2014/02/21 (Fri) オトナの山遊び:高社山探検隊

先日、相棒の→「雨男パワー」←に屈して中止になった山歩き計画ですが、最近ワタクシ→「雪男パワー」←を身につけまして、見事に相殺、本日は晴れ。当初の計画を実行に移しました。

大体この相棒、「当方体力ないのでお手柔らかに。でも、ありきたりではない“道なき道”を歩きたいのでヨロ。」などと高難度のリクエストをしてきまして、んな都合のいい山あるかい!・・・と言いたいところでしたが、あるんですね。高社山@多治見市。

ちびっこでも登れる一般向けコース
自己責任でお願いします。西側裏ルート

当然、“西側裏ルート”となるんですが、一年ぶりとは言え同じルートを歩くのはつまんないので、昨年道を間違えて行けなかった神明洞川中俣ルートをリベンジする事にしました。




東側登山口から山頂までの道程は一般ルートにつきレポート割愛!山頂から急降下し、神明洞川右俣源頭(五条川の源流)に降り立った所からレポートを始めます。

140220tkysr.jpg

この沢が、あの五条川になるんですね。ここまでの一般ルートとは打って変わって、渡渉につぐ渡渉、スリリングになります。

140220tkysr2.jpg

もちろん「道」などありません。自分で足の踏み場を探して進みます。

140220tkysr3.jpg

足の踏み場すらないヤバいV字谷は、こうして大きく迂回。

140220tkysr4.jpg

ほとんど垂直の岸壁を登る「リポビタンD」みたいな場面も。

140220tkysr5.jpg

ここが昨年道を間違えたポイント「三俣」。今回はちゃんと中俣を選択。

140220tkysr6.jpg

このルートが面白い!ワクワクするような沢登りが続く。左俣より、絶対この中俣がオススメ。・・・いや、オススメなどできませんw 何かあっても責任とれませんよー。

140220tkysr7.jpg

上に行くにつれ、沢は涸れて雪景色に。たかだか数百メートルの低山なのに、くるくると表情を変える高社山、グッジョブ。

やがて稜線に到達。根本秋葉神社と高社神社の中間地点らしい。北方向に大回りして根本砦跡経由で下山する誘惑もありましたが、既に日も暮れかけているので、大人しく高社神社方面を選択し、下山。




若かりし頃は、山登りと言えば「頂上の絶景を目指す事」が主目的だったんですが、ふと気づくと最近は必ずしもそうではなく、山歩きそのものを堪能する傾向にあるみたいです。と言っても、「眺望が全く得られない山」には登る気はしないので、まだまだ達観にはほど遠いんですけどね。

それでも、いろいろな山歩きのスタイルを知るうちに、アルピニズム一辺倒の登山イメージから脱却し、日本の自然ならではの楽しみ方があるのだと、ちょっと分かりかけてきたような気がします。











登山 | trackback(0) | comment(3) |


<<浅田真央フリー使用曲:ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 聴き較べ | TOP | 絶品!吟醸の粕汁>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

今回のこのような登り方をアルピニズムを実践した、と言うのであって、人が拓いてくれた道でアルプスばかりに登ること(こういうのを、一説にはノータリニズムと呼ぶ)を、アルピニズムとは言わないと思います。未知の山を、体力と知力と自力(GPSなどつかわない)で登ること、これをアルピニズムを実践する、と言うんだと思います。
もしかしたら、今は、明神洞川右又源頭に標識があるのでは・・・。

2014/02/23 20:13 | float cloud [ 編集 ]


 

「アルピニズム」の語は、ウィキペディアにもある通り「アルプス登山(もちろん本場の)のような、高い技術を必要とする、高く、困難をともなう山の登山をいう。」の意で使いました。
ノータリニズムはもとより眼中にないですから、誤用ではないですよ(笑)
自分のやってる事は自然と戯れる「山遊び」かと。

源頭は通っていませんが、山頂には右俣まで降りる標識があり、伐採もしてあり、「半公式ルート」みたいでした。1年前は伐採もルート図もなかったのですがね。

2014/02/23 22:32 | EYK@ニコルデカ [ 編集 ]


 

あ~、分かった。
上段に、

>若かりし頃は、山登りと言えば「頂上の絶景を目指す事」が主目的だったんですが

と、あるので、この事=「アルピニズム」のように読めますね。
そんなつもりはなかったのですが、確かにそうも読めます。

真意は、上段に書いてあるのは「ノータリニズム」で、アルピニズムはアルピニズム、です。

2014/02/23 22:42 | EYK@ニコルデカ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1379-7588161c

| TOP |

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/30(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★年内のライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する