2016/06/11 (Sat) 虎渓用水一周ポタリング(@多治見市)

虎渓用水とは、明治35年(1902年)に完成した農業用水で、その後、宅地化が進んで暗渠化(水路を地下に設けたり蓋をしたりして見えなくする事)され、現在は歩道になっています。それを今回、自転車でたどりました。

160611kkys0.png

赤線(往路)が住吉支線、緑線(復路)が上野支線。




スタートは虎渓山永保寺

160611kkys.jpg

さすがの、国宝の風情。高校時代はここでたまに弁当を食べ、午後の授業に戻るのが億劫でそのままサボったりしてました。

160611kkys2.jpg

虎渓用水石碑

160611kkys3.jpg

んで、水路はここから虎渓山を貫くトンネルに入ります。

160611kkys4.jpg

トンネル出口まで、自分は山を越えるんですが、坂じゃなくて石段だった・・・。

160611kkys5.jpg

下山してすぐにあるのが弁天池。ここで一旦水を貯め、水量を調整します。

160611kkys6.jpg

精華小学校すぐ西側にあるポンプ。

160611kkys7.jpg

多治見駅北に建設中の虎渓用水広場。7/1完成、7/22からはここでビアガーデンがオープンするらしいですぜ。

160611kkys8.jpg

ここがゴールの放水口。大原川に流れ込みます。

160611kkys9.jpg

放水口近くにあったこの水門も、きっと関係設備だよね。

160611kkys10.jpg

復路は上野支線をたどり、住吉公園近くにある佐藤邦三郎(水路建設の功労者)の銅像へ。

ゆっくり走っても2時間弱。風光明媚なのは虎渓山周辺だけなので、普通の意味での遊歩道やサイクリング道としてはオススメできません。アカデミックな好奇心のある人のみ、どうぞ(^^)












歴史探訪その他 | trackback(0) | comment(0) |


<<宇野功芳は天国に逝ったとイエヨウ | TOP | 愛宕神社の岩場と、虎渓山永保寺別院 蔵春寺>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1771-29db9980

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する