2012/08/20 (Mon) 日本の滝100選:田立の滝(@南木曽町)

今年のGW←に、あまりの泥酔と時間的制約、および装備不足により、トレッキングを見送った(要するに最初から登る気がなかった)『田立の滝』に、今度はトレッキング目的で行ってきました。

田立の滝とはいくつかの連瀑の総称で、一番近い「螺旋滝」まで行くのにも遊歩道で50分かかります。遊歩道と言っても趣は完全に登山道であり、最低でもスニーカー、動きやすい服装、そしてなによりも「心構え」が必要です。




・・・と、ちょっと脅してみましたが、最初から登山と思えば初心者レベルです。

120820tdctk.jpg

登山道はこんな感じで、所々に沢も出ていて、快適。

40分ほど歩くと分岐があり、上へ行くと「天河滝(主瀑)」、下へ行くと「螺旋滝」とあります。「螺旋滝」の先には道はなく、つまり、この分岐まで戻ってこなければならないので少々億劫ですが、往復10分ほどだし、是非寄るべきです。

120820tdctk2.jpg

螺旋滝

ぬおー!規模がデカいし、勢いも凄いし、真ん中あたりでクイッとフックしており、カッケーーーー!!さすが「日本の滝100選」、これで「雑魚レベル」とは恐るべし。上流には一体どんなスゲー滝が待ち構えているのやら。




さっきの分岐まで戻り、主瀑を目指します。

120820tdctk3.jpg

こんな吊り橋もあり、飽きさせません。

120820tdctk4.jpg

霧ヶ滝

ぬおー!見事!見た目も綺麗だし、滝壺まで危険を伴わずに最接近できるのが魅力。父娘揃って水しぶきでベチョベチョ!

120820tdctk5.jpg

この霧ヶ滝の滝壺周辺はこんな感じで広く、のんびりできます。二人ともあらかじめリュックに仕込んでおいたサンダルに履き替え、しばし水遊びに興じました。この水遊びが出来る出来ないで、この滝巡りの印象はかなり変わるから、サンダル持参は超オススメです。




これほど素晴らしい滝なのになお、主瀑ではないのか。ホンマかいな?と疑いながらも更に上を目指すとすぐ、あった!あったよ!

120820tdctk6.jpg

天河滝

ぬおー!さすが!主瀑の名に相応しいお姿!さっきの霧ヶ滝も素晴らしかったけど、この天河滝は岩の形状が美しく、神々しささえ覚えます。高さや水量だけではない、岩壁の美しさ。それがこの滝を主瀑たらしめる理由ではないでしょうか。




いやはや、田立の滝、ケタ違いだったわ。いつも俺が見ている近所のミニ滝など全て霞んで見えちまうわー。さすがは「日本の滝100選」。

歩いて1時間もかかるなんて、なんて面倒臭ぇ滝なのかと思いましたが、それがゆえに、気軽には見られず過度な観光化を防ぎ、こうして美しい景観を保っているんだな、と合点。やはりイイものを見たければ、それなりの労力はかけないとね。

さて、この上流にもまだいくつか滝があるんですが、今日はこの後に、むすめが異常に楽しみにしているイベントが控えていたので、タイムアップ。ここで引き返しました。

で、そのイベントとは、コレ↓

120820tdctk7.jpg

水着を用意してきたんだよね。今夏はプールには全く行かず、川でばかり泳いでいたので、川に来て泳がないなんて事はむすめ的にはあり得ないのです。

水がチョー綺麗!チョー冷たい!最高!








滝めぐり | trackback(0) | comment(0) |


<<百春 雄山錦使用直汲み純米無濾過生原酒(小坂酒造場) | TOP | ニコルデカ!mix down完了!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1051-294284bb

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する