2012/07/08 (Sun) 柴田酒造場(a.k.a.孝の司)@岡崎市保久町(旧額田町)

せっかく土岐から岡崎くんだりまで遠路はるばる通勤してるので、いつか岡崎の酒蔵に寄ってやろうと思ってました。その一つがこの柴田酒造場です。以前読んだ→この本←にも紹介されていたから、味の方はある種の保証付きみたいなもんですね。

しかし、いざ訪れてみるとそこは「岡崎」とは名ばかり。市町村大合併で岡崎に編入された旧額田町(The 山奥!)でありました。通勤のついでに寄るというよりむしろ、「わざわざ行ってきた」と表現した方が相応しい感じです。あ、もちろん、山奥は俺の大好物ですがね。




1207knts.jpg

到着すると大雨。しかもデジイチを忘れて撮影はガラケー。うーむ・・・。

1207knts3.jpg

1207knts4.jpg

悪天候ではあったけど、なかなか良い雰囲気なのは分かります。晴れていれば、周辺の良さげなスポットに立ち寄っても良かったかも。・・・いや、出勤前だったから、それはそれで遅刻してはいかんので、余計な誘惑がなくてかえって良かったのかな。

チョー山奥でしたが、売り子さんがちゃんと常駐していて、しっかりした商品説明をしてもらえました。

1207knts2.jpg

ここ神水地区(なんて良い名前だろう)の井戸水は、酒造りに適した軟水なんだそうで、こうして売り場の片隅に水の試飲場があるのも嬉しいね。

今回は『純米吟醸 夢山水生原酒』『純米酒 山』を購入。




ますは夢山水の方から呑んでみました。

1207knts5.jpg

これは驚き!

実に爽やかで、生ゆえに酵母が生きていて微発泡しており、あの『醸し人九平次』と似た系統の印象です。九平次よりはややワイルドであるものの、こんな山奥でこんなに洗練された風味の酒に出会えるとは!いわゆるフルーティ系ですが、香りは控えめなのがイイ。

こいつは売り出し方によっては都会で勝負したら、カリスマ地酒的な人気が出るかも知れないよ。

食中酒としてより、最初の1~2杯呑んで感動、という呑み方がいいかな。

いやはや、素晴らしいです。




酒蔵巡り | trackback(0) | comment(0) |


<<威光醸造(廃業)@岡崎市 | TOP | 八日目の蝉>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1025-2cfb8aa3

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する