2015/11/25 (Wed) 復活の兆し?実はかなり凄い景勝地:鬼岩公園

連載企画になりつつある「カミさんウォーキング」。勢い余ってトレッキングシューズを買ったカミさんに元を取らせる、と言うのがその趣旨ですが、真の目的がダイエットにある事は言うまでもありません。

今回は自分自身、前日の山行(と打ち上げ)で全身ガタガタのため、近場をチョイス。御嵩町と瑞浪市日吉町に跨る鬼岩公園。土岐市からのアプローチが近すぎて、長らく自分はここを土岐だと思ってました。

自分にとってはあまりに近く、当たり前の存在なので、これまでほとんど注目せずにきましたが、実は客観的に見ても、ここはかなりインパクトのある景勝地だと思いますね。全国レベルの奇景と言ってもいいかもしれません。




151122oniw.jpg

公園エリアに入って、まず目につくのはこの廃墟ビル。この鬼岩のどうしようもない程の“オワコン感”の原因は、「かつてかなりの観光地だった(そして急速に衰退した)」事実と、そのイメージを裏付けるかのようなこうした廃墟。しかしよく見ると、廃墟旅館はこの一軒だけで、あとはちゃんと生きてるのが三軒。この廃墟、いっそのこと「廃墟探検」とかでウリにしちゃうか、解体しちゃうかしないとね。持ち主がバックレた廃墟の処遇って、難しいよね。

鬼岩公園には実に多くの遊歩道が張り巡らされていますが、大まかに分類すると、可児川源流に沿って谷底を進むルートと、その右岸岩壁上のルート、左岸岩壁上のルート、の3通り。我々はまず谷底ルートで源流を松野湖まで遡ります。

151122oniw2.jpg

見よ!この超巨大な一枚岩を!カメラに収まりきらないほどデカい。

この鬼岩、巨岩・奇岩の隙間をぬって進む「岩くぐり」が有名だったのですが、事故が起きてからその岩くぐりルートは立入禁止になってしまいました。整備不良の遊具じゃあるまいし、事故が起きたらただちに立入禁止という世の風潮、どうにかならんもんでしょうか・・・。

151122oniw3.jpg

一部だけ、洞穴に入ることができます。このB級感がたまらない。

遊歩道の終点、松野湖まで来たら、復路は右岸岩壁上ルートを選択。

151122oniw4.jpg

絶景!歌手のPV撮影とかにも使えそうw 「岐阜のグランドキャニオン」と呼んでもいいのではないでしょうか。

151122oniw5.jpg

ちょいと藪漕ぎしまして(前日も散々藪漕ぎしたばかりだけどw)、ポッコリ飛び出た岩に立ち、記念撮影。国道21号のうねる姿もまた面白い。

この鬼岩、歩いていると予想外に、散策中の観光客をちらほら見かけましたね。どうやらここ数年、期日限定で「岩くぐり復活イベント」を開催しているようで、その事もあって復活の兆しが見え始めています。鬼岩、頑張れ~(^^)/






いいとこ(可児・御嵩・八百津・兼山) | trackback(0) | comment(0) |


<<謎の「手賀野古道」探索(@中津川市) | TOP | 岩場を満喫!芥見権現山(@岐阜市)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1671-ade63bb2

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する