2017/04/26 (Wed) 林道ブロガー軍団との邂逅(@黒谷自然公園)

めちゃくちゃ天気のいい休日の朝、徒然なるままにエゴサーチをしていたら、当ブログについて言及しているブログを発見。山神さんとおっしゃる方で、鞍馬山教会についての記事の中で、参照元として当ブログがリンクされていました。

嬉しく思ってそのままブログを読み進めると、廃墟探索のオフ会の参加者募集記事があり、なんと奇遇にもその決行日が本日だったのです。しかもその行き先の廃墟についても、当ブログを参照されたとの事。廃墟の名は伏せられていましたが、そこは参照元の張本人ですから、どこに行かれるつもりなのかはすぐに分かりましたよ。それは、黒谷自然公園です。

美濃加茂の昭和村に10時集合と書かれていたので、今から準備して目的地に直接行けばちょうど会えるんじゃないかと思い、同じく暇そうにしてたカミさんを連れて出発しました。




カミさんを連れて行く以上、これは長らくサボっていた「カミさんウォーキング」シリーズの一環として機能させねば、と思い、↓こんなコース設定をしました。

170423krtn0.png

この黒谷自然公園、普通に正面ゲートから入ったのでは、すぐ到着してしまってウォーキングになりませんから、このような周回ルートを作ったわけです。




下麻生駅近くに駐車し、まずは南天の滝へ。

170423krtn.jpg

相変わらず美しい滝です。

以降、この廃墟についての詳細は省きますので、詳しく知りたい方は前回訪問時の記事をご覧下さい。

主目的は山神さん御一行に会う事ですが、果たしてタイミングが合うのか?それだけが気がかり・・・

170423krtn2.jpg

この施設の中心的存在である3階建ビルに到着すると、上からガヤガヤと人の声がするではありませんか!声のする場所に行ってみると、ビンゴ!御一行が昼食の最中でした。自己紹介すると、やはり驚いておられました(笑)。びっくりさせようと思って来たので、大満足です(笑)

それにしても、御一行が7名もの大所帯だったのは意外でした。このような超マニアックな物件の探索にこんなに多くの方が集まっていたんですね。世の中にはもの好きっているもんなんですねぇ~(俺だけには言われたくないと思いますけどw)

しかも、ほとんどの方がブロガーなのだそう。顔ぶれは、

山神さん
RKパパさん
セロ尾さん
寿さん
けんさん
akatora_COLTさん
◎アールさん(アールさんはブロガーではないようです)

みなさんのブログを拝見しましたが、なんか、凄まじいですね!みなさん、いろいろな珍物件を探索しておられるようですが、共通項と言えば「林道」でしょうか。あちこちの林道やら酷道やらをバイクなどで走っておられるようで、圧倒的です。

突然お邪魔しましたが、気さくに応じていただき、ありがとうございました(^^)/ 




さて、主目的も達成した事だし、あとは廃墟をぐるっとひと回りして下山です。前回記事とカブらない画像だけ披露しておきましょう。

170423krtn4.jpg

事務所と思われる部屋。

とにかくこの施設については、稼働していた時期の情報がネット上にほとんどないのですが、1999年に閉鎖された岐阜公園水族館からペンギンを譲り受けたという情報と、ここにあったカレンダーが2005年のものだった事から、少なくともその間は稼働していたものと類推されます。

