謎の「手賀野古道」探索(@中津川市)

今日は午前中にインフルエンザ予防接種。「接種後は激しい運動禁止」なので、ネタ帳の中からショボめのやつをチョイス(いや、そもそも出歩くなよ、って感じですけどw)。

以前根の上高原で遊んだ時に見つけて気になっていた「手賀野古道」を探索に行きました。ネットで調べても情報皆無なので、実際歩いてみるしかないよねぇ。




151128tgn.jpg

展望台との分岐に「手賀野古道」の表記があります。これがきっかけでした。

151128tgn2.jpg

この馬頭観音までは以前来ました。ここからが未踏です。

151128tgn3.jpg

「麻畑」の看板。どうやら、終始このデザインの表示板が各所に立てられているようです。中津川市街方向に、沢沿いにガンガン下ります。

151128tgn4.jpg

二つ目の観音様、「大横手観音」。

151128tgn5.jpg

苔が凄い。やがて道幅はかなり広くなり、車が通れるほどに。

151128tgn6.jpg

スタートから30分ほどで舗装道(県道413号)に着地。「根の上高原登山口」の大きな看板。

151128tgn7.jpg

場所は、こんな感じのすんごいヘアピンカーブの所です。手賀野古道探索はあっけなく終了。結局、この古道が何の目的でどことどこを結んだ道だったのか、分からずじまい。もしかしたら市史のような紙資料を探せば載ってるかも知れないけど、ネットには情報がありませんでした。




さして面白くもない道だったので、帰路は別のルートにしたい。ずっと沢沿い(谷)を下ってきたので、帰りは尾根だな。古道の西側の尾根と東側の尾根、選んだのは東側でした。尾根の取り付き口を求めて、舗装道(県道413号)を東へ登って行きます。

151128tgn8.jpg

すると、カーブの所に「阿寺」の看板。やはりここでも看板はこのデザイン。中津川市街へ向かって下る尾根に、明らかに踏み跡がついてます。そそる・・・。気持ち良さそう・・・。どこに続いているんだろう・・・。登って帰らなきゃいけないのに、誘惑されるがまま、どんどん下っていきます。

途中でハタと気づく。時間、ヤバくね(14時スタートで、この時点で15時過ぎ)?そもそも俺、今日は激しい運動禁止じゃね?ここで勇気ある撤退。この先は今後またのお楽しみ、って事で。

で、さっきの「阿寺」の看板まで戻り、改めて根の上高原への「尾根ルート」を探す。薄い踏み跡を見つけて尾根に取り付き、適当に登る。かなりの急登。あれ?今日、俺、激しい運動禁止じゃね?普通にしんどいんですけど・・・。

151128tgn9.jpg

しかしまぁやっぱり、登山道じゃないルートを考えながら歩くって、エキサイティングだねぇ。

151128tgn10.jpg

なんとか日が沈む前に根の上高原に帰還。ご褒美の展望台。

山歩きが終わった後はもちろん、温泉。恵那山荘の風呂を今回も独占♪




あの途中で引き返した下りの尾根道の行き着く先が気になるし、帰宅後に調べてみると、中津川市街から根の上高原に登るルートは、どうやら数種類あるようです。いずれ近いうちにコンプリートしたいな。

ところで、俺の体、大丈夫なんやろか・・・・?













コメント

非公開コメント

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★7/8(日)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★メンバー育休中につき、しばらくライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索