2014/03/01 (Sat) ロックの神が舞い降りた日

ようやく、落ち着いてブログを書く時間と体力と気持ちの余裕が戻ってきました。

と言うのも、18時から深夜3時まで9時間続いた呑み会の翌日、普通に出勤で、その後深夜0時までバンドの練習という、41歳中年の身体にとってはリトルファッキンクレイジーな日程を消化してマイっていたからです。




その呑み会と言うのは、“LAND com HOUSE”主宰I氏の自邸で開催されたその名も“家呑み会 part2”

そののんびりしたネーミングとは裏腹に、集まったメンバーは、建築家、陶芸家、ギャラリスト、ラジオ・アナウンサー、飲食店経営者、地酒専門店店主、そして・・・木こり!(なんと素敵な、温かい呼び名の職業なんだろう)総勢14名。

140227lch2b.jpg

調理を担当するのはそったくプロ

んで、酒が凄い。まずは食通I氏提供の極上ワイン。ワイン素人の自分にも分る上質さ♪ そして、酒屋店主玉木氏が持ち込んだビールサーバーで、“サントリー認定生ビール達人”そったくプロに銀河系一の生ビールを注いでもらう。

140227lch3b.jpg

極めつけは、玉木氏秘蔵の酒。「長珍 純米大吟醸40 無濾過生 21BY」。なんと4年間低温貯蔵されたもの。その複雑深遠な味は今まで経験した事のない類のもの。

140227lch4.jpg

暖炉で焼かれた分厚いステーキをはじめ、極上の料理に極上の酒、そして、それぞれの分野で一家言あるツワモノ達との極上の会話。

140227lch5b.jpg

140227lch6b.jpg




ところが、少し遅れてきた一人の男の登場で、この夢のような呑み会の持つ「意味」が(もちろん俺個人にとっての「意味」だけど)ガラリと変わっちゃった。

140227lch.jpg

リアルロックンローラーBUKKA

怒涛のように喋った。何そんなに喋ったんだろ。詳細はぶっとんじゃった。でも、この日は「ロックの神が舞い降りた日」(←これBUKKA氏のパクリ)と自分の中で記憶されるよ、きっと。

これから我々の手でどんなものが出来上がるのか、はたまた、出来上がらないのか。それはロックの神のみぞ知る。

140227lch7.jpg





日記/その他 | trackback(0) | comment(0) |


<<『第26回 大正村 おひなまつり』に行ってきた。 | TOP | 大盛り上がりのテレビ収録 \(^〇^)/>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1383-98fcbd89

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する