2013/06/07 (Fri) 熊野古道視察隊『熊野おやじ』(【前編】小雲取越)

我が社の毎夏の新入社員研修の内容が、今夏は「富士登山」から「熊野古道踏破」に変わり、このたびそのコースの下見視察隊「熊野おやじ」が結成され、その一員として本番さながらに熊野古道を歩いてきました。

新宮からバスで請川まで行き、そこから「小雲取越」を南下、小口の集落で一泊し、二日目に大雲取越を南下、那智大社をゴールとするコース。




11:34ワイドビュー南紀が新宮駅に到着。12:15発のバスに乗ります(バス運賃1320円)が、電車もバスも本数が少ないため、これ以外の組み合わせはありません。時間厳守!

駅前すぐの食品スーパー「オークワ」で水や非常食(カロリーメイト、パン、菓子類)が買えます。水は最低2L必須。

バスの出発までに全員各々昼食をとっておく必要があります(電車内や待ち時間で)。我々視察隊はバス内で弁当を食べましたが、研修本番は20人の大所帯、全員は座れないので、バスに乗る前にとること。

バスは1時間弱、山道を走るので、乗り物に弱い者はあらかじめ酔い止めを飲んでおくこと。さもないと↓こうなります。

130605asanu.jpg

↑さっきまではしゃいでいたのに、急にグッタリするメンバーあさぬ

13:11請川に到着。小さなコンビニとトイレがあります。コンビニはあくまで、買い忘れた物の補充程度に考えた方が良いです。20人分の物資がここで買えるとは思えませんので。

130605kmn.jpg

それでは13:30、スタート!(※画像左側は視察隊隊長:しまぎゅー氏)

初日のコース「小雲取越」の所要時間は5時間。我々も休憩を長めにとって遅めのペースで歩きましたが、それでも本番は5時間半と考えた方が良さそう。

130605kmn2.jpg

1時間強歩いて、第一の休憩所「松畑茶屋跡」。休憩中、反対側からトレランの男性が走ってきました。聞けば、那智駅からここまで走ってきたそう。バケモノじみた体力ですね!

休憩後30分程度で、今回のコース中で随一のビュースポット「百間ぐら」に到着。

130605kmn3.jpg

どこまでも続く紀伊の山並み。もののけ姫が住んでいそうな絶景で、のんびりしたいところですが、スペースは狭く、20人が一斉にここで休憩するのはどうだろう?一工夫が必要かな。この百間ぐらから15分ほど下った所にトイレも休憩所もあるので、大人数ならそこの方がいいかも。

その休憩所から登り1時間弱で桜峠

130605kmn4.jpg

我々はここでコーヒータイムとしましたが、やはり道幅はそんなに広くないので、本番はもう少し我慢して、10分下った所にある「桜茶屋跡」の休憩所が良いでしょう。

130605kmn5.jpg

ここの方が広いし、眺望も得られますから。

130605kmn6.jpg

桜峠を越えれば、あとは小和瀬の集落まで下り。↑画像は「尾切地蔵」

初日の「小雲取越」は、アップダウンは緩く、体力的には心配いらないでしょう。驚くほど遺構の類が少なく、熊野古道のブランドがなければただの山道といった風情です。眺望もほとんど得られず(「百間ぐら」と「桜茶屋跡」の二箇所のみ!)、いかに想像力を働かせ、太古の昔の神々に思いを馳せて歩くかが、楽しむポイントになりそうです。

小和瀬から、宿泊地である小口までは、しばらく舗装道路を歩きます。

130605kmn7.jpg

途中トンネルがあり、本来はそのトンネルの上を古道が伸びているのですが、我々はその古道への入口を見落としてしまい、トンネルをくぐってしまいました。本番は見落とさないようにしたいです。(↑画像はそのトンネルすぐ横の廃トンネル。廃墟好きあさぬが記念撮影。)

18:30小口自然の家に到着。廃校になった中学校を改装して営業されています。

130605KOGUCHI.jpg

夕食は思いのほか豪華(立地や施設名から、もっと簡素なものをイメージしていました)。ごちそうさまでした!

バスタオルは無料で貸してもらえました。川のせせらぎが聞こえる、最高のロケーションでした♪明日は5:30起床、6:00朝食。早めに寝ましょう。



~後編につづく~






街道・古道を歩く | trackback(0) | comment(0) |


<<熊野古道視察隊『熊野おやじ』(【後編】大雲取越) | TOP | 延々と続く笹野原をトレラン:富士見台~横川山>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1206-6375254b

| TOP |

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/30(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★年内のライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する