2015/07/05 (Sun) たじみ河川敷サンデー“ナイト”マーケットでした☆

当ブログでも既におなじみの「たじみ河川敷サンデーマーケット(略して“サンマー”)」、今回は初の“ナイトマーケット”でした。 
参照記事:→'14年6月1日(第一回)←/→'15年2月1日

150705nm3.jpg

勤勉な我々はスタートの16時に到着。今回はママ友パパ友のW家ご一家と一緒。

150705nm2.jpg

むすめの1学年下の双子ちゃんは、むすめにメッチャなついてくれてます。最近は親の決めたお出かけ先にほとんどついて来ない思春期/反抗期のむすめも、あの双子ちゃんと一緒なら、と二つ返事でついて来ました。

150705nm.jpg

盆踊りもあるって事で、浴衣で参加してる人も結構います。うら若き乙女たちがお立ち台を囲んで踊っていますが、BGMはJBの「SEX MACHINE」。なかなかファンキーな盆踊りですなぁ( ´﹀` )

初のナイトマーケットの試みでしたが、いつもより更に盛況で、オシャレ若者率が俄然高かったように見えましたね。夏の昼間は酷暑という事もあるし、この試みはグッジョブでしたね♪

そのおかげか、会場では意外な知り合いに出会いまくって、もの凄い長居をしてしまいました(あ、長居は常習犯か・・・)。




途中、ちょうど土岐川対岸に位置するカレー屋さん「cafe NEU!」へ。

150705nm4.jpg

“箸が転んでもおかしい年頃”の女子3人。店中に響き渡るような声でゲラゲラと笑い続けています。何がそんなにおかしいのかと覗いてみると、どうやら「サドゥー(ヒンズー教の修行者)」の本で盛り上がっている様子。気になった人は「サドゥー 全裸」みたいなキーワードで画像検索してみると、お年頃の女子たちが何で盛り上がっていたのか大体分かります。




さて、今回の戦利品。

150705nm6.jpg

まずは、アンティーク雑貨「asitis」で買った古瀬戸の石皿。

150705nm7.jpg

そして、「SLOW LIFE」のがま口。

150705nm5.jpg

むすめが直感でピン!とキたらしくて。実はカミさんも別のがま口(自分用)を狙っていたらしいのですが、むすめの「運命の一品」感に押し切られたそうで。そういうの、大事だよね。




喋りに喋って滞在4時間半!居心地良かったから・・・・

次回8月のサンマーもナイトマーケットらしいよ(^o^)/









素敵なお店 | trackback(0) | comment(0) |


2015/03/28 (Sat) 古道具の名店をハシゴ:やまあかり~asitis (@恵那市)

むすめのピアノの発表会が恵那だったので、それまでの時間を、恵那市内の古道具の名店をハシゴして過ごしました。

フォトジェニックな“モノ”を見ると腕が鳴るのか、今回の画像のほとんどはむすめが撮りました。




まずは三郷町の「やまあかり」(アンティーク雑貨・古道具)。

150322ymakr.jpg

150322ymakr2.jpg

150322ymakr3.jpg

150322ymakr4.jpg

もう何度か当ブログで取り上げているこの「やまあかり」ですが、夏頃に、ここから目と鼻の先の、やはり古民家に移転するそうです。

150322ymakr6.jpg

これが移転先の古民家。リフォーム中。かなりの作業をDIYでやられており、なかなか大変そう^^

150322ymakr5.jpg

目の前の田んぼにはなんと、野生のキジが!いや~、いい所ですね♪

ああ、そうそう、先日の土岐川源流探索の時、この店の横をかすめた、と書きましたが、その時ちょうどリフォーム作業をしていたオーナーさんに、我々三人衆が山中に突入していくのを目撃されていたのでした。「物好きな人がおるねぇ」・・・という感じでw




