2014/01/23 (Thu) ユッスー・ンドゥール『ネルソン・マンデーラ』

ミケルの活動←をYOUTUBEで追っているうちに、なんだか西アフリカの音楽が聴きたくなってきました。が、CD倉庫を探るも、アフリカ音楽全体でも50枚強しか持っていないことに気づく。これが西アフリカの、となると更に少なく、ガンビアの音楽に至っては一枚もない。更にだな、50枚強しかないのに、フェラ・クティが10枚、ユッスー・ンドゥールが8枚を占めてるわけだから、いかに自分がこのジャンルに弱いかを露呈してしまったわけです。ドラマーなのに、お恥ずかしい・・・。

仕方がないので、なるべくそれに近い傾向のものを探すことになるわけで、そうなるとガンビアのお隣の国セネガル、必然的にユッスーのCDから選ばざるをえない。彼のキャリアの後期には“Nothing's In Vain”というアコースティックな秀作がありますが、今はパーカッシヴな音が欲しい。また、最高傑作の誉れ高く、自分自身も最もよく聴いた“Set”という選択もありますが、これは彼が欧米をはじめとした全世界に打って出た記念碑的作品で、音の欧米化がやや気になる。

本当は、初期に現地のみで、カセットテープで発売されていた作品群が原初的で良いと、マニアの間では評判らしいですが、そんなもん持ってるわけないし。結局、持ってるやつで一番古いCDを引っ張り出してくる事に。

140122youssou.jpg

YOUSSOU N'DOUR / “NELSON MANDELA”

タイトルから明らかなように、ネルソン・マンデーラに捧げられた作品。全世界全人類がご存知の通り、昨年12月に亡くなった偉人なわけで、これを今引っ張り出してきたのはある意味タイムリーかも(歌詞は何歌ってるか分かんないけどね!)。

アフリカン・パーカッションはふんだんに入ってるけれども、そうは言ってもやはりこれも音の欧米化が既にかなり進行してまして。今の気分を満足させるには、国や地域にこだわらず、音の傾向で選んだ方がよいかもなー。

ともあれ、そういう今の気分を考えなければ、普段ロックやポップスを聴き慣れた人にも自然にアフリカ音楽の魅力を知らしめてくれる好盤。もちろん、ヴォーカルのリズム感や声の張りは超絶的であります。





ワールド・ミュージック | trackback(0) | comment(0) |


<<ニコルデカ初!YouTubeにライヴ動画をアップしました♪ | TOP | ミケルとの文通>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1362-11176203

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する