2015/05/29 (Fri) 恵那山ループ登山(広河原ルート~神坂ルート):地味でハードな百名山

ここ東濃に住む者にとって、恵那山は毎日眺めている“ふるさとの山”。しかも「日本百名山」の一つなのですが、「登山行程がハードなわりにエンターテイメント性に乏しい山」と言う認識があって、今まで敬遠してたんです。ただ、東濃のヤマノボラーがいまだに恵那山に登った事がないというのはさすがにまずいだろう、とは思っていました。

と、そこに、陶芸家:榛澤“はんちゃん”宏から「恵那山登りたい」というメールが。彼、なぜか最近山にハマッて、つい先日も一人で愛岐三山に自主トレに行ってきたほど。俺がヤマノボラーだと知って以来、「どこか良さげな山に連れて行け」とリクエストされていたんですよ。ケケケw恵那山のキツさも知らんと無邪気なメールを送ってきよったわい、と二つ返事で快諾。

登山計画を立て、いよいよ明日、というタイミングで、二匹目の“迷える子羊”の登場w やはり最近どんどん山にハマッている自転車ブロガーのぼのさん。ここ1ヶ月間の休みの予定をメールしてこられまして、「どこかでタイミングがあえば山に同行を」という内容、奇遇にも恵那山登山の日と休みが重なっていたので、「じゃあ明日6時集合!」と即レスしました。恵那山への地獄行脚に速攻で巻き込んだというわけ。




この恵那山、ループしようと思うと長い舗装道歩きが生じるためか、あまりやる人はいなさそう(ネットで軽く検索した限りでは)。そこを我々は自転車という武器を携え、敢行しました。今回のメンバー、うまいことに全員折りたたみ式自転車を所有してるんです。

150528ensn.jpg

まずは神坂峠に自転車をデポし、車で林道通行止めゲートまで進み、そこに駐車。ここから広河原登山口まではしばらく舗装道歩き。これはもうどうしようもないので我慢。

150528ensn2.jpg

林道歩きの途中で見える恵那山の雄姿。これからあそこに登るというのに、林道はぐんぐん下降して行きます。嗚呼、もったいない・・・w

150528ensn3.jpg

45分と予測していたより随分早く、30分で広河原口に到着。風情のある丸木橋を渡る。ここからいよいよ登りの開始。

150528ensn4.jpg

それにしても、イイ森だわ♪ 地形図を見ても明らかなように、初っ端からの急勾配。はんちゃんのゼイゼイヒイヒイブヒブヒという呼吸音が凄いw もうすぐ死ぬの?

150528ensn5.jpg

開けた所に出た。快晴すぎて景色が霞み気味。画像では分からないですが、雲の向こうに南アルプスが見えました。

コースタイム3~4時間と書かれてましたが、2時間半で登頂。お二人とも、やりますなぁ~。山頂に設けられた展望台からは、周りの杉の木が育ちすぎて邪魔をして何も見えないので、200m先の避難小屋まで移動。

150528ensn6.jpg

小屋の裏の岩場からは展望があります。

150528ensn7.jpg

もはやお約束のポーズ×2。

150528ensn8.jpg

なかなかシュールな絵ヅラw

さてここで昼食、ですが、とにかくスタートからずっと、羽虫が凄い。事前にその情報を得ていたので、虫除けスプレーを噴霧し、歩いている限りはまあ大丈夫だったんですが、大休止しようと思うとたちまちブンブンとたかってきます。

150528ensn9.jpg

仕方なく駆け込んだ山頂避難小屋は、なかなかの雰囲気。ぼのさんのバーナーで湯を沸かしてもらい、カップラーメンというご馳走。やはり冷えたコンビニ弁当より断然嬉しいですね。1時間超、ここでまったりと過ごしてしまいました。

150528ensn10.jpg

さて、帰路は神坂ルート。さすがは2000m級、残雪が所々にあります。

150528ensn11.jpg

天狗ナギ付近。絶景なり。

150528ensn12.jpg

ここで榛澤選手、足が攣る。ぼの選手「足攣ってんじゃねーよバーカ」の図。(※演出です)

150528ensn13.jpg

盛大に崩落しております。

150528ensn14.jpg

ド迫力。

150528ensn15.jpg

この神坂ルート、「下山」のはずなのに、小ピークの連続で登り返しが凄い。ゴールの神坂登山口まで、一体いくつのピークがあるんだろう・・・

150528ensn16.jpg

その小ピークの一つ、大判山(1696m)。

150528ensn17.jpg

鳥越峠。なかなかイイ雰囲気の峠。

150528ensn18.jpg

いよいよラストの登り返し。背後に見える山々の連なり、こいつらを登って下りて・・・を繰り返してきたのです。

150528ensn19.jpg

千両山(1692m)山頂より。ここまでさんざん登ったり下りたりしてきたのに、標高がさっきの大判山と変わらないorz 【榛澤選手】「おーい!山ガール、どこにいるんだぁ~!?」恵那山に山ガールなんかいねぇよw

150528ensn20.jpg

そして遂に、神坂登山口に下り立つ・・・てゆーか、へたりこむ。

150528ensn21.jpg

最後のミッション。各々愛車に跨がり、車を駐めた場所まで颯爽と走る!風を切る!超キモチイイ!(←死語)。




知っていたとは言え、なかなかハードな行程でした。特に神坂ルートの登り返しの連続は特筆モノ。タオルはもう汗を吸う箇所がないほどにグショグショです。

帰りに恵那のラジウム温泉館で汗を流し、我が家で反省会(と言う名の大宴会)。死線を越えた漢(オトコ)三人で絆を深めたのでした(ぼのさん、寝てましたけどw)。




“ぼの”さんの「ルートラボ」を拝借。





















登山 | trackback(0) | comment(0) |


<<中山道十三峠トレラン(大井宿~大湫宿) | TOP | ライヴ@大須ell.SIZE 終了しました\(^0^)/>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1581-18775f8e

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する