ソーシャル・ネットワーク(デイヴィッド・フィンチャー監督作品)

主な登場人物がどいつもこいつも「お喋りクソ野郎」な映画。

ssntwk.jpg

フィンチャーと言えば「セブン」「ファイトクラブ」あたりの先鋭的な演出によるサイコ・サスペンスのイメージが強いけど、「ゾディアック」からちょっと作風が変わったかな。同じように実話を題材にしながらも、ほとんど話題にならなかった(でも俺は支持するけど・・・)「ゾディアック」と違い、こちらはクソ野郎どもが異常に早口でテンポが良く、何よりも主人公が今世界で最も注目される人物である点で、話題性も評価も段違いに高い。

この路線でのフィンチャー演出もこなれてきて、なかなかの佳作と思うけれど、アカデミー作品賞を争うようなもんかと考えると、なんか違うよなー。やっぱフェイスブック人気に依るところが大きいと思うね。なので、この映画で一番関心するのは、その後の訴訟とかを恐れず、大企業の内幕をこれだけ嫌味たっぷりに描き切り、なおかつ、エンターテイメント性も両立した点。

そんな「嫌なヤツ」演出でたっぷりと2時間描き切った挙句、ラストシーンで、主人公がフラれた彼女とつながりたくて「友達申請」した後、フェイスブックを数秒おきに覗いてしまう、という救いのある表現でトドメを刺すあたりも、秀逸。ニクいね!

ぐいぐい引きこまれます。面白くて二度観ちゃいました。




コメント

非公開コメント

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★7/8(日)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索