ。しかし、「嵩」集落と「平」集落とを結ぶ古道・廃道の類はまだほかに2本はありそう。いずれリベンジしてもいいかもね。











滝めぐり | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★2/4(土)LIVE@植田BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する