もはや絶対的存在:穴弘法@土岐市2013

ここらへんの紅葉スポットとしては最早別格、絶対的存在である穴弘法。今回は「こだわりの自宅」つながりであり、また「珍物件好き仲間」である→かれかれとうまさん←ご一家と同行しました。

131124ankb.jpg

ご長男くんは、非日常的なシチュエーションだったからか、「男子スイッチ」オン状態。いつか池にドボンするのではないかとハラハラドキドキワクワクして見てましたが、なんとか落ちずに済みました。

この穴弘法、もう何年も通ってるし、逆さモミジのシンメトリーが完璧だって事は分かってるし、毎年ブログにもあげてるしで、今更普通にレポートしてはつまらないので、

131124ankb2.jpg

こうやっておかしな構図で無駄に撹乱してみたりしちゃうよ。

131124ankb3.jpg

穴弘法を別格の存在たらしめているのは、その見事な逆さモミジだけではなく、この石仏群の存在。ボランティアの方にローソクを手渡され、消えかかった燭台に新しいローソクを立てる、という作業に参加させてもらえる。この当事者意識をくすぐる粋な演出がまたたまらない。

有志の方々には頭が下がる思いです。




穴弘法巡礼を終えると、大宴会\(^o^)/ お互いが手料理を持ち寄る、というスタイルは前回の→洞窟祭り←と同様。カミさんは昨日からご馳走の研究に余念がない。今日は昼ごろからずっとキッチンに立ちっぱなし。心して食べさせていただきますm(..)m

先方から既に「ラザニアを持参」と打診されていたので、こちらもイタリアンで対応。酒はワインを用意しようかと思いましたが、日本酒でも合うような気がしてならなかったので調べてみたらやはり、成分的に考えても相性はバッチリだそうで、俺らしく日本酒で臨みました。

・・・が、飲み食いお喋りに没頭しすぎて、料理がズラリと並んだ壮観な絵面を撮影するタイミングを完全に逸しましたorz

131124ankb4.jpg

宴も後半になって出されたピザをなんとか撮影。ラザニアも肉料理もなんもかも撮り逃しましたが、ゴチでした!大変美味しゅうございました\(^o^)/

話題は多岐にわたりましたが、何と言っても自分にとっては唯一の「凄い建築家に家を建ててもらったお仲間」。先方の建築家:服部信康氏と、我が家のS氏とのスタイルや進め方の違いがあらわになり、とても面白かった!当たり前の事かも知れませんが、建築家もいろいろなんだ、と。

また今後も、珍景・絶景を口実に、こうやって親交を深めたいと思います♪






コメント

穴弘法

穴弘法のもみじのライトアップを始めた当初は、各石仏脇のローソクは、和紙の小さな筒に入れられていたのに、この画像のように剥き出しでは、風情が格段に落ちますねえ。

Re: 穴弘法

恐らく、小さな子どもでも気軽にローソクを継ぎ足せるように、って配慮ですかね・・・?
当ブログには2008年からの穴弘法の画像記録がありますが、2008年の時点で既にローソクはむき出しのようです。
非公開コメント

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★7/8(日)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索