2015/12/19 (Sat) 栃久保古道で秋葉山へ(@恵那市笠置町河合)

飯地の秋葉山周辺には、いくつか古道が残っていて、分かる限り踏破してやろうと目論んでいるのですが、まずは栃久保古道で秋葉山に登ってみました。

151219akb.jpg

スタートは栃久保棚田から。小ぶりだけど、風情があって好きな棚田です。

その散策路を登り切り、県道412号を横断した所の墓地の上から、栃久保古道が延びています。

151219akb2.jpg

遺構はこの石仏と、あとは所々で散見されるラフな石垣のみ。景色はずーっと植林で、地味な事この上ない。「古道を辿る」というロマンだけが推進力。

151219akb3.jpg

古道:河合坂(飯地坂)と合流し、飯地高原のキャンプ場に到着。

そこからは鉄塔巡視路を兼ねた登山道を辿って秋葉山へ。

151219akb4.jpg

山頂すぐ下にある物見岩。今回一番の眺望。恵那山と木曽川のコラボレーション!・・・なのですが、目の前に巨大な鉄塔がそびえ立っているのが残念(鉄塔を避けて撮影してあります)。ここで昼食。

山頂を越え、しばらくそのまま巡視路を北進しますが、やがて登山道は北西の尾根へ逃げていき、自分は北へ続く巡視路を選択。P706(地形図参照)すぐ南の鞍部で林道に合流し、そのまま南東に延びる破線が名も知らぬ古道と知っていたので、その破線を辿ろうとしたのですが、地形図にはない明瞭な道が真っ直ぐ東に延びており、漫然と歩いてそのまま東進してしまいました。間違いに気づき、来た道を戻って修正。

151219akb5.jpg

果たしてその破線は、期待通りの古道でした。何という名前の古道だろう?

151219akb6.jpg

この石仏は、そこにあると分かっていないと到底見つけられない場所にあります。

151219akb7.jpg

里に下り立った所で遭遇したオマケ。やはりここらへんには遺構が多いね。

あらかじめ恵那北中学校近くにデポしておいた自転車で、木曽川沿いに国道418号を走り、スタート地点である栃久保に戻り、フィニッシュ。

実はこの飯地/秋葉山周辺、まだ探索したい古道・廃道がありまして。それはまた後日・・・




GPSがないので手書きです。

151219akb33.jpg
※クリックすると拡大します。

青い線は、下りで使った時に非常に間違いやすい部分。









登山 | trackback(0) | comment(0) |


<<岩浪古道でズクダル岩巣へ→酷道418号でループ(@恵那市飯地) | TOP | 焼酎の味を覚えました。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1680-a98969e0

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する