2013/11/23 (Sat) 下麻生城址に登った。そして無理やり縦走してきた。

川辺町下麻生駅近くの酒蔵→平和錦酒造←のすぐ真裏にあるド迫力の岩稜、あれって登れないのかな・・・と以前から気になっていたのですが、古い知人の→float cloudさん←から「登れる」との情報を得て、このたび行ってきました。

131121smas.jpg

飛騨川対岸から見るとこう。画像真ん中の三つの山塊。一番右が下麻生城址なのだそうです。ルートについてはfloat cloudさんのブログを参照いただくとして、ここでは感想だけ述べます。

131121smas2.jpg

起点は臨川寺。このような標柱が立っていて、まるでここが城址みたいで紛らわしいですねw 

131121smas3.jpg

寺のすぐ脇の沢沿いに登って行くとやがて滝があります。規模は小さいけれど、なんだか趣がある。ここを右に巻いて登ると・・・

131121smas4.jpg

岩を削って作った階段。これ、カッコイイ!

またしばらく沢沿いに行くと、沢が二手に分かれるポイントで、真左の尾根に取り付きます。ここが今回一番の急登。

131121smas5.jpg

もうすぐ稜線に出そう、って所で上を見上げると綺麗な紅葉。この中に突入するとすぐ稜線。踏跡は明瞭。T字を左へ。

するとすぐ、古い建物と、その脇に沼があり、建物の左手を登るとそこに秋葉神社が。

131121smas7.jpg

気持ちのイイ場所で、樹間から展望が得られます。ここで昼食。

またさっきの古い建物に戻ると、左方向へ下る道がついていますが、このままもう少し稜線を先に行けば展望が得られるかも、と思い行ってみるとビンゴ!

131121smas6.jpg

今登っている岩稜の裏手にある、わりと大きな山が眼前にドーン!

そして先程の下へ下る道を行き、少し登り返すとそこには・・・

131121smas8.jpg

キレット キタ━━━(゚∀゚)━━━!

131121smas9.jpg

絶壁の真下には平和錦酒造の屋根がw

131121smas11.jpg

悠然とうねる飛騨川。

131121smas10.jpg

絶景かな 絶景かなー♪

さて、どうするかな、と。ここで恒例の「来た道を引き返すのがイヤイヤ病」を発病。眼下を覗くと林道が見えるぞ。結構近いじゃないか。このまま尾根を下りるだけじゃん。

というわけで、道無き道を、時には岩にへばりつき、時にはザレをズリ落ち、時には藪を漕ぎながら、まぁなんとなく林道に無事着地。

その足で平和錦酒造を訪れ、蔵元と女将さんと歓談し、酒を買って帰りましたとさ。その時の事や酒についてはまた後日・・・。







城巡り | trackback(0) | comment(2) |


<<もはや絶対的存在:穴弘法@土岐市2013 | TOP | 多治見新名所:生田公園の紅葉>>

comment











管理人のみ閲覧OK


よく通るのですが、 

知りませんでした。
是非行ってみたいです。

2015/01/26 23:07 | mag [ 編集 ]


Re: よく通るのですが、 

magさん、はじめまして。

ルートが分かりにくいと思いますので、文中にリンクを貼ったfloat cloudさんのブログ記事をよく参照いただき、お気をつけて行ってらっしゃいませ!

2015/01/26 23:32 | EYK@ニコルデカ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1324-401f3843

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する