2014/01/02 (Thu) 正月の風物詩:箱根駅伝ウォッチング

本日ようやくお休みをいただきまして、今日と、明日の午前中が自分にとっての「正月休み」であります。

毎年この日にやることは決まってまして、14時まではテレビにかじりつき、箱根駅伝鑑賞であります。基本的にテレビ嫌いの自分が、のべ10時間もテレビにかじりつくなんてのは、この時しかありません。

140102hkn.jpg

番組のスポンサーはサッポロなので、本当は黒ラベルが飲みたいところですが、冷蔵庫にあるのがサントリーのプレミアムモルツと、アサヒのブラックでしてね(いずれもいただきもの)。

妻子は、毎年この日の俺には全く何も期待できないことを知ってるので、共同作業でクッキーを焼いております。

毎年大過なくこの時を迎えられることって、ありがたい事です。一見、どこにでもあるような平凡な家族の風景のようでいて、凄く生きづらくなってきた現代日本にあっては、実はとても貴重な事ではないかと。バカボンのパパと同い年になった俺は思うのです。




箱根駅伝。駅伝という競技は、国際的には完全にガラパゴス競技で、日本の長距離界の低迷の原因は、駅伝の異常人気にあるとも言われてますし。「関東限定大会じゃねーか」と言う声もありますし。その意見は確かにその通りで、真っ当な反論などできないのですが。とにかく毎年、大の大人が夢中で見てしまうという、理屈を越えた面白さがあるんだよね。

これを単なる「スポーツ/競技」と捉えると、明らかに5区の山登り区間のウエイトが大きすぎ、要改善と思うのですが、しかしながらもうどう考えてもこの5区が一番面白いのであります。きっと多くの人はこれを「ドラマ/エンタテイメント」と捉えて見てるのだと思います。

本日の往路の結果は東洋大の優勝で、メディアの扱いも設楽兄弟の活躍の事ばっかりですが、俺はそうは思わなくて、実質的には「駒沢大が総合優勝に一歩近づいた」と捉えています。東洋大をはじめ、ほとんど全ての大学は、主力選手をあらかた今日の往路につぎ込んだわけですが、駒沢は明日の復路にエースの窪田を残しているのです。

駒沢は今シーズン、「出雲」と「全日本」を制しており、優勝候補筆頭。続く優勝候補2番手の東洋大としては、エースの設楽兄弟を両方往路で使い切った以上、往路で2~5分の差をつけておかないと総合優勝は難しいのでは、と思っていました。それが結果59秒差しかなく。

駒沢は2区の準エース級が足の不調でやや誤算だったものの、心配していたブレーキにはならず、未知数だった5区の2年生が予想以上の頑張りを見せて帳消し、順当じゃないでしょうか。

優勝候補3番手であり、前回覇者の日体大は、そもそも気合と根性がウリのチームで、昨年のような悪条件の中でこそ光るのであって、今回のような好条件では実力通りの結果になってしまうと思います。

そういうわけで、明日は駒沢の大ブレーキや窪田の不調がない限り、駒沢の優勝と予想します。そして、優勝争いが東洋・駒沢の2校に絞られた以上、シード権争いをはじめとした「その他のドラマ」に期待します!











エンターテイメント | trackback(0) | comment(0) |


<<初詣@桜堂薬師(瑞浪市) | TOP | 2013年を総括する。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1346-a9512218

| TOP |

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/30(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★年内のライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する