2014/11/23 (Sun) 断崖絶壁フルコース(鳩吹山裏ルートと下麻生城址をハシゴ)

今回は、山と、岩と、さんざん戯れてきました。猿のお供は、犬とキジ、ではなく、そったく童子さんとぼのさん、と言う、ヘ●タイなお二人。

なにしろ特別にヘン●イなVIPお二人に満足していただくには、並大抵のコースではイカンだろうと、とっておきの岩場をご用意いたしました。




まずは鳩吹山へ。一般的には初心者向けの超メジャー低山として認知されていますが、それはあくまで公式ルートを歩いた場合。ちゃんと裏ルートを行けば、そこそこ死の淵を望めます。鳩吹山裏ルート(通称:鳩吹キレットと滝場ルート)については過去記事でも書きましたので、今回はそのコース詳細は省きます。

141120htbk.jpg

まさにこれから通称:鳩吹キレットの岩場に挑まんとするそったく童子。因みに彼は●ンタイ歴42年ですが、登山歴は2回目です。

141120htbk2.jpg

そったく「ファイトォォォォォ!」
ぼのさん「イッパァァァァァツ!」

141120htbk3.jpg

岩場を下りきると、沢に降り立ちます。ここからまたすぐに登り返し、通称:滝場ルートへ。いくつかの滝を横目に見ながら、沢を遡ります。

141120htbk4.jpg

そうして、遂に山頂。ところが、極度に公園化されてしまったこの鳩吹山、なんと火気厳禁とのこと。仕方がないので我々は、火を使わずに温かいカップラーメンを食べ、持参した出羽桜で乾杯しました。

141120htbk5.jpg

さて、帰路に使ったのは通称:パノラマルート。鎖場もあります。絶壁に挑むぼのさんは、ヘンタ●歴は49年ですが、登山歴は4回目。




“ぼの”さんの「ヤマレコ山行記録」を拝借。





こうして鳩吹山の難コースを軽々とこなしたお二人。翼くんも言っています。「岩は友達!」と。まだまだエネルギーが有り余ってそうだったので、国道41号をそのまま北上し、川辺町の下麻生城址へGO。1日で2山をハシゴ。このエクストリームな感じがイイですね。(知る人ぞ知る、この下麻生城址についても、過去記事に書いたので、詳細はそちらを参照下さい。)

141120smas2.jpg

そうして辿り着いたのは、この絶壁。

141120smas.jpg

相変わらず壮観な景色です。やはり、「ほとんど知られていない」というのがイイ。誰にも邪魔されることなく瞑想できそう。ただ、瞑想しすぎて落ちるとアカンので、しばらくこの景色を堪能した後、退散。




“ぼの”さんの「ヤマレコ山行記録」を拝借。





いずれも小粒な山でしたが、山椒のようにピリリと辛い。なかなかの冒険気分でした。








登山 | trackback(0) | comment(0) |


<<TA・KI・BI | TOP | まるで宝石箱!川端健太郎さんのお猪口>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1508-45bfec4f

| TOP |

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/30(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★年内のライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する