2013/06/16 (Sun) 全国各地から三本

ご近所の蔵の酒を呑んだ後は、遠い遠い所の酒を。




130615bassyu.jpg

抜酒 (bassyu) ver.2013/06 (小嶋総本店@山形県)

酒のプロが目隠し状態で本当に旨い酒を選ぶ「抜酒」。この企画についてはこちらの→過去記事←をご覧下さい。

はずすという事がまずあり得ない「絶対安心企画」だし、未知の旨い酒に出会う絶好の機会なので、これを知ってから毎回購入して呑んでいます。

今回選ばれたのは、小嶋総本店@山形県の純米大吟醸。純大吟が四合瓶で1500円を切る、ってのも凄いコスパの高さですね。

純大吟だけど、これみよがしな吟醸香はせず、あくまで控え目。純大吟らしいキレイさを持ちながら、よくありがちな甘ったるさはなし。純吟や純大吟って、甘く感じるものが多くて、一口目の感動は凄いんだけど、食中酒として杯を重ねる気になるものがあまりないなぁと思ってたんですが、この酒は飲み飽きせず、グイグイいけます。甘・辛・酸のバランスも良い。

おかげで既に底をつきかけており、今こうして焦って、なくなるまえに感想を書いているところです。

ここ東濃地方で抜酒を買えるのは、瑞浪の大竹酒店さんです。




130525bnkjn.jpg

文佳人 夏純吟 (アリサワ醸@高知県)

この辺ではあまり見ない高知の酒。どちらかと言うと保守的な酒呑みである自分は、普段だったらまず手に取らない類のラベルデザインとネーミング。でもこれを買った日はなんとなく冒険がしてみたかったのさ。

日本酒業界も、いかにライトユーザーに日本酒を飲んでもらえるかで試行錯誤していて、オンザロックなんて言う飲み方提案なんかはその最たる例。でもさすがに俺にはそれは無理w

オンザロックはしないまでも、この鮮烈な酸味と発泡ぶりはまさに夏の酒。よくありがちな、おざなりな生貯蔵酒の「生」の文字だけ強調して生酒っぽく見せかけ、夏向けの酒として売り出すようなものとは一線を画し、この酒はその味そのもので強烈にさっぱりした「夏酒」を表現していると思います。




130615krus.jpg

黒牛 生酒 無濾過 (名手酒造店@和歌山県)

熊野古道歩き←の時に、紀伊勝浦で買ってきた和歌山県の酒。

火入れの純米酒←は以前ここで絶賛した事があり、それの無濾過生酒ということで、否が応にも期待が高まります。

・・・で、呑んだ感想は、「若いっ!」。こりゃ若すぎます。冷蔵庫でしばらく寝かせとけば良かったかも、って感じですが、そんなの飲んでみないと分からないしね。そしてやはり、開栓後二日ぐらい経過すると少し落ち着いてきた感じ。

日本酒ってやっぱ、生き物だねー!






日本酒 | trackback(0) | comment(0) |


<<酒を育てる | TOP | 小学生女子選手が過去最多に!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1203-5e6ca372

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する