2014/05/04 (Sun) 秘伝のタレと胡麻たっぷりの「野戦鍋」(蘭丸亭@兼山)

久田見祭り←の時の事なんですがね。

完全に昼飯を食いっぱぐれた状態で15時頃、カリスマ地酒屋「渡辺屋」さんに寄りまして。しょっちゅう行ける場所でもないし、なにしろカリスマ的品揃えなんで、一ヶ月分以上の絶品酒をあれこれ買い込みまして~。

我々家族の事は覚えてもらえているようで、いつも元気ハツラツの奥様はむすめを見るたび「レスリング、頑張ってる~?」と声をかけてくれます。奥様の身振りはちゃんとウエイトリフティングなのですが、口から出る言葉は「レスリング」というw これも最早、渡辺屋さんを訪れる時のデフォルトになりつつあります。

大将からは「○○酒造の酒は呑んだ事があるか」と尋ねられました。大将がこれから狙うかも知れない蔵なので、ここで書くわけにはいかず伏せ字ですが、全国レベルで最重要視される気鋭の蔵です。俺は最近その蔵の酒をたまたま呑んだ事があって、しばしその話で盛り上がりましたが、こういう事を聞いてもらえた瞬間というのは、マニア冥利に尽きますね~。




さて、昼飯を食いっぱぐれて15時になってしまった件。都会ならいざ知らず、こんな田舎では飲食店は完全にアイドルタイムですよ。お腹ペコペコも極限状態で、どうしたもんかと途方に暮れていたら、大将がある店に電話をかけてくれ、「今から3名、そっちへ行くから」と話をつけてくれました。うおー!カリスマのネットワーク、凄いぜ。

んで、やって来ました、兼山町の「蘭丸亭」。3階建のビルで、仕出しとか宴会とかもやってる料理屋。普段我々は選びそうもないタイプの店です(無根拠に「高そう」というイメージで)。

案内された部屋は、絶景。

140420ysn3.jpg

名勝「兼山瀞」が眼前に!

有無を言わさず、ここの名物「野戦鍋」を選択。「蘭丸亭」も「野戦鍋」も、ここ兼山ゆかりの戦国武将:森蘭丸に因んで名付けられたものですね。

140420ysn.jpg

これが突出し。鰻巻きもあるし、侮れないぞー。

140420ysn2.jpg

これが野戦鍋。醤油ベースの秘伝タレに、胡麻がたーっぷり。ワイルドで美味し。ビールがすすむー♪

これで1000円 \(^〇^)/

八百津の→三勝屋←に、この兼山の蘭丸亭。田舎もアツいぜ!









グルメ | trackback(0) | comment(0) |


<<篠島で海鮮づくし!“一本釣漁師の宿”「志波」 | TOP | 『榛澤宏 うつわ展 ~ はんちゃんto散歩@玉木酒店&あっひるや』に車で行ってきたよ。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1415-ec6e34a8

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する