2014/11/23 (Sun) TA・KI・BI

“森の先生”について、焚き火で遊んできました。連れて行かれたのは、恵那市某所の秘密の森。先生のご家族と一緒です。(カメラを忘れたのは痛恨!今回はしょぼいガラケー画像でごめんなさい。)

141123tkb.jpg

絶対誰も来ないようなプライベートな森。レジャーキャンプ場なんかと違い、炊事場とかトイレとかレクリエーション設備とか、あるわけない。(トイレは、自分たちで簡易トイレを設営するのです。)

だがそれがいい

先生は言いました。「こういう所に来て『何もない』と言う人は、その人の頭の中こそ“何もない”のです。」

141123tkb2.jpg

薪を割るところからスタート。ちょっとだけやりましたが、普段使わない筋肉を使うし、ナタに慣れてなくてビビッて余計な力が入るしで、明日は絶対筋肉痛でしょう。着火剤とかも使いません。枯れ枝などを集めて火をおこし、そこに薪をくべる。現代においてはなかなか経験することはないですね。

141123tkb4.jpg

薪が燃えている間、しばしあたりを散歩。開けた所に出ると眺望が得られます。恵那山、笠置山、そして、いまだ噴煙を上げ続ける御岳。

141123tkb5.jpg

一人で、おもむろに森の中に入ってみる。木漏れ日が目に優しい。落ち葉を踏みしめる感覚が心地良い。

141123tkb3.jpg

ヌタ場。獣のお風呂。イノシシなどが体に付いたダニなどを落とすために、ここで泥にまみれるのです。

141123tkb7.jpg

日が暮れると、焚き火の趣はググッと急速に増してきます。

141123tkb6.jpg

“焚き火遊び”ってのは今回が初めてで、BBQと混同する部分もあって、元来食いしん坊の我々は、ちょっと「食べ物を焼く事」にフォーカスし過ぎたかなぁ・・・?今度はもっと早く来て、食い意地を忘れて無心に森や火と戯れる時間をなるべく長く確保したいと思いました。

141123tkb8.jpg

名残惜しかったですが、炭火の温かい光に後ろ髪を引かれつつ、森を後にしました。先生、ありがとうございました。またよろしくです!




いいとこ(恵那・中津川) | trackback(0) | comment(0) |


<<惨敗!第21回記録会。そしてその後・・・ | TOP | 断崖絶壁フルコース(鳩吹山裏ルートと下麻生城址をハシゴ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1509-067d8aed

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する