150322asitis2.jpg

お次は岩村町の「asitis」(ヴィンテージ&ハンドメイド雑貨)。とってもファンキーで雰囲気のある出で立ちのご夫婦がやられているお店です。

150322asitis.jpg

阿木川湖畔という絶好のロケーション。

150322asitis3.jpg

この日が人前デビューだったという柴犬の月次郎くん。

150322asitis4.jpg

生まれてこの方12年、ずーっと犬が苦手だったむすめも、初めて触ることができました。人間デビューの柴犬と、犬デビューのむすめとの邂逅w





素敵なお店 | trackback(0) | comment(0) |


2015/02/03 (Tue) カワマー(たじみ川ノ家サンデーマーケット)に行ってきた。

久しぶりに遊びに行ってきました。初回以来かな?どうやら河川敷まで会場として使うのを「たじみ河川敷サンデーマーケット(略称:サンマー)」と呼び、その管理棟である「川ノ家」および隣接するガレージのみを会場とするのを「たじみ川ノ家サンデーマーケット(略称:カワマー)」と呼ぶらしいです。今回は「カワマー」。

150201kwm2.jpg

快晴の河川敷を歩くのは気持ちいなぁ♪・・・とパシャパシャ撮影していると、なんとあろうことかカメラの電池が切れましてorz さあこれから彩り豊かなマーケットの様子を取材して差し上げようと言うところで、唯一の武器であるデジイチを失い、一体どうやって記事に仕立て上げようか・・・?




150201kwm4.jpg

ここらへんでは知らぬ者のいない“おでかけマニュアル・ムック”である「cheek別冊:おでかけ多治見土岐可児」の最新号、なんと見開きトップの特集はこのサンマー!それだけに、もう凄い賑わい。

150201kwm5.jpg

※サンマー公式facebookページより転載。

150201kwm.jpg

そして、この大賑わいの様子をご満悦で撮影していたサンマー委員長をこっそりガラケーで激写。

そのまま盗撮を続けていると、・・・あれ?

150201kwm7.jpg

ウチのカミさん?・・・密会?・・・あれ?・・・(・_・)
















魅力的な出店者さんがいっぱいでしたが、我々家族は、カメラマンのシュウさんに家族写真を撮ってもらいました。

150201kwm3.jpg

実は、三人揃った写真って、なかなかないんですよ。いつも俺が撮影係だからね。去年なんて、年賀状にしようと家族写真を探したけんだけど、なんとゼロで。それだけに、こんな素敵に撮ってもらえて感激です。

このサンマー(もしくはカワマー)、次回は3月らしいですが、詳しい日取りは調整中との事。公式facebookページに「いいね」しておけば、最新情報が得られますよ。




【追記】

委員長より「次回カワマーは3月1日」と連絡が入りました。






素敵なお店 | trackback(0) | comment(0) |


2014/07/06 (Sun) 郡上おどりは郡上の下駄で:『郡上木履』

郡上八幡←再訪。

140706gjo3.jpg

お目当ては、この町で売られているオリジナルブランドの下駄『郡上木履』

「日本三大盆踊り」に数えられるあの有名な「郡上踊り」。それに使われる「踊り下駄」が、地元で生産されず、九州から入荷されていると知り、一人の木工職人が立ち上がりました。

『郡上木履』主宰:諸橋有斗氏。


video by Kouki Hatano

彼の作る下駄は、丈夫で「音」が綺麗な「ヒノキ」を使い、踊り途中で歯がとれない様、全て一枚の木から削り出して作られて­います。つい先日、テレビ番組「PS三世」でオリエンタルラジオの二人に取材されているのを見た人もいるのではないでしょうか。その彼が、7月5日に遂にショップをオープンしたと言うので駆けつけたわけです。

モロくんは、↑上の動画を撮ったカメラマン→Kouki Hatano←くんと同時期に働いていた元・仕事仲間。当時はウチの店きってのベビーフェイスとしてアイドル扱いされていた彼も、大学卒業後、あちこち放浪やら修行やらで揉まれた挙句、人間のスケールも体重もほぼ倍増して再び俺の前に現れました。

140706gjo11.jpg

立派な中庭のある、びっくりするような素敵なアンティークの長屋を店舗兼住居として借り、暮らしているそうです。

140706gjo6.jpg

ひと夏をほぼ下駄だけで過ごす大の下駄好きの俺は、彼がこういう活動を始めたと知ってから、いつ買わせてくれるのかと散々じらされましたが、ようやくその夢にまで見た下駄とご対面。

