2013/09/08 (Sun) 『荒野ノヒカリ:愛岐トンネル群アートプロジェクト2013』に行ってきたよ。

以前から行きたい行きたいと思っていた愛岐トンネル群。でも、その存在はあまりにメジャー過ぎて、しかも公開時期が限られています。自分が「廃トンネル」というものを探索する時は、例えば→日帰トンネル←のように人知れず草木に埋もれているものを藪をかき分けて行く、というスタイルが好みなのですが、その点この愛岐トンネル群はどうしても、「予め用意された公開日に群衆に紛れて訪れる」スタイルになってしまうため、今までなかなか食指が動かなかったわけです。

それが今回、「あいちトリエンナーレ」の関連企画として、この廃トンネル群を舞台にアートイベントが開催されるとあって、ようやく重い腰が動いたというわけです。




『荒野ノヒカリ』公式HPは→コチラ←。

その公式HPの見取り図でも分かる通り、スタート地点はJR定光寺駅。目の前には「白骨死体が発見された伝説の廃墟」→千歳樓←があり、むすめも到着するなり「あー、ここか」と思い出した様子。

廃線跡に上り、まず目の前に現れるのがこの3号トンネル。

130907koya.jpg

アンティークの風格たっぷり。イイネ!

そしてこの3号トンネル内で展示されているのが占部史人の作品。

130907koya2.jpg

130907koya9.jpg

あ、これ、→佐久島←で見たやつやー☆




川原に作られた子どもの秘密基地のような佇まいの丹羽康博の作品。

130907koya3.jpg

この日のむすめはなぜだかノリノリで撮影モデルをやってくれましたわ。その日の気分次第と言うことか・・・。




山田亘のサウンドアート。

130907koya8.jpg

ブログではその肝心の音をお伝えできないのですが、このブランコの辺りで、正体不明の不穏な声が聞けます。




5号トンネルの壁面に映写された野村幸弘の作品。

130907koya5.jpg

この日は曇りでしたがとても蒸し暑く、トンネル内のひんやりとした感じがまるでオアシス。しばしベンチに座って鑑賞しました。(むすめは爆死)




6号トンネルではパフォーマンス・アートの準備が行われていました。別途料金1000円が必要なのと、時間的余裕もなかったので、音響と照明のチェックだけ眺めさせてもらって通過。

130907koya10.jpg




このイベント、片道1.7kmあり、同じ道を往復するのですが、それを最初にむすめに伝えるとグズると思ったので、詳しい事を教えずに騙して連れて行きました。で、真相を知ったむすめ、案の定復路でグズり出す。

ちょうどいい所に「マルシェ」と呼ばれる飲食店ブースの広場があり、ここでシフォンケーキを食わせて誤魔化す。

130907koya7.jpg

玉野川渓谷の眺望が得られるビューポイント。むすめも少し落ち着く。

これがマルシェの屋台。資材提供は交告製材株式会社さん(知人)。

130907koya6.jpg

マルシェの一つ→「コクウ珈琲」←さん(知人)は、この日は残念ながらお休み。

知人がちらほら絡んでいるのも、ローカルイベントの醍醐味!




ところで、この日道中ですれ違った他の観客は、ほぼ2種類に分類されます。「若い女性グループ」と「でかいカメラをぶら下げた年配男性単独」。前者はこのイベント目的で、後者は廃トンネル群の解禁目当てと見て間違いないでしょう。分かりやすいw!

130907koya4.jpg

アートだけでなく、産業遺産を見る目で見ても楽しめますね。







アート | trackback(0) | comment(2) |


<<パリパリ本格♪ 石窯ピッツァ moon@多治見市市之倉 | TOP | 今日も取材デス。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


愛岐トンネル 

FB にも書きましたが、メチャ行きたいんですよね。
しかし、日程が…。しかも今めちゃくちゃタイトな日々を送っていて、
今日もオーバーワーク(涙)。
たった今帰宅です。
なんと今日で10勤目(/´△`\)。
たぶん観れないなあ…

羨ましいですう(´O`)°゜

2013/09/09 01:03 | ぼの [ 編集 ]


Re: 愛岐トンネル 

会期は10/27まであるんですが、それでも行けなさそうだなんて、大変なお仕事ですね・・・。
そう言えば最近はポタリング記事も更新されてないようですし・・・。ご自愛下さい!

2013/09/09 08:59 | EYK@ニコルデカ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1270-5b481b70

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する