2015/11/08 (Sun) 各務原アルプス完全縦走:猿啄城址→伊吹の滝

先日カミさんと一部を周回した事がきっかけでにわかに仲間内で盛り上がった「各務原アルプス」。話題がホットなうちに、と、早速全山縦走(全長18km)にチャレンジしました。

同行したのは、当ブログではすっかりお馴染みの自転車ブロガー:ぼのさんと、こういった地獄行脚には欠かせない痙攣芸人、陶芸家:榛澤“はんちゃん”宏




8:07に坂祝駅に到着。8:30に猿啄城址登山口から登山開始。

151107kkm.jpg

わずか15分で猿啄城址(215m)に登頂。画像最奥にうっすらと写っている電波塔が次の目的地である明王山。

151107kkm2.jpg

猿啄城址から望む木曽川の流れ。この日は一日中曇天模様の予報でしたが、これはこれでなかなか幻想的な眺め。

151107kkm3.jpg

稜線をしばらく歩き、本日の最高峰、明王山(380m)に登頂。ここからは各務原アルプスの全貌が望めます。この山々の連なりの一番奥まで一日で歩くのです。

151107kkm4.jpg

迫間山(309m)を通過し、多賀坂峠から登り返す。

151107kkm5.jpg

大岩見晴台に向かう途中、ハプニング(お約束?)発生。はんちゃん、太腿が激しく攣る。この男、平均的な同世代の男性よりずっと体力はあるはずなのですが、どうやら前回の恵那山地獄で攣り癖がついてしまった模様。ぼのさんのハンドパワー(←死語)で治療を試みるも、回復せず。

151107kkm6.jpg

どうにかこうにか大岩見晴台に到着。姿勢が変。ぼのさん持参のトレッキングポールに頼り、まるで志村けんの演じるヨボヨボの老人の如き体勢でなんとか登山を続行。金山(348m)を通過。

151107kkm7.jpg

岩坂峠には石仏が。この登山道とクロスするこの峠道は、きっと古道なんだろうね。

岩坂峠から登り返した所の送電鉄塔の周りが開けていたので、ここで昼食。エネルギー補給して焼酎ガブ飲みして、はんちゃんの大復活を期待。

151107kkm8.jpg

須衛への登り返しは、直登急勾配ルートと巻道に分かれていましたが、巻道を選んで正解。このルート上にある「須衛東見晴台」からの眺めが最高。ここまでの道程が一望できる。ヨボヨボ状態でよくぞここまで歩いたもんだ。

151107kkm9.jpg

須衛(322m)、向山(303m)を通過。この辺りの稜線が、この縦走ルート中で最も華やかで絵になるなぁ。

桐谷坂にて県道17号を横断するポイントが階段崩壊のため通行禁止になっており、迂回を強いられる。県道を横断した際、何も標識がなく、どこから登山道に復帰するのかしばし戸惑うが、“ハイテクおじさん”ことぼのさんのGPSに助けられ、登山口を発見。はんちゃんの太腿は完全復活とはいかず、一時はこの桐谷坂でリタイアも検討しましたが、症状は随分マシになってきたようで、はんちゃんより続行の申し出。勇者!

良く整備されて案内板も豪華なハイキングコースはその桐谷坂までで、県道横断後はグッと地味になる。ここまでは多くのハイカーとすれ違ったが、ここからは一人も会いませんでした。

151107kkm10.jpg

岐阜権現山(芥見権現山)(317m)は各務原アルプスの西端だけあり、これまでとは違って岐阜方面の眺望がバッチリ得られます。画像最奥の立派な山容は金華山

岐阜権現山山頂からは、そのまま直進の巻道でも下りられますが、我々は一旦山頂手前のケルンまで戻り、そこから分岐する垂直下降ルートを選択。設置されていたロープに頼らないと下りられないほど急で、地面はザラザラで滑りやすい。

151107kkm11.jpg

その垂直下降ルートからの眺めがまた最高。これまで歩いてきた山々を一望。いやぁ~、よくぞここまで、という感じ。

老洞峠に下り立った際、ここで山行を終了するかどうか少し悩みました。と言うのも、地形図を見ても「各務原アルプス」はここで終わりじゃないか、と。時間も遅いし、そもそもはんちゃんは無理を押してここまで来ているし、ね。しかし、ネット上の完歩レポートは揃いも揃って皆、この後の各務原権現山を含んでおり、ここでやめたらまるでリタイアしたみたいじゃないか、と変な意地で続行を決断。

151107kkm13.jpg

各務原権現山山頂付近は数年前に山火事があったらしく、そのせいか、稜線上は随分開けていて眺望抜群。

151107kkm14.jpg

各務原権現山(317m)に到着。

151107kkm15.jpg

まるで頑張ったご褒美かのような夜景。まさか夜景を見ることになろうとはw

151107kkm16.jpg

下山路は既に真っ暗でしたが、“ハイテクおじさん”ことぼのさんのスマホの「ライトアプリ」に助けられ、17:30無事下山。せっかくの「伊吹の滝」でしたが、音だけ堪能しましたw

タクシーで各務ヶ原駅近くの温泉「恵みの湯」へ。タクシー代は3000円もかかりました。各務原アルプス縦走にチャレンジする人は皆、駅と「伊吹の滝」の間の交通手段で悩むと思いますが、安易に一人でタクシーに乗ると大変ですよ~。

151107kkm17.jpg

温泉に併設された食堂で乾杯♪至福!至福!至福!ヤベ~、チョー楽しいわ。

それにしても、はんちゃんはよく歩き切ったよなぁ。中盤で痙攣して終盤回復するパターンがこれで2回連続。今後は途中で痙攣しても無視する事にしますわ(爆)




※ぼのさんのルートラボより拝借。


















登山 | trackback(0) | comment(0) |


<<追悼:アラン・トゥーサン | TOP | お手軽“山さんぽ”:大谷山・八坂山周回@川辺町>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1660-c517cfcb

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する