2016/10/30 (Sun) 屏風山(@瑞浪市)をトレイルラン

涼しくなってきたし、イイ天気が続いてるので、最近はもっぱら瑞浪の屏風山をトレランしてます。

昨シーズンまでは、寿老の滝からスタートする恵那市側を走ってたんだけど、登山口までのアプローチが面倒くさいし、林道が長くて萎えるので、今シーズンは瑞浪市側ばかり。

161030bbs20.png

ところが、地形図を見れば明らかなように、比較的勾配の緩やかな恵那市側に対し、瑞浪市側は急登。したがって、登りはほぼ「早歩き」程度のスピードになっちゃいます。まぁ、ランへのこだわりもないしタイムにも興味ないので、しんどくなったら平気で歩く!




実は、瑞浪市側にしようと思い立ったのは、その場でのノリ。自宅を出発したのがなんと15時半(!)で、これまでのように寿老の滝までアプローチしてたら日が暮れちまうわい、という事で、ぶっつけ本番で、自分にとっては未知の「百曲がりルート」に突入。しかも地図持たず(^^;)

161030bbs.jpg

161030bbs2.jpg

黒の田東湿地に到着した頃には既に薄暗くw 

161030bbs3.jpg

こりゃヤバいと思い登頂は諦めて、分岐から「大草南ルート」で下山。

161030bbs4.jpg

途中の鉄塔からの眺め。まさに“つるべ落とし”だな。

大草登山口まで下りたはいいが、さて、百曲がり登山口に駐めた車までどうやって戻ろうか、というわけで、自らの方向感覚を頼りに謎の林道を走り、ビンゴ。事なきを得ました。




数日後、さすがにもう少し早めに出発。「百曲がりルート」は地味で面白みに欠けたので、今度は「大草南ルート」を登りに使い、「大草北ルート」で下山。これなら同じ登山口に下りてきて綺麗なループを描けます。

161030bbs5.jpg

永王権現展望台からの眺め。

161030bbs6.jpg

山頂を通過し、大草北ルートに入って間もなく、展望が得られます。これは恵那山。

161030bbs7.jpg

雲に隠れているのが中央アルプス。

161030bbs8.jpg

御岳。

161030bbs9.jpg

この「大草北ルート」も気持ちいいな。




で、本日はいつもより少し長めに時間がとれたので、ザックを背負ってその「大草北ルート」で登り、山頂で一人宴会をやった後、湿地を周って、「大草南ルート」で下りてきました。

登山口のある大草集落もまた素晴らしい里だったので、しばしその辺で散歩して帰ってきました。

屏風山、しばらくお気に入りになりそうかな。









ジョグ/トレラン | trackback(0) | comment(2) |


2015/10/31 (Sat) 「各務野自然遺産の森」でMTB&トレイルランニング

「ハマると一気にいく」タイプなのか、最近は各務原ネタが続きます。今回は、→この時←バッタリ出くわして、いずれ再び行こうとメモっといた「各務野自然遺産の森」で遊んできました。

ここは、ちゃんとしたMTBコースがあるのがウリなので、当然MTBを積んで。ただ、自分のMTBは日本一周ツーリング中に舗装道に適したスリックタイヤ(ツルツルのタイヤ)に替えてしまっているので、果たしてそれがダートでどこまで通用するのか。不安だったので、ダメだった時のためにトレランのいでたちで臨みました。




張り巡らされたMTBコースの半分ぐらいを走ったところで、無理と判断。タイヤが滑りやすいのはもちろんでしたが、この時自分はノーヘルで、肘も膝も半袖短パンで剥き出しだったのです。転んだら即、血だらけ、ですから。ほかにも何人か愛好家が走っていましたが、彼らは皆、完全装備でしたね。

151031kkmn.jpg





そういうわけで、トレランに切り替え。園内をチンタラ爽やかに駆けるつもりでしたが、やはり走ってるとどうしてもアドレナリンが出てしまい、気づいたら「山頂」なるものを目指していました。

