2014/05/19 (Mon) 服部信康さんの傑作を拝見

東海屈指の建築家→服部信康←さんの作品の見学会に参加させていただきました。今回は、いわゆる新作の内覧会ではなく、既に施主さんがお住まいのところを見せていただく、という形です。

お弟子さんを何人も抱え、作品によってそのスタイルを多彩に変える服部さんの作品群の中で、今回の作品は、その面白さとアート度において屈指と言えるのではないでしょうか。とにかく凄かった。

140519htr.jpg

これが外観。一見して、氏の自邸→『GO-TEI』←を連想しましたね。全体的にぐっと低く抑えられているのもイイですね。果たして内部は・・・

140519htr2.jpg

開けてびっくり。エントランスが凄い。これはちょっとした小宇宙ですぜ。

140519htr3.jpg

リビングや寝室が、このエントランスを取り囲む構造で、どこからでもこの「庭」を眺められます。なるほど、この家の立地はいわゆる住宅地で、周りにはそんなに良い景色が広がっているわけではありませんから、むしろこのように囲んでしまうのもアリなのですね。柔らかい光の差し方が素敵です。しかしこりゃもう、ほとんど美術館の趣ですなー。

140519htr4.jpg

これが2階。この画像奥の採光部が素晴らしい。ちょっと言葉では説明しづらいですが、側面からの光を、壁やらなにやらの反射を利用して、柔らかく室内に広がるようにされています。

140519htr5.jpg

ここでサプライズ・ゲストの登場。→我が家の建築家Sさん←と、右腕のDさん(画像では、立っている3人の中で、左がDさん、中央がSさん、右が服部さん)。実は密かに、ここでバッタリ会えるんじゃないかと夢想していたんですよ。なんてったって服部さんとSさんは、→お互いの新作をチェックしあう仲←ですから。このお二人に宇野友明さんを加えた三人が、東海のトップ3だと、俺は信じて疑いません。

さて、ここまでの画像を見て、分かる人には分かるかと思いますが、この家はいわゆる普通のまっすぐな形をしてませんから、おのずと家具やら何やらディテールもことごとく(既成品でなく)オリジナル。壁はオール漆喰です。大変贅沢な造りで、服部さん渾身の一作と言えるのではないでしょうか。








建築 | trackback(0) | comment(0) |


<<ツアー・オブ・ジャパン美濃(の後)を見に行ってきた。 | TOP | アドレナリン爆発!町民運動会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1422-ed767dd9

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する