2014/02/07 (Fri) 中街道「柄石峠」へちょこっとトレランのつもりがハーフマラソンになってまった。

いつもの「若人の丘」を起点に藪道を鬼岩方面に走り、中街道(中山道と下街道の間の脇往還)に合流し、「柄石峠」にタッチして再び藪に入り、スタート地点に戻る、という1時間程度のループ・コースを設定したのですが、見事に道が分からなくなりましたorz

140207_145507.jpg

これが柄石峠近くにあった馬頭観音。柄石峠自体には峠を示す標識などは一切なく、どこが峠なのか分かりづらい。恐らく、自分が藪道から舗装道に合流したあたりがそうかと思われます。

で、ここから再び藪道に戻るポイントが分からないまま、気持ちがいいのでチョーシこいてそのまま舗装道をグングン走ってしまう。

140207_150231.jpg

常柄の春日神社道祖神。もうこの辺で完全に道を間違えたと確信。

140207_150547.jpg

春日神社の社の奥に更に続く鉄塔巡視賂を少しだけ登るとこの光景。えらいとこまで来てまったー。この辺で1時間ぐらいだったかな、確か。

何が不安って、金も水も一切持ってない事。でもまぁ携帯だけは持ってるし、いざとなったらカミさん110番だな、と腹をくくってグングン進むと、「ようこそ日吉町へ」の大看板が。日吉て!2時間コースを覚悟。

140207_153941.jpg

明世町を通過し、国道19号に合流。

国道を嫌ってすぐさま定林寺の町へと続く街道筋に入り、定林寺の町中から定林寺湖への直登ルートに突入。

140207_160351.jpg

この登り返しがキツい!なにせ、平地から若人の丘に一気に登るんだもの。そしてここで懸念していたハンガーノックが。腹が減って体が動かん。でも、もう少し!

140207_160718.jpg

・・・と思ったら最後の最後にこの巨大な堰堤階段orz もちろん知ってはいたんだけど。もう、絵的に笑えてくるよね。

全行程2時間ピッタリ。もうこれ、ハーフマラソンの領域、ってゆーか、半分はトレランなんだから、ハーフマラソンよりキツいよね、絶対。水分補給0なのもイタい。でもまぁこれで、平地のフルマラソンは多分普通にイケるな、と思いました。






ジョグ/トレラン | trackback(0) | comment(3) |


<<聖地:五色園 | TOP | 招き猫とともに~11時間耐久 漢(オトコ)の呑み会~>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

これを読んで、驚き桃の木サンショウの木。明日、青少年活動センターから高等職業訓練校、点名・松野357.5M4等北西の分岐、柄山峠、その東の点名・西山377.9M、柄山峠、点名・松野南東の分岐、定林寺湖北のキャンプ場、青少年活動センターと周回するつもりです。もしかしたら、ラッセルかも・・・。

2014/02/08 19:09 | float cloud [ 編集 ]


 

それは奇遇!
いつもトレランでは、この辺り一帯に張り巡らされた踏み跡を行き当たりばったりで走るのですが、一番気に入っててよく走るコースは、園戸池北の破線(尾根)から取り付き、点名・松野を通過、337.1の点を通過、定林寺湖から、その北の池まで登り返す・・・というものです。
因みに、柄「石」峠ですね。
珍しく近場の山歩きかと思いきや、ラッセルとは(笑)

2014/02/08 22:50 | EYK@ニコルデカ [ 編集 ]


柄石峠 

そのお気に入りのコースは、素晴らしいと思います。園戸池北からの破線は、始め小沢沿いの、池塘点在するカヤトの湿地の中を行くと、尾根をほぼ登り詰めた所で、左のごくわずかな扁平な盛り上がりに「愛宕大権現」の碑があって、間もなく向こうから来た林道に出るかと思います。分岐は右に入ると、以前(2002.3.21.)は境界尾根から林道が出合い、またすぐ破線をトレースして北から林道が出合っていましたが、今回は既に藪化していました(今回は、地科学研究センターと職業訓練校の敷地をフェンス沿いに右回りで回り込んで、信号「次月」からの車道にでました)。
点名・松野東からの破線は、分岐からそれをトレースして北に入ると、二つ目の360Mコブから破線を北東に離れ、100M程先から谷を破線の東に並行するように下ると、途中、沢沿いとなり、最後に右に並行していた尾根の尻を回り込むと、地図のように実線にではなくて、いきなり東向きとなった二重線に出ました。傍らに松野鳥獣保護区の見取り図。東10M程で柄石峠頂上。さらにゆるゆると下り勾配で東へ100M程行って見ましたが、頂上からは夥しい竹が雪で倒れていたせいか、石仏は見つかりませんでした。
点名・西山は、頂上から斜面を北に登って尾根に乗ると、これを西進して登頂。
帰路は、337.1M4等、市之沢池(凍結していました)、クローバー広場と経て周回を完成。降雪直後で、梢が綿帽子被っていて綺麗でしたが、コースそのものは単調で疲れました。

2014/02/09 20:24 | float cloud [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1372-30415537

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する