鶴ヶ城(瑞浪市)お手軽絶景

鶴ヶ城、その名は聞いていたのですが、意外にも今回が初めて。場所も大体分かっていましたが、なにせご近所、いつでも行けると思っていたんですね・・・。

自分は城には疎いので、その歴史的経緯など詳細は城マニアの諸先輩方のサイトがいくらでもあるからそちらにお任せして、写真と感想だけを・・・。(→この方←の鳥瞰図はめちゃ分かりやすいです。山好きなので地形が分かると嬉しいのです。)




180420trgj.jpg

車は近くの諏訪神社に停められます。登り口までは歩いて3分。

180420trgj2.jpg

大手門の跡、とのこと。

180420trgj3.jpg

脇に咲いていたシャガ。

鶴ヶ城はその名の由来になった通り、主郭から羽のように二つ尾根がのびており、その先端に西出丸と東出丸があります。

180420trgj4.jpg

これは西出丸。正面に屏風山を望む絶景。ちょうどツツジが咲いていて赤が効いてますね。

180420trgj7.jpg

こちらは東出丸に通じる尾根。イイ感じの自然林。

180420trgj5.jpg

二つの尾根のちょうど付け根のあたりに井戸があり、今でも水を湛えていました。

180420trgj6.jpg

主郭の様子。新緑が眩しい。

西出丸、東出丸、主郭、いずれも木が伐採され、展望が開けています(見える景色はほぼ同じだけど)。わずか10分程度で登れますよ。




奥三河 城めぐり

どの物件もあまりに渋すぎて屁が出そう(^o^)/ 拉致されて連れ回されたカミさんは巻き込まれ事故ですなw

170430shiro.jpg

新緑が萌え萌えの田峯城。でも、入場料200円をケチりました。スミマセンwww 敷地内の様子は→この過去記事←で・・・

170430shiro2.jpg

で、田峯観音から、その田峯城を望む・・・。風光明媚!

170430shiro3.jpg

仲間と思われたのか、田峯の山中で猿に遭遇。10匹ぐらいいたな。

170430shiro4.jpg

長篠城。GWには「合戦のぼりまつり」があるらしい。この日は準備段階でした。

170430shiro5.jpg

長篠城の濠。

170430shiro6.jpg

作手の亀山城。ピクニックにも良さそう。こちらにも「古城まつり」の幟が。

いずれも本格的に賑わう直前の、静かな城めぐりでした。
















皇居一周

用事で東京日帰り。用事は午前中だけなので、午後はフリー。さて、何して遊ぼうかな・・・

161109kk.jpg

本社ビルからの眺め。すぐ眼下に皇居。そうだ、皇居、歩こう。

161109kk2.jpg

桔梗濠。

161109kk3.jpg

皇居前広場から見た高層ビル群。田舎者としては、山が視界に入らないと落ち着かないw

161109kk4.jpg

161109kk5.jpg

桜田門。

161109kk6.jpg

半蔵門より、桜田濠の眺め。「皇居ランナー」を大勢見たけど、こんな排気ガスの中を走るのか・・・。田舎者は空気の美味い/まずいに敏感なのだ。

161109kk7.jpg

江戸城天守台。石垣がめちゃくちゃ立派。

日頃登山やトレランで鍛えてるので足腰は相当丈夫なはずだけど、アスファルトの上を革靴で歩くダメージって凄いな。




161109kk10.jpg

これまで何度新幹線に乗ってもことごとく富士山の姿は隠れていたんだけど、帰りにようやく現れた。座席が反対側だったため、わざわざ席を離れてデッキの窓から見ました。




リスだらけの日本庭園も美しい「浜松城」

歴代城主が次々と出世したことから「出世城」と呼ばれる縁起の良い城「浜松城」

160805hmmt2.jpg

もちろん、その出世の筆頭格は徳川家康

160805hmmt.jpg

石垣は一見ゴツゴツして荒々しいですが、高い強度を誇る「野面積み」という手法なのだそう。城フェチにとってはこれが最大の見所、と言ったところですかね。

160805hmmt3.jpg

天守は鉄筋コンクリート製の模擬天守ですが、それなりに風情はあるかな。

160805hmmt4.jpg

さて、ご多分に漏れず、ここでもやはり観光客は天守閣を見て満足して帰ってしまうようですが、この城の白眉は、隣接した日本庭園。ぜひ散策されたし。

160805hmmt5.jpg

鴨も全くの無防備。

160805hmmt7.jpg

驚いたのは、リスの群れ!木から木へと次々に飛び移っています。

160805hmmt6.jpg

10匹はいましたね。夢中で撮影していたら、10ヶ所ぐらい蚊に刺されました・・・・。








下麻生城址に登った。そして無理やり縦走してきた。

川辺町下麻生駅近くの酒蔵→平和錦酒造←のすぐ真裏にあるド迫力の岩稜、あれって登れないのかな・・・と以前から気になっていたのですが、古い知人の→float cloudさん←から「登れる」との情報を得て、このたび行ってきました。

131121smas.jpg

飛騨川対岸から見るとこう。画像真ん中の三つの山塊。一番右が下麻生城址なのだそうです。ルートについてはfloat cloudさんのブログを参照いただくとして、ここでは感想だけ述べます。

131121smas2.jpg

起点は臨川寺。このような標柱が立っていて、まるでここが城址みたいで紛らわしいですねw 

131121smas3.jpg

寺のすぐ脇の沢沿いに登って行くとやがて滝があります。規模は小さいけれど、なんだか趣がある。ここを右に巻いて登ると・・・

131121smas4.jpg

岩を削って作った階段。これ、カッコイイ!

またしばらく沢沿いに行くと、沢が二手に分かれるポイントで、真左の尾根に取り付きます。ここが今回一番の急登。

131121smas5.jpg

もうすぐ稜線に出そう、って所で上を見上げると綺麗な紅葉。この中に突入するとすぐ稜線。踏跡は明瞭。T字を左へ。

するとすぐ、古い建物と、その脇に沼があり、建物の左手を登るとそこに秋葉神社が。

131121smas7.jpg

気持ちのイイ場所で、樹間から展望が得られます。ここで昼食。

またさっきの古い建物に戻ると、左方向へ下る道がついていますが、このままもう少し稜線を先に行けば展望が得られるかも、と思い行ってみるとビンゴ!

131121smas6.jpg

今登っている岩稜の裏手にある、わりと大きな山が眼前にドーン!

そして先程の下へ下る道を行き、少し登り返すとそこには・・・

131121smas8.jpg

キレット キタ━━━(゚∀゚)━━━!

131121smas9.jpg

絶壁の真下には平和錦酒造の屋根がw

131121smas11.jpg

悠然とうねる飛騨川。

131121smas10.jpg

絶景かな 絶景かなー♪

さて、どうするかな、と。ここで恒例の「来た道を引き返すのがイヤイヤ病」を発病。眼下を覗くと林道が見えるぞ。結構近いじゃないか。このまま尾根を下りるだけじゃん。

というわけで、道無き道を、時には岩にへばりつき、時にはザレをズリ落ち、時には藪を漕ぎながら、まぁなんとなく林道に無事着地。

その足で平和錦酒造を訪れ、蔵元と女将さんと歓談し、酒を買って帰りましたとさ。その時の事や酒についてはまた後日・・・。







プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★7/8(日)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索