NHK朝の連ドラ「半分、青い。」ロケ地巡りしてみた。part3

「半分、青い。」ロケ地巡り最終回!

【参考】
part1
part2

今回は、おばあちゃんのお墓参りをして、みんなで空に向かっておばあちゃんを呼んだ場所。

180528ocai.png

180525ocai.jpg

180525ocai2.jpg

中津川市落合の、ユースホステルの近く。

180410ocai.png

ここの特定も世界最速でした(笑)

岐阜県内のロケ地はあと、

・糸電話を実行した川(関市の長良川)
・鈴愛と律が生まれた産院(多治見市の病院)
・鈴愛と律が通う高校(土岐商業・可児高校・加茂高校)
・鈴愛と律が通った小学校(郡上市の旧大和町立北小学校東弥分校)

ぐらいですが、いずれも自分で特定した場所じゃなくて思い入れもないので、ロケ地巡りはこれにて終了~


NHK朝の連ドラ「半分、青い。」ロケ地巡りしてみた。part2

前回(part1)以降に訪れたロケ地のレポートです。




鈴愛が律から借りた漫画を読みふけったり、美術部の4人で将来の夢を語りあったりした吊り橋。

180429jr8.jpg

岐阜県瑞浪市釜戸町萩島、県道421号線から少し入った所、土岐川にかかる橋。

ちなみにこのロケ地特定は、恐らく俺が世界最速でした。(もし最速でないようでしたらご一報下さい)

180512kmd111.png
※「宝寿寺」は誤字で、正しくは「宝珠寺」




鈴愛(子役)が渡し舟に乗せてもらっている時、鈴愛を探しに来た晴(松雪泰子)が泣きながら手を振る木曽川河畔。

P_20180512_141042.jpg

岐阜県各務原市鵜沼、犬山橋の東。

180512unm111.png

ここのロケ地特定は、世界最速どころか、恐らく世界で唯一ですわ(笑)

180512dg.png

地元の人でもない限り、このヒントだけじゃ普通分からんよね(笑)




鈴愛と律が小さい頃からよく訪れている聖地の中の聖地、木曽川河畔。

P_20180512_133622.jpg

P_20180512_133808_HDR.jpg

江南緑地公園「すいとぴあ江南」前。

ここと鵜沼の2箇所は、今日岐阜市での仕事帰りに寄ったのですが、やはり人が写ってないと寂しいね・・・。




part3へ続く





NHK朝の連ドラ「半分、青い。」ロケ地巡りしてみた。part1

自称「東濃DEEP探索マイスター」としては、ここ岐阜県東濃地方が舞台の「半分、青い。」が始まる前から「ロケ地特定」をやる気マンマンでした。これまで登場したロケ地は・・・

・鈴愛が糸電話を試みた愛知県江南市の木曽川
・糸電話を実行した関市の長良川
・渡し船に乗せてもらった各務原市鵜沼の木曽川
・鈴愛と律が生まれた多治見市の病院
・おばあちゃんのお墓がある中津川市落合
・鈴愛と律が通う土岐商業・可児高校・加茂高校
・鈴愛と律が通った郡上市の旧大和町立北小学校東弥分校

・・・などがありますが、今回は無理なく回れる範囲で回ってみました。




まずは、鈴愛が西高新聞部小林と出会うバス停、瑞浪市一色町の万尺公園。

180422iwmr.jpg

この道路標識のあたりにバス停が。

180422iwmr2.jpg

川の対岸から「お~い!昨日カセットテープ拾ってくれた人~!」




続いて、鈴愛のおじいちゃん、楡野仙吉(中村雅俊)のキャベツ畑。

180418tokic.jpg

瑞浪市土岐町、下街道沿いのとあるポイント。




そしていよいよ、中心的舞台となる恵那市岩村町へ。

180422iwmr3.jpg

鈴愛が初めて左耳の不調を感じ、バランスを崩した飛び石。武並神社のあたり。

180422iwmr4.jpg

ふくろう商店街!

180422iwmr5.jpg

鈴愛の親友、菜生ちゃんの家「おしゃれ木田原」は、「やすだや洋品店」。

180422iwmr6.jpg

母:晴(松雪泰子)が鈴愛を身ごもり、父:宇太郎(滝藤賢一)と歩きながら相談して「産む!」と決めた道。本通りから一本はずれた小川沿いの道。

180422iwmr7.jpg

最後に岩村醸造で甘酒ソフトをいただいて今回は終了~!

因みに、素敵な城下町、岩村の様子は→コチラの過去記事←で!




part2へ続く!


桂宮治落語会@スペース大原

人生初落語!

170708ktr2.jpg

170708ktr.jpg

めちゃくちゃ面白かった!もう、枕(前説)から大爆笑で。最前列で、ライブのド迫力で、最高でした。

170708ktr3.jpg

めくりの字は“多治見のバクザン先生”こと玉木さんの手によるもの。いつ見てもスゴい字だ・・・




パッキャオVSメイウェザー“世紀の一戦”は、「観るまで」が一番面白かった。

自分は完全なるニワカではありますが、ちゃんと予習はしました。二人の過去の試合の動画をいくつか観たり、そのファイトスタイルだとかキャラクターだとか前評判だとかを調べたり。

それからすると、実際の試合内容は、びっくりするほど予想通り。パッキャオのパンチはメイウェザーに当たらず、メイがコツコツとポイントを稼いで判定勝ち。意外性0という点で、まったくもってつまらないものでした。こうなる事は自分に限らず大勢の人が予想したと思うんだけど、だからこそパッキャオがその予想を裏切ってくれる事を期待していたのです。

