2010/07/31 (Sat) 岩屋堂公園(瀬戸市)

よく俺と行き先がカブる→倉庫番くん←が先週行ったとレポートしていた瀬戸の『岩屋堂公園』に行ってきました。

本筋とは全く関係ない、どうでもいいような細かい事ですが、彼のレポートを読んで「面白そうな所だな」とは思いつつも、『岩屋堂公園』という固有名詞は全く頭に入ってなかったんですよ。で、それとは別のタイミングでなんとなく道路地図を眺めていたら、『岩屋堂公園』という場所を発見しw、地形的に想像してもこれはきっと良さそうな所だと思ってググッてたら、なんかどこかで見たような景色だな、とw ああ!これは倉庫番くんが紹介してた所だ、と改めて気付いた次第です。とことん行き先の傾向がカブってますね・・・。




予習段階でえらい人気スポットと分かっていたので覚悟して出かけましたが、凄い量の車!正午に到着したので、わずかにあるだけの無料駐車場など全く期待しておらず、速やかに有料駐車場(500円)に停めて歩き始めます。

ウワサの「天然プール(要するに川の事なんですがw)」に辿り着くと、これまた凄い人!人!人!でもまぁプールや銭湯じゃなく川なので、それなりに普通に遊べそうです。が、本能的に人ごみが嫌いなので、少し上流まで進んでなるべく秘境っぽい場所を選んで水着に着替え、Let's try!

iwayado.jpg

iwayado6.jpg

いいじゃん、いいじゃん!やはり川には、プールにはない野趣がありますね。水質は、うーん、許容範囲かな。都会人には十分綺麗なんだろうけど、田舎者の俺にとってはもっともっと澄んだ川が身近にあるもんで・・・。

むすめはもうここで満足そうでしたが、「穴場の神」を自称する俺としては納得がいかず、全く人のいないスポットを求めて、更に上流に進みます。

iwayado2.jpg

で、↑ここがその臨界点。さっきの人だかりが嘘のような貸切状態です。

さんざん遊んでお腹一杯になったところで服に着替え、もう少し先にある『瀬戸大滝』に向かいます。

途中、展望台への分岐があったので、「あとでこっちへ冒険しに行こうね」とむすめに刷り込んでおきました。実は俺の本当の目的は展望台なんかではなく、その先の『元岩巣山』(片道小1時間)だったんですがね。そのために軽登山装備してきたんですからw

ほどなく瀬戸大滝に到着。

iwayado3.jpg

なかなかイイ滝ですね。滝壺がせせらぎ状なのもgood!

で、その帰り、予定通りさっきの分岐から山に登ろうとしたところ、むすめの「疲れたからもう嫌」の声が。一瞬「またか」とイラっとしましたが、よく考えてみると俺自身も相当疲れていることに気付きました。歩いて、水遊びして、興奮して、気付かないうちに疲労が溜まっていたようなので、ここはむすめに素直に従って下る事にしました。

iwayado4.jpg

最後にこの公園の名前の由来である『岩屋堂』と、

iwayado5.jpg

その脇にある『暁明ヶ滝』を鑑賞して帰宅の途につきました。

うーむ。なかなかのグッジョブ公園であった。人がいなければ最高だけれども。





公園・遊び場 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★2/4(土)LIVE@植田BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する