2016/05/06 (Fri) 誕生山→天王山:独自ルートで東西完全縦走(@美濃市)

美濃市の誕生山天王山の間の稜線ルートは結構人気のようで、ネット上のレポートでは、JAライスセンターから登り、大矢田神社に下山するコースが圧倒的に多いです。そういう小さいループになるのは、下山後の車道歩きを最短にしようとすれば当然の事ですが、我々(今回も、おなじみぼのさんと一緒)には自転車という武器があるので、その点はほとんど気にしなくていい。そして何より、誰もレポートした事のない独自ルートが理想なので、今回計画したのは、この山塊の東端から西端までの完全縦走。

※ぼのさんのルートラボを拝借。


前野古墳近くの尾根から取り付き、独自ルートで誕生山に登頂、天王山までは既成のルートを使い、天王山の南西尾根を独自ルートで下ってきて白鬚神社でゴール、というコース。もちろん白鬚神社にはあらかじめ自転車をデポしておきます。(「完全縦走」を名乗るには、天王山から北西尾根を下った方が美しいとは思いますが、それをやると、下山後に自転車で大矢田トンネルを峠越えせねばなりません。それはさすがにイヤだったので南西尾根を選びました。)




それでは、レポート開始。(※自分が写っている画像は、ぼのさん撮影のものをいただきました。)

160505tjs.jpg

鉄塔巡視路を見つけて「しめしめ」と思い、尾根に取り付きましたが、それもほんの1分程度w 鉄塔を過ぎるとたちまち藪に。しかし、明らかに踏み跡があり、その上から草が覆っている状態です。

160505tjs2.jpg

尾根からは第一目的地である誕生山が見えます。

160505tjs3.jpg

ヌタ場発見。自分としては終始尾根歩きをするつもりでしたが、右山でトラバースの踏み跡があったので、それをトレース。

160505tjs4.jpg

踏み跡に安心して漫然とトレースしていたら、方向を誤ってしまいました。↑これは怪我の功名で辿り着いた展望ポイントからの眺め。

160505tjs5.jpg

東西に延びる主稜線に出ると、すぐ北側に谷を挟んで見事な岩尾根が!これは絶対に面白そう。いずれ近いうちにこの岩稜を攻めよう。

160505tjs6.jpg

踏み跡はやがて左山でトラバース。しばらくトレースしましたが、一向に高度を上げてくれないので、山頂直下あたりで見切りをつけ、直登し、一気に登頂。

160505tjs7.jpg

山頂には先客が一組。我々を見て「一体どこから来たの?」と訝しげ。そりゃそうだよな。藪から出てきたもんw 山頂は南側が180°の大展望。眼下にはうねる長良川。遠くには恵那山、名古屋のビル群、養老山地、伊吹山・・・いろいろ見えましたが、写真には写りませんね。

160505tjs8.jpg

金華山はどうにか写った。山頂に城が乗っかってるからどこから見てもそれと分かるね。

160505tjs9.jpg

それでは、ここで乾杯!中津川の地酒「小野櫻」の生。

160505tjs10.jpg

アテはぼのさん特製の焼肉!贅沢な時間が流れます。ここで1時間以上の長居をしちゃった。

160505tjs11.jpg

やや足元がおぼつかないですが、天王山への稜線ルートへ。このルートはよく知られているので、何も考えずにただ歩けばOK。鞍部には石仏。と、言うことは、もしかしたらかつてここには中野と奥神洞を結ぶ古道が南北に通っていたのかな?

160505tjs12.jpg

ほどなく、天王山に登頂。そろそろ裸の季節だね・・・。

160505tjs13.jpg

東を振り返ると、ここまで歩いてきた稜線が。画像左端が誕生山。その遥か奥に恵那山がうっすらと写ってます。

160505tjs14.jpg

南側の景色は、誕生山からのそれと大差ないですが、誕生山と違い、ここからは北側の景色も見えます。中央奥には高賀山。

160505tjs15.jpg

西に見える反射板まで足を延ばしたら、その先にも明瞭な道が。これを漫然とトレースしたら、またしても方向間違いw ↑これはその怪我の功名、「屏風岩」からの眺め。

目指す南西尾根へは、まず山頂直下から南に下る。これは明瞭な道。それを350mぐらいまで下りたあたりかな?黄色い杭を目印にトレースをやめ、西へ。この分岐はちょっと分かりづらい。山頂で“山の主”みたいなオジサンに目印を教えてもらっといて良かった~(^^)

160505tjs16.jpg

尾根は結構痩せていて分かりやすいので、あとはスイスイ西へ♪自然林で気持ちイイ。

さて、最後の問題は、どのタイミングでこの稜線に見切りをつけ、南に下降するか。白髭神社にゴールしたいからね。何か下降のきっかけがないものかと南斜面をチラチラ見ながら稜線を西へ進んでいくと、ある箇所で明らかに藪が切り払われた跡が。ここから南に下降を決断。

160505tjs30.jpg

ひとしきり急降下すると、なんと、古道に下り立ちました。大矢田トンネルが開通する以前に峠越えに使われていた道かな。せっかくなんで少しだけ東へトレースしましたが、いっこうに高度を下げてくれないので見切りをつけ、藪漕ぎ下降。最後は車道に出て白鬚神社にゴール。



その後の自転車のルート。もちろんぼのさんのルートラボを拝借。

160505tjs18.jpg

長閑な里の景色を楽しみながら進む。左手には、さっきまで歩いていた、天王山への主稜線がキレイに見えました。

160505tjs19.jpg

そして、前野古墳にゴール。充実した縦走でした。

















登山 | trackback(0) | comment(0) |


<<【読んでみた】言ってはいけない 残酷すぎる真実(橘玲 著) | TOP | 満足度高い無料スポット:内藤記念くすり博物館(@各務原市)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1758-1f857b8e

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★9/19(火)LIVE@植田 BERKELEY CAFE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する