2016/04/21 (Thu) ランダム映画評 fromツイッター

“(裏)迷盤な日々”こと「EYKのツイッター」にて、“ひとこと映画評”をまとめて投稿したので、せっかくだからここに貼り付けておきます。




絶賛求職中につき、超低コストな遊び(=所蔵DVDの再鑑賞)に励んでいる。経費0円だもの。「大半の映画は2度目の鑑賞が一番楽しめる」とは前々から感じている事だ。(ちなみに今回のラインナップには3度目、4度目の作品もある。)




この数日で最も良かったのは、パク・チャヌク監督の #JSA 。斬新な演出、巧みなストーリーテリング、演技、娯楽性、メッセージ性、全てがバランス良く、完璧なんじゃね?韓国映画ではコレと #ペパーミント・キャンディ が双璧と思う。




同じくパク・チャヌク監督の #親切なクムジャさん 。演出が意欲的なのは買うが、スジが薄っぺらく、演出の斬新さだけが空回り気味。同監督の“復讐三部作”なら #オールドボーイ が最も出来が良い。




南北朝鮮分断ものとしては #シュリ も観た。リアリティの欠如っぷりは「アルマゲドン」並みだが、よく出来た大娯楽作品として、しっかり楽しめた。普通に切ない。




#カンフーハッスル 。これは再見の必要がなかったかな。主人公のキャラ造形があまりに弱い。 #少林サッカー の方がイイな。ワイヤーを中心としたアクションや群舞はやはり楽しく、“21世紀版にアップデートされた香港映画”という感じ。




#血と骨 。ボリューム感たっぷりで楽しめた。役者陣の演技はいずれも素晴らしい。欲を言えば、深作欣二のような荒々しさがもっと画面から飛び出てくると良かったかな。主人公の凄まじい欲望を表現するには、画面がちょっと大人しいというか、綺麗すぎたかも。




#バベル 。これは2回観た方が断然楽しめる。画が美しい。野心的な演出には好感が持てるが、全体的な完成度は低い。登場人物全員が揃いも揃って愚か過ぎてイライラするが、タイトル「バベル」の意味を考えれば、まぁ、愚かに描くのは当然か。




#ブルー・ベルベット 。リンチの映画って凄いんだけど、極めて能動的な鑑賞を必要とするので、軽々しく観ようと思えないんだよね。それはともかく、最高に官能的でアブナい映画。リンチ映画の割に娯楽性も高い。冒頭に出てくる腐った耳と、ローラ・ダーンの泣き顔が相似形だと思うのは俺だけか。




#チョコレート 。これは初見時の方が断然良かった。人種差別主義者の主人公が黒人女性に心を開いていく様に感動したものだが、今回再見したら、なんだかご都合主義のSEX映画に見えてきた。肥満の息子も死んじゃうし、要介護の親父を施設にぶち込んだり(共にお荷物)、蓄財で何でも買い与えたり。




#ブレア・ウィッチ・プロジェクト 。友人から借りて初見。映画単体では語れないメディア・ミックス作品であるという予備知識を得てから観たので、ちゃんとそれなりに楽しめた。「ツインピークス」なんかと同様に、リアルタイムで流れに乗っていたらきっと100倍は楽しめただろう。




#フォーリング・ダウン 。めちゃくちゃ面白いはずだけど、カミさんは隣で寝てた。娯楽性だけをひたすら突き詰めた姿勢は潔く、アッパレ。展開もスピーディー、中だるみもなく、伏線の回収も見事。そういう意味では完璧。




#ウィッカーマン 。さすがのカミさんも寝ずに観た、俺の“生涯のベスト10”に入るほど好きな最強のカルト映画。サントラが欲しくてたまらんのだが、プレミアが付いて5000円もしやがる。寓話的で風刺効きまくり、画も音楽もグロ美しい。※ニコラス・ケイジ主演のリメイク作の方ではない。




たけしの #座頭市 。頭カラッポにして観れるなぁ。




#オー・ブラザー! 人を食ったような寓話の連続で、とらえどころのないビミョ~な面白さがあるが、駄作知らずのコーエン兄弟の作品群にあっては下の部類か。ミュージカル映画ばりに音楽の存在感が大きく、サントラが良い。




#第9地区 やはりめちゃくちゃ面白い。インディー映画っぽいアイディアや熱が溢れている。意図せずバケモノに変身させられてしまうと言うプロットは、モロに「ザ・フライ」とカブッてしまっているけれども、ラストシーンに希望が見出だせる点が決定的に違う。




#ユージュアル・サスペクツ 。これとか「シックス・センス」みたいな大どんでん返し映画って、当然、再鑑賞時に同じ衝撃を受ける事は不可能だけど、仕掛けが複雑なので整理するために観る、という別の意味が出てくる。「メメント」もそう。「シックス・センス」は単純なので二度観る必要はない。






外国映画 | trackback(0) | comment(0) |


<<追悼:プリンス | TOP | ヴィンテージの「暮しの手帖」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1745-8629f46b

| TOP |

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/30(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★年内のライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する