2015/04/23 (Thu) 天狗森山を独自ループ:風神神社より尾根直登(@中津川市阿木)

本日のメニューを決めたきっかけは、風神神社の参道を2.5kmに渡って見守るように設置された三十三観音(石仏)。これを見に行きたかったのですが、せっかく中津川の山奥(阿木)くんだりまで行くのだから、どうせならその近くの山(天狗森山)を登っちゃおう、と。




150423agi.jpg

この阿木の里山景観が、もう本当に素晴らしくて。

150423agi2.jpg

田に水が張られ、山は萌え、花が咲き、川がせせらぎ・・・。好天にも恵まれ、最高♪




150423agi3.jpg

三十三観音は、この「真原の燈籠場」からスタート。ここから風神神社までの2.5kmにわたる参道沿いに、三十三体の石仏が置かれています。

150423agi4.jpg

現在はそのうちの何体かは失われているそうですが、それでもかなりある。見つけながら参道を行くのが楽しい。




風神神社に到着。

150423agi5.jpg

正規の(というか唯一よく知られた)登山口はもっと先ですが、自分はこの風神神社の向かいにあるハシゴから尾根に取り付きます。

と言うのも、この天狗森山の正規の登山道は、長い林道歩きを経てピストンするものなんですが、ただでさえピストン嫌いなのに、その大半が林道歩きだなんて、とても耐えられません。それに、最近「道なき道を行く」事にちょっとハマってまして、往路を「尾根直登独自ルート」にし、復路に正規ルート(沢沿い)を使い、ループを描こう、と考えたのです。

所々薄い踏み跡が現れたり消えたりしましたが、まぁ基本は「尾根をキープ」するのみです。思いのほか笹が多く、(半袖だったので)腕の擦れた部分がボコボコとかぶれてめっちゃ萎えるわ(泣)!もうこれ以上かぶれるのが嫌だったので、デューク更家みたいなポーズで腕が笹で擦れないように歩きました・・・。

150423agi6.jpg

時々沢に降りたり、カール地形の場所に出たりしましたが、すぐさま尾根に復帰。後半になるとかなり明瞭な踏跡が着いていました。尾根ルートは左手に視界が開けているのがセールスポイントです。

150423agi7.jpg

「天狗の腰掛岩」と呼ばれる場所で昼食。

150423agi8.jpg

山頂からの眺望。いまだに噴煙を上げ続ける御岳と、右奥は乗鞍

150423agi9.jpg

往路でちょっぴりスリルと苦労があった分、復路は頭カラッポにして沢に癒やされる。

150423agi10.jpg

水はめちゃくちゃ綺麗!

それにしても、林道歩きの長い事よ!片道だけでお腹いっぱいです。

天狗森山は、かなり地味な山でした。尾根直登独自ルートは、万人に勧められるものではありません。山に慣れた人、ある程度の読図ができる人に限られるでしょう。行かれる場合は自己責任でお願いしますね。



















登山 | trackback(0) | comment(0) |


<<阿木川上流、秘密のスポットにてBBQ\(^0^)/ | TOP | 雨の久田見祭り 2015>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1569-5caf4947

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する