2016/06/21 (Tue) 中山道(落合宿~馬籠宿)を歩く。

梅雨入り宣言て嘘か!?というぐらいの晴天。近所なのに意外にも未踏だった中山道の落合宿~馬籠宿間を歩いてきました。

160618nsd.jpg

160618nsd2.jpg

落合宿の様子。程よい保存度。まぁ俺様レベルの変態であれば、もっとショボくても楽しめるのであるが。

160618nsd3.jpg

落合橋で落合川を渡る。奥に見える、緩やかな綺麗な形の山は高峰山。

160618nsd4.jpg

イボ観音と呼ばれる馬頭観音。

160618nsd5.jpg

医王寺。「日本三大薬師」などと紹介している所もあるけど、日本に薬師はめちゃ多くて、「日本三大薬師」と称される薬師も無数にあります。モンドセレクション金賞と同じくらい怪しげな呼称と思った方がいいね。普通にイイ雰囲気のお寺なんで、普通に楽しんだらよろしいかと。

160618nsd6.jpg

さて、これが、このルートの目玉、「落合の石畳」。800mほどあるそうですが、当時のまま現存するのはその一部(それ以外は修復されたもの)。この画像はもちろん、そのレアな区間です。

160618nsd7.jpg

「新茶屋」と呼ばれる、かつて茶屋があった場所。

160618nsd8.jpg

双体道祖神。

160618nsd9.jpg

このルートの一番のご褒美は、恵那山のこの景色。

160618nsd10.jpg

「藍」「たばこ」などの看板が掲げられた商店のある一角。

160618nsd11.jpg

諏訪神社。

160618nsd12.jpg

そして、馬籠宿に到着。

わずか1時間程度のウォーキングで運動量も大したことないはずなのに、この日の日差しはマジで凶悪で、ペットボトルの水も飲み干し、グッタリ。(日差しはさておき)なかなか気持ちの良いロケーションだったけど、石畳の部分以外は全て舗装道、ってのが惜しいね。

馬籠からは、あらかじめデポしてあった自転車に跨がり、颯爽と落合宿へ戻る。往路はずっと登ってきただけあって、帰りはオール下り。ビショビショだった汗もすっかり乾きました。











街道・古道を歩く | trackback(0) | comment(0) |


<<'90年代邦楽アルバム ベスト18 | TOP | エレクトーン・フェスティバル2016地区予選3連覇(^^)/>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1777-7ed38cc4

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する