2015/08/20 (Thu) 全国大会に行ってきました!

全国中学生ウエイトリフティング大会(in福井)に行ってきました。中1のむすめにとっては初めての全国大会です。今回の参加者はなんと100名。昨年の70名から大幅増。しかも男子と女子の割合は半々。女子の競技人口が激増しているようです。その中で我が岐阜県は、全国最多の11名(男子2女子9)を送り込む大所帯。大型車両の免許を持つパパさん運転のバスで颯爽と乗り込みました。

150819znc6.jpg

お揃いの黒いTシャツの岐阜県軍団!

想像を超える接戦/熱戦の連続で、自分は保護者として応援していただけなのに、帰宅時の疲労感はハンパない。選手本人たちや引率の先生方の疲労困憊はいかばかりか。みんな、よく頑張った!先生方、保護者のみなさん、そして大会関係者の方々、本当にありがとうございました!

選手各人にそれぞれのドラマがあり、朝イチの軽量級からずっとオジサンの涙腺は緩みっぱなし。ウチのむすめの出番ではよその保護者が泣いてくれていました。それこそ一人一人1記事ずつ費やして書くだけのボリュームがあるはずですが、よそ様のお子さんの事をここで勝手にドラマ仕立てで語るわけにもいきませんから(笑)、ここからは我が子の事だけを超主観視点で語りたいと思います。

150819znc.jpg

↑前半戦(軽量級)の仲間たちの凄まじい戦いを目の当たりにし、プレッシャーに押し潰されそうになりながらアップに励むむすめ。(カミさん情報によると、隠れて泣いていたらしい・・・)




ウエイトリフティングという競技について、ある程度ちゃんと知ってる人って、本当に少ないと思います。重いバーベルを挙げるために、どれほどの繊細な動きが必要か、という事については、(素人保護者レベルではありますが)たびたび当ブログでも触れてきました。

「試合」についてもしかり。「ただ重いものを挙げた者が勝つ、単純な個人競技」ではなく(よほど実力差があれば確かにそうなるけれども)、力が拮抗した者同士の戦いでは、凄まじいまでの駆け引き/頭脳戦が繰り広げられるのです。

①「スナッチ(一気に挙げる)」と「クリーン&ジャーク(一旦鎖骨に乗せてから挙げる)」の2種目あり、それぞれ3回ずつ、計6回の試技ができる。それぞれのベスト記録を合わせたトータル記録で争う。
②相手より1kgでも重いものを挙げたら勝ち。重いものに挑戦するほど失敗のリスクがあるので、ギリギリを予測して狙う。
③挙げた重量が同じなら、体重が軽い者の勝ち。(ただし、申請した階級の範囲に収まっていなければ失格。軽すぎても失格)。
④次に何キロに挑戦するかは、相手の出方を見て決める(予め抽選で決められた「出順」に大きな意味がある)。
⑤3位まではメダル、6位までが入賞。つまり各順位の「価値のイメージ」は、「優勝>>>2位>3位>>>4位>5位>6位>>>7位以下」という感じ。よって、各階級で「優勝争い」「3位争い」「6位争い」が熾烈に繰り広げられるわけです。

この辺を分かって観戦すると、もの凄く面白い。解説付きでテレビ中継したら絶対ハマると思うな~。




長々と前説を書いたのは、今回この熾烈な「駆け引き合戦」に、当クラブの何人かが巻き込まれたから。もちろん、ウチのむすめもその一人(笑)

まず、話は体重の「計量」から始まります。申請した階級には上限下限があり、むすめはその下限に600グラム足りない。1時間以内に再計量(何度でも可)で下限を超えねばならず、食べ物と飲み物で増量、ギリギリで通過。それでむすめは当該階級での最軽量が確定。パワー不足は否めませんが、ライバルと同重量を挙げた時にのみ、有利になります。

計量が終わるとすぐ、「スタート重量(最初に何キロ挙げるか、の宣言)」の開示。この時点で、各選手の実力が大体分かります。むすめの「推定実力」は、11人中5番目。優勝候補と2位候補は逆立ちしても勝てないレベルなので無視。3位候補、4位候補は、逆立ちしたら勝てるかも知れんが(笑)、やや差がある。そして6位候補とは更に差がある。よって、この時点での展望としては「安全運転で5位がほぼ確定」、ドラマらしいドラマはないように思われました。

それを知ったからなのか、さっきまで過度な緊張感のため溜息ばかりで泣きそうだったむすめ、蓋を開けてみれば・・・

150819znc4.jpg

【スナッチ】
①35kg②37kg③39kg(自己ベスト)

得意のスナッチが絶好調で、なんと3位につけます。これで「夢を見るな」と言う方がおかしい(笑)。苦手の「クリーン&ジャーク」の1回目の試技で、“絶対安全圏”である40kgを成功させ、試技をあと2回残した状態で5位以上をほぼ確定。元々5位だと思っていたのだから、残りの2回は落としてもいいから思いっきり冒険して攻めまくろう、と。

150819znc5.jpg

2回目の試技で一気に5kg増の45kgに設定。なんとか成功させ、3回目は、「成功すれば自己ベスト」である48kgにチャレンジ。「挙げたら銅メダルかも知れない」可能性に賭けましたが、残念ながら失敗。

150819znc3.jpg

↑結果、5位。(※クリックすると拡大します。)

トータルの自己ベストを2kg更新し、4位の兵庫の選手(因みに昨年銅メダル)を2kg差まで追い詰めた。3位の岐阜の選手(同じクラブの先輩)には4kg差の完敗。悔いなどあるはずもなく、「ドラマなんか何もない5位」と思っていたのに、メダルが見える所まで攻め、デッドヒートを演じたわけだから。応援しててめちゃくちゃにアドレナリン出まくりでした。

150819znc2.jpg

実を言うと、つい先日までドン底(今だから解禁)だった事を思えば、「試合当日の出来」としては十分及第点。満点をあげられないのは、45kgを挙げた時点で、「体裁を保った事に満足して」気持ちが切れたから。お父さんには分かるぞー。普段はあり得ない、得意のクリーン動作で48kgを落としたからね。

技術的な課題が「ジャークのサシ」にある事は以前から分かっていますが、その根本は「心底欲しがっているか否か」。それが普段の練習の量や質に直結しているのですが、「欲しがる事そのもの」に親がどこまでコミットするのか。あくまで自発性が最重要なのは当然ですが、「それが将来どう役に立つ(活きてくる)か」を、子どもよりは少しばかり知っている先輩として、どこまでお節介を焼くか。そのバランスに悩むところです。
















ウエイトリフティング | trackback(0) | comment(2) |


<<全国中学生ウエイトリフティング大会スピンオフ | TOP | 夜道>>

comment











管理人のみ閲覧OK


おめでとうございます♪ 

全国大会での入賞、おめでとうございます♪♪♪
回りの応援やお手伝いがたくさんあったことと思いますが、ともかく持ち上げたのは本人ですから、ぜひたくさん褒めてあげてくださ〜い!

2015/08/21 10:40 | こうりゅうち [ 編集 ]


Re: おめでとうございます♪ 

ありがとうございます(^^)/

当日だけは手放しで褒めてやり、早速翌日から練習に送り出しましたw!

来年に向けて課題満載です!

2015/08/21 21:09 | EYK@ニコルデカ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1618-fe1c2d63

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する