2015/11/02 (Mon) お手軽“山さんぽ”:大谷山・八坂山周回@川辺町

先日各務原アルプスを5時間歩き切ったカミさんが、気を良くして(調子こいて)トレッキングシューズを新調しました。

151101otn.jpg

コロンビアの1万円ぐらいのやつ。俺のより高くて生意気(俺のが安すぎるんだけど)。「絶対に元を取れよ」、というわけで、今回も山に連れて来ました。




今回は、夕方から予定が控えていたのと、俺が前日にトレランしたばかりでお疲れモードだったので、2時間弱の楽々コースをチョイス。登山と言うより“山さんぽ”の風情。

川辺町の大谷山八坂山をループ。登山口のある大谷公園駐車場には、ちゃんとした案内看板もあり、きちんと整備されています。

151101otn2.jpg

大谷山山頂までは、八十八ヶ所巡礼を模した石仏巡りが楽しめます。↑こういう仏様が参道沿いに88体設置されていて楽しい。

151101otn3.jpg

山頂には秋葉神社の祠がありました。ところで、とても惜しいのは、この大谷山、「入山禁止」を意味する無粋なビニールロープが終始張り巡らされ、景観を著しく損ねていました。本来気持ちのいい登山道なだけに、残念です。

秋葉神社を後にして稜線を行き、鞍部まで少し下り、登り返した所に、鹿塩集落の長昌寺へと続く道の分岐がありました。いつもならこの程度の分岐は気にも留めないのですが、このまま八坂山に登頂して下山するだけではあまりに物足りないので、あえて道草を食ってみる事にしました。

151101otn4.jpg

その道は中電の鉄塔巡視路で、15分ほど下って長昌寺に到着。長閑な集落の、なんてことはないお寺さん。一息ついて、また来た道をピストンで登り返します。

151101otn5.jpg

八坂山への道は、気持ちの良い自然林の中を行き、傾斜は緩やか、と言うよりむしろほぼ平坦。

151101otn6.jpg

八坂山山頂は、八坂山城址。石垣など、かつてそこに城が存在していた事が容易に想像できる遺構や形状がはっきり残っていました。

151101otn7.jpg

山頂(城址)スペースはかなり広く、山城にありがちな掘っ立て小屋みたいな砦ではなく、ある程度ちゃんとした城郭があったのではないかと勝手に想像しました(当方、城については超ド素人ですが)。眺望も得られたので、ここで昼食。天候も気温もちょうど良く、気持ち良くって、結構話し込んで長居しました。

151101otn8.jpg

城址を後にすると、あっという間に御嶽神社展望台に到着。ここが今日一番の眺望でした。

151101otn9.jpg

眼下には川辺町の家々と飛騨川の流れが一望できます。

151101otn12.jpg

あとはスタート地点まで一気に下るだけ。




下山後。川辺町には、和菓子の人気店「養老軒」がありまして。看板スイーツ「フルーツ大福」を購入。フルーツぎっしり、生クリームふわふわ。確かに美味い。

・・・が、元々ダイエット企画として始まったこの「カミさん同伴登山」。せっかく2時間歩いたけど、大福でチャラだね・・・。










登山 | trackback(0) | comment(0) |


<<各務原アルプス完全縦走:猿啄城址→伊吹の滝 | TOP | 土岐市民展、ダブル入選(^o^)/>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1659-2dc7420c

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する