2010/01/31 (Sun) 稲荷温泉 不老荘

あ~・・・→先々週と同じパターン←だ。家族三人揃うレアな一日なのに、夕方までダラダラしてしまった。このままでは一日「何もしなかった」事になってしまう。こんな日は温泉に限る(こんなところまで先々週と同じ)。

今回は前回よりひどい。思い立ったのがほぼ夕方である。なので、近場で探すしかない。




・・・というわけで、やってきたのは瑞浪にある『稲荷温泉 不老荘』

稲荷

その名の通り、荷機稲荷神社の敷地内にあります。アクセスは・・・・分かりづれぇぇぇぇ~!標識・看板の類は一切なし。まあ、だからこそ、「秘湯」の雰囲気を維持できているとも言えるのですが。

不老

外観からしてかなりキてるでしょう?今ドキこの温泉マークだぜ。見事な鄙びっぷりです。

danwa.jpg

玄関の戸を開けると、フロントと、この談話室。う~ん・・・グッジョブ!徹底した鄙びである。

rouka.jpg

入泉料は大人500円、子ども150円。この日は子ども限定でペットボトルのマンゴージュースをもらえました。150円しか払ってないのに・・・。

aai.jpg
ヴィンテージ効能書き

rokka.jpg
ヴィンテージ・ロッカー

う~ん。ワビでもなく、サビでもない。これは「鄙び」なのです。

温泉そのものについては、何人もの「温泉マニア」達がレポートしていますので、ググればわんさか出てきます。泉質だのなんだのマニアックな事はそちらを参照して下さい。

施設とは裏腹に、浴場は改装したようで清潔な感じでした。湯をすくって臭いを嗅ぐと、確かに硫黄臭がしました。う~ん・・・・これぞ温泉。

もの凄くアクセスしづらく、知られてないのですが、次々と入れ替わり立ち替わり客が入ってきます。カミさんに聞いたら女湯も同様だったそうです。鄙びたイメージとは裏腹で驚きましたが、そう。「地元の人の温泉」なんですね。4~5人入ればたちまち満員の湯船。これ以上宣伝なんかしたらワヤですね。商売っ気なさそうなのにも納得がいきました。

furou.jpg


あ~・・・・今日も無事、「何かした気がする」休日でした♪




いいとこ(土岐・多治見・瑞浪) | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する