この部屋にあった2枚の資料、

170423krtn5.jpg

入園許可証と、

170423krtn6.jpg

無料入園券の記述から、やはり自己顕示欲の強い会長が一代で築き上げ、その死去に伴って朽ち果てたことも想像できますね。

170423krtn12.jpg

これは温室だったようで、ここから剥がれた落ちた↓園内マップもありました。

170423krtn13.jpg

170423krtn14.jpg

170423krtn15.jpg

動物園にペンギンもいて、ゴーカート場もあって、本当にカオスだった様子。現役時代に訪れてみたかった気もします。もちろん会長のご招待でw




さてさて、一応は「山登り」ということで、

170423krtn9.jpg

三角点「阿夫志奈」を踏んで、

170423krtn10.jpg

そこから七宗方面の眺めを楽しんで、

170423krtn11.jpg

遠くに噴煙をあげる御岳を見て、下山開始。

170423krtn16.jpg

適当な尾根を見つけて西側の林道に下り立つ算段ですが、そこから南西方面の山々の萌え萌えの様子が楽しめました。

この尾根、藪だわ崖だわで、トレースは全くオススメできませんw 悪しからず。















廃墟・廃線・産業遺産 | trackback(0) | comment(10) |


2017/02/06 (Mon) 赤レンガ倉庫@半田市

お客様宅近くにあった赤レンガ倉庫@半田市。

16422925_1349372305137484_2840417245872620868_o.jpg

これはよく知られたスポットだけど、半田って、狭い路地を走ってると所々に歴史を感じるイイ雰囲気の一角が残ってるのな。特に保存地区と謳ってなくても。

いずれ仕事に慣れてきたら、得意の「散策@出先」を復活させねば!




廃墟・廃線・産業遺産 | trackback(0) | comment(0) |


2015/11/19 (Thu) 廃墟巡礼:駄知温泉

紅葉を求めて歩いた駄知町散策。その終盤に立ち寄ったのが、今は廃業している「だち温泉」

151115dcos.jpg

ずっと前から、この肥田川にかかる橋の、温泉マークが気になっていたんだよね。

151115dcos2.jpg

意を決してそのアーチをくぐると、イイ雰囲気の、寂しげな看板。

151115dcos3.jpg

廃墟って、ネットで見てる分には萌えるんだけど、実際訪れてみると大抵不気味でおっかない。怖ければ怖いほどイイ廃墟、みたいな価値観。けれどもこの駄知温泉は、不思議とそういう怖さがなく、むしろ侘びしく、切ない。

151115dcos4.jpg

外観にだけ一瞥くれて、無事、異界から戻ってきました。



廃墟・廃線・産業遺産 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/13 (Mon) 多治見裏路地(西ヶ原遊郭跡)徘徊

前回記事の続き。

結局、むすめを駅に迎えに行ったのは15時。まだ半日ありますが、日没までそんなに長時間あるわけでもない。この数時間で遊べる所(すなわち近場)を探せ、と言う、またも同じ難問に直面orz




やってきたのは多治見のおりべストリート。ただし、主目的はおりべストリートそのものではなくて・・・

今でこそ多治見の賑わいは、土岐川より北側に集中していますが、かつてはそれは南側だったようで、市役所の周辺には複数の商店街が交錯し、中には風俗街などもあってかなりイカガワシく盛り上がっていたのだそう(「西ヶ原遊郭」と言うらしい)。

だとしたらきっと、当時の活況を偲ばせる廃墟的なあれこれが見つかるんじゃないかと、探索しに行ったわけ。




おりべストリート周辺は、かつての下街道とカブッてる事もあり、立派な古民家があちこちに残っていて、それはそれで楽しみつつも、狭くて怪しげな路地を見つけてはわざとそちらに吸い込まれていきます。

最もグッときたのはこの路地。

150712tjm.jpg

この画像では細部までは分かりませんが、「小人専用?」と思うほど小さなドアのスナックとか、あり得ない構造やデザインの店(いや、“元”店か)が林立。ここだけ異空間の風情です。

150712tjm2.jpg

片や、このように人々の暮らしの息づかいが感じられる情緒あふれる路地もあったり。




この日は“ぷちトリップ二本立て”という感じ。厳しい時間的制約の中でまずまず遊んだ感はありました。








廃墟・廃線・産業遺産 | trackback(0) | comment(0) |


2015/05/21 (Thu) 黒谷自然公園:知られざる超弩級廃墟(@川辺町)

「黒谷自然公園」という廃墟の存在は以前から知ってはいましたが、廃墟専門のマニアでもないので、それだけのためにわざわざ川辺くんだりまで行くのは億劫、何かのついでがあれば・・・と「行きたい所リスト」の隅っこにメモしてある、みたいな感じでした。それが最近、自分の周囲でにわかに話題に上がり、居ても立ってもいられなくなったというわけです。

どうせ行くならその周辺の見どころと合わせたコースにしようと、「東濃の人」様、「山のらくがき帳」様などのサイトを参考にしながらコース設定。

場所はズバリ、下麻生駅北西の四等三角点336.1m(点名「阿夫志奈」)のある所。グーグルアースで見るとかなりの規模であろう事がうかがえます。萌える!




