2016/04/30 (Sat) 御殿山→平木山:南西尾根独自ループ (@美濃加茂市)

納古山の南西尾根を歩いていた時に西側に見えた、ド迫力の岩壁を持つひときわ目立つ山塊、気になってたんだよね。あれを縦走できないかな、できればあの岩壁を縫うように攻略できないかな・・・と。

調べてみるとその山の連なりは平木山・御殿山らしく。見事な岩壁は、平木山の南西尾根と、そのもう一つ西側の山腹に岩崖記号があるのを見つけました。

立てた計画は、平木山南西尾根から取り付き、岩壁を攻略、そのまま平木山→御殿山と縦走し、518.4mのピークを踏んだら、その南西尾根から下山、というループ。ところが・・・

160430hrk.png
※GPSを持ってないのでテキトーに線を引きました。

平木山南西尾根に取り付く箇所をうっかり見過ごし、正規の登山道で御殿山に登頂してしまう、小さいループになってしまいました・・・orz とりあえずレポートします。




奥山自然歩道の治田洞駐車場からスタート。

160430hrk1.jpg

大岩壁が迫り、小滝もいくつか。この遊歩道、なかなかいいね。

160430hrk2.jpg

獣の頭蓋骨を拾いました。山の守り神みたいに切り株に乗せておきました。次に見つけた人はびっくりするかなw

160430hrk3.jpg

御殿山にはあっという間に登頂。展望ポイントの岩場から、南側の景色。

160430hrk4.jpg

北側には御岳。そのほか、中央アルプスや恵那山も目視確認できました。

160430hrk5.jpg

ここで昼食でもよかったけど、北側目の前に見えているあの岩場が気になる。

160430hrk6.jpg

その岩場に来てみると、この景色。画像中央の尖ったピークが、これから向かう平木山。更にその奥に納古山と、その長~い西尾根。ここで昼食。

160430hrk7.jpg

平木山までは稜線を歩くだけ。途中の鞍部に石仏が2体。東西に延びる稜線ルートに、南北に延びる古道がクロスしています。治田洞集落と間見集落を結んだものかな。

160430hrk9.jpg

平木山山頂の三角点を少し越えた所にまた石仏が。ここからしばらくは踏み跡とテープ類が続いていますが、やがてどちらもなくなり、藪漕ぎへ。

南西尾根はまずまず痩せているので、ルートファインディングは容易ですが、断崖の上を歩いている実感はほとんどない。岩場にへばりつくように下りるイメージだったんだけどなぁ・・・。岩壁のド迫力を感じるには、その下部を歩いた方が良かったかな?

160430hrk10.jpg

所々で眺望が得られます。眼前には514Pの山。

ほどなく往路で使った遊歩道に合流。

今日咲いていた花は・・・

160430hrk13.jpg

おなじみのヤマツツジ。

160430hrk11.jpg

アルバアオダモ。

160430hrk12.jpg

ウツギの仲間でしょうか。

花の名前にかなり疎いです。正しい名前をご存知の方、教えて下さい(^^)/











登山 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する