151031kkmn2.jpg

各務原アルプスの、ちょうど中間地点ぐらいに位置する「大岩見晴台」が、成り行き上、今回の目的地に。やはり各務原アルプスは眺望抜群だわ。

151031kkmn3.jpg

高賀山方面。

151031kkmn4.jpg

濃尾平野。

下山後もまだ時間も体力も残っていたので、しばらく森林内の遊歩道をグルグル走って、フィニッシュ。

この公園、マップを見るといかにも縦横無尽にルートが張り巡らされていますが、その半分以上はMTB専用コース。遊歩道は意外に少なく、トレランをするにはバリエーション不足ですね。ここまで来たのなら、ここを拠点にし、公園を飛び出して各務原アルプスを走るべきでしょうね。

それと、自分の愛用のシューズはベアフット(裸足)に近いのがウリなので、かなり軽くて薄く、各務原アルプスのような岩がちのルートを走るには不向き。尖った石を何度か踏んづけて激痛でした。底の厚いタイプのシューズも欲しいなぁ・・・。




終了後は各務原温泉「恵みの湯」でのんびり、疲れを癒やしました♪ 近くに温泉があるって、いいね。












ジョグ/トレラン | trackback(0) | comment(0) |


2015/09/12 (Sat) 【マゾっ子ハシゴ企画①】富士見台~千両山 周回トレラン

今日は中1のむすめの運動会でしたが、父母揃って「絶対来るな」と通告されてしまいましたorz 直接的な理由は「イイ順位をとれそうにないから」との事でしたが(エエ格好しいもここまでくると異常)、まぁ「思春期あるある」ってやつで、「中学生にもなって親が運動会来るのは恥ずかしい」みたいな感じでしょうね。早朝のテント設営に保護者として参加しましたが、よそのお父さんも娘さんにそう言われたと言ってましたね。確かに、自分らが中学生の頃は親なんてまず見に来てなかったですから。

そう言うわけで、仕方がないので、お父さんは一人で運動会をする事にしました。




まずはトレラン(「まずは」と言うことは、これの後にもう一つ控えているわけですが)。めっちゃ天気がイイのでパノラマ絶景の中を走ろうと、「富士見台千両山」周回を計画。両山頂の中間ポイントである神坂峠に駐車してスタートし、「8の字」を描くように走れば、途中車で給水できるから、ペットボトルを持たずに手ぶらで走れます。

150912fjmd.jpg

まずは少し舗装道を走り、萬岳荘の所から斜面に取り付く。

150912fjmd2.jpg

空は真っ青!コントラストが凄い。

150912fjmd3.jpg

こんな素晴らしい眺めの稜線上を走ります。左手に見えるのは御岳、その奥は乗鞍。

150912fjmd4.jpg

神坂峠から25分程で富士見台に到着。土曜なのでまずまず賑わってます。

150912fjmd5.jpg

噴煙を上げる御岳。

150912fjmd6.jpg

中央アルプスが眼前に。

150912fjmd7.jpg

復路はご覧のルートで神坂峠に戻ります。このルートが笹だらけで難儀しました。こんな事ならスパッツはいてくればよかった。・・・って、→この過去記事←でも同じ反省してました。アホですねぇ。(奥に見えるのは恵那山)

予定通り、神坂峠に駐めた車で給水し、次の目的地、千両山へ。

150912fjmd8.jpg

しばらく舗装道を走った後、このパノラマコース登山口から登り始める。

150912fjmd9.jpg

これがあっと言う間に登頂してしまいまして。

150912fjmd10.jpg

ここもやはり絶景。南アルプスの山々がズラ~リと。

150912fjmd11.jpg

最後はこの気持ちの良い稜線を神坂峠まで下ってフィニッシュ。ぴったり1時間の行程でした。

湯舟沢の温泉で汗を流し、気持ちをリセット。この後は、車に積んでおいた折り畳み自転車でポタリングです。やっぱちょっとマゾですかねぇ・・・



~つづく~













ジョグ/トレラン | trackback(0) | comment(4) |


2015/06/28 (Sun) 陶史の森をむすめとトレイルランニング

むすめと一緒にこういうアウトドア系スポーツをするって、一体何年ぶりだろう。登山は→'11年10月←が最後。サイクリングは→'13年3月←が最後でした。だから、もう2年以上やってないですね(涙)。(こういうのをサッと調べられるのがブログのイイ所。SNSにはアーカイブ性がないですから。)