ところが、これほどの大試合だからか、自分以上の「超ニワカ」の人も大勢観戦していたらしく、「判定に不満。パッキャオが優勢だった。」とか「メイウェザーは逃げてばかりで気に入らない。」などの感想がネット上で散見されました。

判定は正しく、メイウェザーの勝ちです。有効打は明らかにメイウェザーの方が多かった。メイウェザーが防御に重きを置くスタイルなのは最初から分かっていた事なのに、何を今更。かわしまくり、逃げまくると分かっていたメイウェザーを、パッキャオは遂に仕留められなかった。だから負けた。それだけです。

もちろん、自分もパッキャオの攻撃的なスタイルの方が好きで、パッキャオのKO勝ちだったら最高だな、と応援してました。なのでこの結果は残念だし、つまらないです。だからと言って、判定に文句を言ったり、メイウェザーを貶したりするのはお門違いってもんですよ。

試合そのものはこのようにしょっぱいものでしたが、個人的には、無事観戦に至るまでに散々すったもんだがあり、その右往左往や、予習時点でのワクワクも含めて、このお祭り騒ぎを楽しんだし、思い出深いものでした。

150503wowow.jpg




絶対に観たい“世紀の一戦”はWOWOWの独占放送。でも我が家ではWOWOWどころか普通のBSすら観られない。そこで実家に連絡してみると、BSは映ると言う。しめた!それならば・・・

WOWOWには「無料お試し視聴」の方法が2種類あって。
①「7日間無料体験」:BS9チャンネルに合わせるだけ。その時点から7日間のお試し期間がスタート。つまり登録不要。
②「15日間無料体験」:専用サイト等で簡単な個人情報を登録後、約15分後からお試し期間がスタート。

どちらもB-CASカード1枚につき1回だけ試せる。つまり、テレビとレコーダーがある場合、①と②を組み合わせれば、最大44日間の無料視聴が可能というわけ(でもまぁ自分は今回の“世紀の一戦”が観たいだけなので、そんな事はしないけど)。

当然の事ながら①の方が簡単なので、放送前日に実家に連絡して①が出来るかどうか試してもらう(もし過去にリモコンのBS9チャンネルのボタンを既に押してしまっていると、もう「お試し」はできないので)と、「ちゃんと映る」との事。よっしゃー!これで、翌日の放送時間に、自宅から車で10分の実家のテレビの前に座ればいいだけである。

さて当日、放送開始午前10時の15分前に実家に到着。ちゃんとWOWOWは映っている。正規加入を促すテロップがうざいが、それは下調べの時から分かっていた事だし、要は試合が観られればいいわけだから気にしない事にする。

スタジオでの能書きが終わり、さあいよいよ10時!・・・と、その瞬間、画面がプツンと消え、続いて「正規加入への案内画面」にかわった。

俺、発狂。

一体なんなんだこの嫌がらせは!!WOWOW、まじで許さん!!・・・いや、ね、別に「無料で見せろ」と言いたいわけじゃないんだよ。最初から「観られない」と分かったいたら、スパっと諦めるなり、契約してる友人知人を探すなり、したわけなんだよ。それが、「お試し期間」などと謳ってさんざん期待させておいてこの仕打ちだったものだから、もう怒り心頭。「俺の“ワクワク”を返せ」と。

かくなる上は、すぐさま②の方法を試したいのであるが、自分はスマホでなくガラケー(webつなげない仕様)だし、PCは自宅にあるしでネット申し込みができず、電話による申し込みも、当然ながら回線パンク状態でつながらず。自宅まで往復20分、PCで申し込みして観られるようになるまで15分。試合開始が10時なら、映る頃にはほとんど終わっちゃってるじゃん。

そういうわけで、もうテレビ観戦は諦め、自宅に帰って2ちゃんねるの実況板などで試合経過を追うかぁ、となりました。トボトボと帰宅し、実況板を開いてみると、なんと、前座が2試合あって、“世紀の一戦”が始まるのは12時すぎと書かれているではありませんか。そんなに時間の余裕があるのなら、②を試せる!

自宅のB-CASカードを使って自宅PCで申し込みし、実家のテレビにそのカードを挿せば良い。さて、テレビとレコーダー、どちらのB-CASカードを使うか。3秒ほど思案し、「家人がテレビを観られなくなるのは申し訳ない」という理由で、レコーダーのカードを抜く事に決定。(この判断が最後のオチにつながります)

②の申し込みを済ませ、再び実家まで走り、B-CASカードを挿し替え、チャンネルをBS9番に合わせ、待つこと15分。さっきの①の例もあるので、これで本当に観られるのかどうか確証がなく、ドキドキする・・・

すると、映ったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

①はダメで②はOK。この差別は一体なんなのw!①の時のようなうざいテロップもなく、実に快適。

かくして、さんざんすったもんだした挙句、しっかり“世紀の一戦”を観ることができました。試合内容よりも、事前に予習したり、WOWOWの視聴方法を調べたりして、この“お祭り”に参加できたという事こそが最も興奮しましたね。




さて、その日の深夜。知人がクイズ番組「アタック25」に出演するので、それを予約録画していた事を思い出し、テレビを付ける。ところが、録画一覧に「アタック25」がない!

俺、再び発狂。

なぜだ!お前ら(妻子)、俺の録画予約、勝手にキャンセルしただろ!と激怒。全力で否定する妻子。

押し問答の末、ある事を思い出しました。

「アタック25」の放送時間帯、ボクシングを観るためにレコーダーのB-CASカードを抜いたのは俺でした。

生まれてすみません。













プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★7/8(日)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索