【そうだ 京都、走ろう。】③鞍馬寺境内をトレラン

薬王坂を歩き終えると、そこは鞍馬寺。鞍馬天狗や牛若丸(源義経)の伝説で有名な場所ですね。鞍馬天狗と言えば、以前犬山市の→某B級スポット←を訪れた事がありますが、それに比べこちらは俄然ホンモノの風格。

イメージ通りの山中の寺なので、少々歩く必要があります。けっしてトレランがしたかったわけじゃないのですが、スタートの遅れや雨宿りのロスで日没が迫っているため、自ずと小走りになってしまいます。

131112krm.jpg

それでは、仁王門付近に自転車を停めて、スタート。

131112krm2.jpg

由岐神社。拝殿が左右に分かれていて「割拝殿」と言うそうです。奥に杉の大木が覗け、面白い。

131112krm3.jpg

本殿金堂前の長い石段。軽い観光のつもりで訪れた人には結構キツいと思います。

131112krm4.jpg

本殿金堂からの景色。ここで標高410m。多くの観光客はここで引き返しますが、奥の院への道はまだまだ続いています。

131112krm5.jpg

義経堂

131112krm6.jpg

木の根道。岩盤が硬いため、木の根が地表に露出しています。

131112krm7.jpg

魔王殿という萌える名前の奥の院。

131112krm8.jpg

木々はグニャグニャ曲がっています。鞍馬天狗が出てきそうな雰囲気の演出に一役買っているね。

坂を一気に下ると、貴船神社に到着ですが、それをお参りした後、なんと同じ道を登り返すのです。今思えば、スタート地点まで車道を走った方が絶対楽だったと思うけど、その時は車道を走る方がなんとなく雰囲気的に気が進まなかったんだよね・・・。




コメント

貴船神社、大好き。
近いうち、行きたいと思っています。
鞍馬寺にもいけるといいけどな。
もちろん文明の利器を利用して♪

Re: タイトルなし

鞍馬寺から貴船神社まで、片道だったら歩いている人はちらほらいました。
みんなどうやって鞍馬寺まで戻るんだろう?
貴船口駅まで歩いて、そこから電車なのか、はたまたタクシー?
非公開コメント

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★7/8(日)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索