下麻生駅北東すぐの日後谷林道のゲートから入る。地形図でも分かるように、林道が山頂まで続いているので迷う箇所もなく、山歩きと言うより散歩に近い内容です。

150521krtn.jpg

ゲートからほんの数分、橋を渡った所にあるこの祠を目印に沢へ下る。

150521krtn2.jpg

するとこの見事な滝!南天の滝です。何と言うか、上品な感じの滝ですね。これほどの滝が国道41号からほんのわずかの所に人知れず存在する、というのが素晴らしい。往路にこの林道を使ったのは、ズバリこの滝を見たかったから。

150521krtn3.jpg

林道に戻ってまた進むと、ご覧のようなトンネル。ぎょっとする姿ですねぇ。

更に数分歩くと、左手に廃墟小屋。この廃墟を目印に、林道を左折します。道はこれまでと比べると荒れていますが、登山道と思えば立派すぎるぐらい。これ以降、分岐がいくつかありましたが、目的地の方向さえ意識していれば、どちらを選ぶかは明白。




そして到着。そこで目のあたりにしたのは、想像していたよりずっと凄い廃墟群!

150521krtn4.jpg

これがメインの建物。コンクリート製三階建。

150521krtn22.jpg

150521krtn21.jpg

150521krtn10.jpg

150521krtn9.jpg

これ、一体何を展示してあったんだろう?カオス。

150521krtn5.jpg

吊り橋もある!

150521krtn24.jpg

吊り橋西端。もちろん朽ちていて渡れません。

150521krtn7.jpg

吊り橋東端。

この吊橋東端から尾根道が伸びていたので、気になって探索。

150521krtn6.jpg

すると送電鉄塔に出ました。鉄塔巡視路だったようです。鉄塔からは、うねる飛騨川の下流方向の見晴らしが良い。

150521krtn8.jpg

敷地内には、動物の飼育小屋があちこちに。ちょっとした動物園の風情。ググってみると、なんとペンギンもいたらしい。

150521krtn23.jpg

目的不明の鉄塔。

150521krtn25.jpg

強引に削り出されたかのような小山。

150521krtn26.jpg

朽ち果てたゾウの乗り物4台。

このゾウたちの背後の岩山に、四等三角点・点名「阿夫志奈」があります。天気も良く、見晴らし最高。ここで昼食。

150521krtn27.jpg

そしてセルフタイマーで記念撮影。いや、けっして撮影のために脱いだのではありません。誰もいないのをいいことに、裸で飯を食っていたのです。

ひとしきり楽しんだ後、今度は舗装道を辿って下山開始。山頂から少し下って見つけたのはコレ。

150521krtn28.jpg

旧国鉄駅構内のトイレを移築したと。そりゃ一体どんな立派な意匠の建物かと思って見ると・・・

150521krtn29.jpg

ただの掘っ立て小屋wwwwwwwwwwwwこれをわざわざ移築したとは、凄いセンスだな。

さらに下ると、コレ。

150521krtn30.jpg

七種類の竹林w どれがどれだか見分けがつかね~www

150521krtn31.jpg

最下部には炭焼き窯。渋い!

この黒谷自然公園、上述の「東濃の人」様サイトによると、なんと!個人で作ったものとの事。ペンギンから炭焼き窯まで、ダンボの遊具から竹林まで、あらゆるものが渾然一体となったこのカオス空間、そのコンセプトはきっと、「創始者がやりたい事をやった」ズバリそういう事でしょう。凄まじいまでの情念と、恐らく何十億という資金を投入したであろう、この異空間が、現在ではほとんど誰にも知られていないのです。

この規模と風情は、最近話題の「軍艦島」になぞらえ、「軍艦山」とでも呼びたいところ。これのすぐ隣りの下麻生城址と合わせ、川辺町の隠れた観光資源と思いますね。




帰り道、国道41号沿いに、この山と同じ名前の「阿夫志奈神社」がありました。

150521krtn32.jpg

境内の樹木が、川辺町指定天然記念物なのだそうです。








廃墟・廃線・産業遺産 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する