2012/09/10 (Mon) 石川酒蔵訪問③:福光屋(a.k.a.加賀鳶)@金沢

お昼に寿司屋で呑んだ酒(「黒帯 悠々 特別純米」「福正宗 加能山河 純米」)はいずれもこの蔵の酒でした。

石川県内の酒蔵ではダントツの醸造量を誇るそうです。県外に住む者としては、石川の酒と言えば菊姫と天狗舞ぐらいしか知らなかったのですが、地元で圧倒的に支持されているという事でしょうか。それほどの醸造量にも関わらず、その全てが純米以上、というのは驚きです。

120826skgr5.jpg

蔵はアーケード街にあり、外観はめっちゃオシャレ。売店では上下黒の制服でキメたお姉さん二人がにこやかに丁寧でプロっぽい接客をしてくれました。俺が今まで訪れた事のある蔵の売店の中ではぶっちぎりの洗練度。もちろん、俺は昔ながらの雰囲気を残した蔵が好みなんですが、そういう好みは置いといて、これは素晴らしいと言わざるを得ませんね。

商品のラインナップも多種多様で、ライトユーザーや女性(要するに酒呑みのオッサン以外)にもかなりウケそうです。

個人的にはオーソドックスな日本酒にしか関心がないので、その点においては今はやはり時期が悪く、定番の火入れ酒ぐらいしか選択肢がありません。

120826skgr7.jpg

福正宗 金沢涼風 純米吟醸 生貯蔵酒 金沢酵母仕込み

普通に飲みやすく美味いんですが、やはり生貯蔵酒ってつまんないです。この蔵の酒が特にどうこう言うつもりはなく、生貯蔵酒全般に俺が抱く感想です。こんな事なら、いっそのことド定番である加賀鳶の火入れ酒にしとけば良かったかな~・・・。




この時期って、ホント、呑む酒に困ります。大抵は「夏」のイメージを意識した軽めの生貯蔵酒が多くてね。

「生貯蔵酒」って、「生」の字を含んでいるけれども、生の状態で貯蔵したというだけで、出荷前に火入れしてますから。本当の生ではなく、かといって熟成感もなく、中途半端。

やはり俺は酒といえば、フレッシュで荒々しい「しぼりたて」系か、柔らかく滑らかに熟成した「ひやおろし」が好きですね。

「古酒」というシブい選択肢もあるけれど、初めて飲んだそれが、最悪の「老ね香」を放っていて、しばらくはそのトラウマから抜け出せそうにありませんorz






酒蔵巡り | trackback(0) | comment(0) |


<<パンチドランク・ラブ(ポール・トーマス・アンダーソン監督作品) | TOP | 石川酒蔵訪問②:橋本酒造(a.k.a.大日盛)@加賀市>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1063-79e0f04b

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する