最近むすめはランニングにちょっとハマってまして。ウエイトリフティングの練習場までの数キロを走って行ったり。きっかけは、近所に住む同じウエイト仲間のSちゃんがそうやってランニングを始めて、それに同行した事だったんですが、そのSちゃんがいなくても単独で走ってます。なんでまた?夏の全国大会に向けて尻に火がついたのか、はたまたダイエットのためなのか・・・。あまりちゃかすとプイッとそっぽを向いてやめてしまいそうなので、あえて触れずにいますが。

これはチャンスと思い、今回トレランに誘ったらホイホイついてきたってわけ。




場所は、最近見つけたグッジョブなトレランコース「陶史の森(@土岐市)」

この季節でも、全てのルートでちゃんと草が刈られ、藪と化しておらず、走りやすい。遊歩道の分岐ごとに↓このようなマップが設置されていて、親切な事この上ない。

150628tsm7.jpg
※クリックすると拡大します。

150628tsm.jpg

150628tsm2.jpg

150628tsm3.jpg

下りや平地はめっぽう早いが・・・

150628tsm4.jpg

150628tsm6.jpg

上りでバテバテw 

30分でギブアップし、遊具のある広場で遊んでいたカミさんや姪っ子たちと合流。お父さんは走り足りないので後半戦に突入。

この「陶史の森」のセールスポイントは、舗装道がほとんどなく、終始“土”を踏んで走れる事。

150628tsm5.jpg

大部分が森の中のルートですが、2箇所だけ展望のきくポイントがあります。正面に見えるのは「どんぶり会館」と、その背後は屏風山。

梅雨の晴れ間で実に気持ち良かったぁ~!

【俺】「どうだった?また来る?」

【むすめ】「もういい」

・・・・・・・・・・・・・orz










ジョグ/トレラン | trackback(0) | comment(0) |


2015/05/30 (Sat) 中山道十三峠トレラン(大井宿~大湫宿)

ハードだった恵那山登山から中1日、今日はおととい酷使した身体をいたわって休養日にしようと思ってたんですが、あまりにイイ天気を眺めていたらムズムズマゾマゾしてきましてね。トレランに出かけちゃいました。

コースは自分のお気に入りの「中山道大井宿→大湫宿」。この13.5kmの区間には「十三峠」がすっぽり含まれていて、その名の通り峠が連続する中山道屈指の難所。きついけれど、車道になっちゃってる部分が少なくて楽しいんだよね。

竜吟の滝駐車場に車を駐め、釜戸駅から恵那駅まで電車で移動し、恵那駅(すなわち大井宿)からスタートするのですが、大湫宿から竜吟の滝駐車場までの車道の急勾配下りが非常に萎える(楽しくないし膝に悪い)。なので、大湫宿にあらかじめ自転車をデポし、最後の車道下りを自転車で回避する事にしました。




150530trn.jpg

中山道を颯爽と駆け抜ける俺様。(カメラなんか持っては走れないので、自転車をデポした際に大湫宿近くで自撮りしますたーw だってブログに画像ないと寂しいやん。←生粋のブロガー・・・)

一昨日あれほど身体をいじめたはずですが、まずまず足取りは軽い。ザックは背負いたくないので、事前にしっかり水分を摂った上、手ぶらでスタート。四谷休憩所近くにこのコース中唯一の自販機があるのでそこでドリンクを買い、しばらく手に持って飲みながら走り、大久後駐車場にこのコース中唯一のゴミ箱があるのでそこにポイ。完璧やー(^o^) 歴史・文化と自然のミックス、やっぱり中山道トレラン、気持ちイイわ!

150530trn2.jpg

ちょうど1時間半でゴール。そこに待っていたのはもちろん、愛車ジャイアント号。ここから竜吟の滝駐車場までは強烈な下り勾配でブレーキを握る手が疲れる。




竜吟の滝駐車場に着くと、しこたま荷物を括り付けた赤いランドナーが停まっていました。荷物の量を見てすぐ「これは日本一周やな」とピンと来たね。だって、経験者だからねw

150530trn3.jpg

嬉しくなっちゃって、近くで休憩していたそれらしき風貌の青年に声をかけたところ、すずき“たかちゃん”たかひとさんと言う方で、全国47都道府県の「野菜の料理」を求めて旅をしているのだそう。全国の人や料理を見て勉強した暁には、人のためになる料理人になるのだそうです。応援してまっせー(^o^)/









ジョグ/トレラン | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する