2014/11/25 (Tue) 惨敗!第21回記録会。そしてその後・・・

まずは前回記録会の時の記事の最後の部分を引用します。




現時点で持てる力は全部出せました。上出来です。

逆に言えば、これが今の限界。この先はもう、本番でうまくやるとかどうとか、そういう話ではなくなっています。「実力」を上げないと。いくらなんでももっと筋力を付けないと(むすめの体はフニャフニャです)。体幹を鍛えないと。体を柔らかくしないと。





「本番のパフォーマンスでどうにかする」のもいいかげん限界に来ている事は明白だったのですが、ここまでの期間、むすめは自宅で体幹トレーニングや柔軟体操に励むわけでもなく、以前から指摘されていたジャーク動作の際の上体の変な動きも是正されておらず、要するに進歩のない状態。ところが、そんな本人が今回自ら設定した数字がアホみたいに突拍子もなく高いものでして。なぜそうなるのかと言うと、来夏に達成したい大記録を日割り計算すると、今回それだけ挙げとかなきゃいかんのだそう。

その突拍子もない設定でやらせるべきかどうか。行きの車中で本人とやりとりしながら、お父さんは頭の中でグルグルとあれこれ考えました。本人の意志に反し、重量に制限をかけて定石の設定でやらせて得られるものと、本人の意志に沿い、無茶な設定でやらせて得られるもの。それぞれで成功した場合と失敗した場合。しばし逡巡した挙句、お父さんが出した結論は後者。まぁやってみなはれ、と。

果たしてその結果は・・・

141125WL.jpg

◎スナッチ(従来記録32kg):①33kg②34kg(新記録)③35kg(失敗)
◎ジャーク(従来記録40kg):①41kg(失敗)②39kg③43kg(失敗)
1回目の試技で、得意のクリーンですら失敗したのを見かねて、2回目は大幅ダウン設定の39kgに。それでせっかく命拾いさせてもらったのに、3回目の試技は本人の強い意向で43kg。これは最大のライバルの子が直前で叩き出した記録を1kg上回る数字。ムキになってるのは明らかですが、ここは乗りかかった舟。GOサインを出し、結果、玉砕。




今回の選択が良かったのか悪かったのかは、今後の取り組み次第!お父さんの願いは言うまでもなく「このままでは駄目だ」と気付いてもらう事。掲げた目標や理想の姿と、実際の実力との間には、現状歴然とした差があるのです。ジャーク動作の上体の動きはこれじゃ駄目だし、スナッチのキャッチ時の下半身の不安定さも同様。もう本番のパフォーマンスだけではどうにもならない事は十分分かったはず。そしてダメ押しは先生からの「新記録挑戦禁止令」(笑)。今後数ヶ月、そこを意識して取り組めるようになれば今回のチャレンジは有意義だったと言えるようになりますが、何しろ完璧主義の挫折知らず、ベコベコにへこんで投げやりになるようでは元も子もありません。ここからは、今回無謀なチャレンジを支持したお父さんも連帯責任です!

早速翌日、練習がありましたが、笑顔も見られたし、まずまず真面目に取り組んでいる様子。先生も重点的にその課題点について教えてくれていました。ありがたい事です。3ヶ月後の次回大会まで、今回の悔しさや課題を忘れずにいて欲しいものです。







ウエイトリフティング | trackback(0) | comment(0) |


<<『迷盤な日々』ブログ10年を振り返る。①開設当初のコンセプト等について | TOP | TA・KI・BI>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1510-8643ede1

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する