2015/12/17 (Thu) 焼酎の味を覚えました。

今までずっと、焼酎のどこが旨いのか、分からずにいましたが、ようやく目覚めました。

きっかけは、いただきものの「三岳」。数年前にもらって、一口呑んでみたけど良さが分からず、そのまま放置。いいかげんもう捨てようかと思い、その前に一応は焼酎の消費期限なるものを調べてみると、かなり長期間大丈夫との事。試しにお湯で割ってみると、これが旨いんでやんの。この数年の間に味覚が花開いたみたいw

「焼酎は後に残らない(悪酔いしない)」だのなんだの、眉唾みたいな言説は聞いていたけど、確かに実感としてそれはあるね。アルコール度数25度の焼酎を1:1で割ると13度、日本酒の15度より少し低いくらいだけど、呑んだ感じは日本酒よりはるかに軽いんだよね。体に優しくスッキリした感じ。こりゃいい。晩酌一杯目を日本酒、おかわりを焼酎にすると、ちょうどいい。

三岳が芋だったので、しばらくは芋です。




151205krkr.jpg

黒霧島 (霧島酒造@宮崎県)

はじめはわけもわからないので、とりあえず量販店で買えるいかにも定番っぽいやつ。あくまで日本酒がメインなので、焼酎に際限なく金を出す気はなく、2000円程度に抑えたいところ。

テキトーにデタラメにお湯と混ぜて呑んでたんだけど、普通に呑める。・・・てか、旨い。焼酎ってコスパ高いなー。しばらくコレばかり呑んでました。




151205syc.jpg

蔵の師魂 かめ壺貯蔵 (小正醸造@鹿児島県)

黒霧島も数本呑んだので、そろそろ違うやつを試してみたくて、数百円上乗せ。これもデタラメな作り方で1本空けました。普通に旨いけど、これだったら黒霧島でいいと思った、デビューしたての新人、俺。




一升瓶を数本空けたところで、いよいよ大竹酒店さんに教えを請いに伺いますw

お湯割りのやり方を、手の込んだ方法からインスタントな方法までいろいろ教えていただきました。で、現在の自分は、水と焼酎を割ってから湯煎するやり方を採用してます。

151217im.jpg

(国分酒造@鹿児島県)

151217krsk.jpg

蔵の師魂 特別限定 東馬場 (小正醸造@鹿児島県)

ここまでのところ、この「東馬場」を前割り湯煎で呑むのがダントツで旨かった。お湯割りの方法と、焼酎の銘柄を同時にかえたので、その原因がお湯割りのやり方にあるのか、焼酎そのものにあるのかが分からなくて困るのだが、とにかく旨い。

「芋」とは数百円の差があるけど、これこそまさにお値段分の味の差と言っていいかも知れない。









焼酎 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/30(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★年内のライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する