2015/07/13 (Mon) 多治見裏路地(西ヶ原遊郭跡)徘徊

前回記事の続き。

結局、むすめを駅に迎えに行ったのは15時。まだ半日ありますが、日没までそんなに長時間あるわけでもない。この数時間で遊べる所(すなわち近場)を探せ、と言う、またも同じ難問に直面orz




やってきたのは多治見のおりべストリート。ただし、主目的はおりべストリートそのものではなくて・・・

今でこそ多治見の賑わいは、土岐川より北側に集中していますが、かつてはそれは南側だったようで、市役所の周辺には複数の商店街が交錯し、中には風俗街などもあってかなりイカガワシく盛り上がっていたのだそう(「西ヶ原遊郭」と言うらしい)。

だとしたらきっと、当時の活況を偲ばせる廃墟的なあれこれが見つかるんじゃないかと、探索しに行ったわけ。




おりべストリート周辺は、かつての下街道とカブッてる事もあり、立派な古民家があちこちに残っていて、それはそれで楽しみつつも、狭くて怪しげな路地を見つけてはわざとそちらに吸い込まれていきます。

最もグッときたのはこの路地。

150712tjm.jpg

この画像では細部までは分かりませんが、「小人専用?」と思うほど小さなドアのスナックとか、あり得ない構造やデザインの店(いや、“元”店か)が林立。ここだけ異空間の風情です。

150712tjm2.jpg

片や、このように人々の暮らしの息づかいが感じられる情緒あふれる路地もあったり。




この日は“ぷちトリップ二本立て”という感じ。厳しい時間的制約の中でまずまず遊んだ感はありました。








廃墟・廃線・産業遺産 | trackback(0) | comment(0) |


<<ピース又吉くんの芥川賞受賞に続け! | TOP | 瑞浪市日吉町ドライブ(無名棚田→北野神社)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1602-42db21cc

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する