140706gjo7.jpg

こだわりのある繊維関係や染め物関係のメーカーとコラボした鼻緒は色とりどりで目移りしてしまってなかなか決められない。そうしている間にも次々とお客が入ってきて、目を付けていた鼻緒が目の前で売り切れ。そう。量産品と違って、お気に入りの鼻緒とは一期一会なのです。

140706gjo5.jpg

140706gjo8.jpg

カミさんと各々一つづつ買って、さっそくそれを履いて郡上八幡を散歩。

履き心地もいいし、既に愛着も湧いちゃってます。こりゃきっと、一年で履きつぶしちゃって毎年郡上八幡に通うハメになるかもね。

140706gjo9.jpg







素敵なお店 | trackback(0) | comment(0) |


2014/06/01 (Sun) 多治見オールスターズが月イチで大集結!『たじみ河川敷サンデーマーケット』

多治見市の土岐川河川敷を舞台に、おもろい新イベントが勃発!その名も『たじみ河川敷サンデーマーケット』。毎月第一日曜日に開催。

140601tsm.jpg

その「思い」や基本コンセプトについては↓コチラの新聞記事で首謀者本人が大いに語ってます。

10369727_460705724074215_4861910830891556013_n.jpg

※クリックすると拡大します。

当ブログにもたびたび登場している盟友:→木本真義(うどん店「そったくどうじ」店主)←が、遂にやらかしました。

140601tsm4.jpg

実行委員の一人で、多治見カルチャーの顔役、→玉木さん(「玉木酒店」店主)←を交えてスリーショット♪

140601tsm9.jpg

インカムを駆使してスタッフに指示を飛ばす木本くん。カッコイイ\(^o^)/ 「インカムの似合う男」としては小室哲哉と双璧だね。

140601tsm11.jpg

多治見のゆるキャラ「うながっぱ」も登場。メ~テレや中日新聞の取材も来ています。

140601tsm5.jpg

スタートと同時に来ましたが、既にかなりの賑わい。

マーケットを練り歩くとすぐに、多治見のスター達に次々と出会う。

140601tsm7.jpg

ライヴペイント準備中の画家:木全靖陛さんと宮崎はこさんのコンビ。

140601tsm6.jpg

そこに、出店している惣菜店「あっひるや」さんを手伝いに来ていた陶芸家:→榛澤宏←さん(本日も二日酔い)がバッタリ。

一番左の人の筋肉、おかしいやろ?実はこの木全さん、画家のほかに「マッチョダンサーズ」という変態ユニークなパフォーマンスユニットで活動されているのです。それと、左から二番目と、一番右の人は「呑むとあかんツートップ@東濃」。早く逃げなきゃ・・・。

続いて~、お隣の可児市からも大物珍物が視察と称して遊びに来ていました。

140601tsm8.jpg

ala(可児市文化創造センター)のアーティスト招聘担当:→U字(仮名)←。同じく地域活性化に心血を注ぐ者としては、きっと見過ごせないのでしょうね。可児と多治見で化学反応が起きる日もそう遠くないか?

それにしても、出会った人たちやお客さんたちが異口同音で漏らしていたのが「暑い!」って事。本日も記録的な気温になりそうです。さすがは元「日本一暑い街」。そんな時は、休憩所「川ノ家」へ。

140601tsm2.jpg

古い空き家をリフォームして、イイ感じの休憩所になっています。

140601tsm10.jpg

壁面に落書きアートを施すはこちゃん。この「川ノ家」は、こうやってリアルタイムで変化し続けているようです。

140601tsm12.jpg

そこに登場したのは、ギャラリー「スペース大原」主宰の→伊藤達信(イケメソ)←さん。彼もまたこの多治見カルチャーの重要人物。「スペース大原」では6/8まで展覧会→qualia-glassworks exhibition←が行われています。今日なんかはこのサンデーマーケットとスペース大原をハシゴする人も多いのではないでしょうか。

そして、この時伊藤さんから聞いた、ここ多治見を舞台にした秋の一大イベントの内容は、まさに驚愕すべきものでした。まだここで明記はできませんが、内容も面白く、ネームバリューも凄まじく高いイベントになりそうです。

一体どこまで行くのか多治見!?恐るべし!




【追記】

'15年2月1日川ノ家マーケット(カワマー)
'15年7月5日ナイトマーケット









素敵なお店 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する