2012/11/26 (Mon) web上での情報ゼロ!旧飯地坂(序章)

恵那市は木曽川沿い、武並橋と笠置峡の間の下河合の集落に、そそられる物件を発見。

121119ids2.jpg

下河合のバス停。リアルかかしのおばさんが立っていますが、これの事ではありませんw

その名も『旧飯地坂』

121119ids4.jpg

※クリックすると拡大します。

この下河合を始点に、飯地高原まで続いているようで、その周りに28もの遺構があるそうです。

121119ids3.jpg

始点付近はこんなイイ感じのロケーション。

121119ids5.jpg

上記説明板の「1番」龍現禅寺跡

121119ids.jpg

※クリックすると拡大します。

121119ids6.jpg

ここから、山中に向かって道はのびています。ワクワクしますが、この日の目的はあくまで黒瀬街道だったので、今回はここまで。帰宅後にググってみても、一件もヒットせず!つまりこれがweb上での最初の紹介w いずれきっと出直します!


街道・古道を歩く | trackback(0) | comment(2) |


<<珍景☆リアルかかしアート@恵那市笠置町姫栗切山 | TOP | 奥播磨 超辛 純米(下村酒造店@兵庫県姫路市)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


古道 河合坂2 

 早速の回答をありがとうございます。この記事の三枚目と最後の写真はいいですねえ。最後の写真などは、ああこの道を辿って、あそこのコブの向こう側まで行くんだな、、、と、なにか楽しくなりますね。実は今年の正月に、下河合の東のはずれにある、長い石段をもつ河合神社から尾根と谷伝いに、路傍に馬頭観音があったり、所々で石垣が続いたりする、窪んだ道を辿って飯地に行ったんですよ。帰りは貴兄同様、往路を戻りたくないので、送電線の巡視路を下ろうと、漸く入り口を見つけて鉄塔(85)に出たまでは良かったのですが、そこから次の鉄塔への巡視路を見つけることができず、強引に下って行くと立派な幅広の道を横断すると、まもなく次の鉄塔(86)に出たのですが、その横断した道が、貴兄の歩かれた古道河合坂だったのですね。巡視路を採られなかった貴兄は、強運の持ち主だと思うし、古道だと知らなかった私は、運がなかったのだとおもいます。黒瀬街道も読んでみますね。

2013/01/11 13:31 | float cloud [ 編集 ]


Re: 古道 河合坂2 

>路傍に馬頭観音があったり、所々で石垣が続いたりする、窪んだ道

これも古道の類ですか?萌えますね~!

ところで、float cloudさんって、いくつかの山関連のサイトにコメントや書き込みをされてる方ですよね?僕も、原付で東濃の低山を登っている方のブログはちょくちょく拝見してますよ。それにしても皆さん、お詳しいですね!凄いです。

因みに、 float cloudさんがそこで言及されていた「二等三角点:浅野」ですが、当ブログにもその探索記がありますよ。
http://eyk.blog107.fc2.com/blog-entry-514.html
でも僕はあまり知識がないので、あくまでライトユーザー的なノリですけど・・・。

2013/01/12 02:18 | EYK@ニコルデカ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1107-b94b4a78

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する