2016/08/13 (Sat) 見所いっぱいのスモールタウン「天竜二俣」(@浜松市)

こんな所まで浜松市なんかーいw 平成の大合併で浜松市に合併された天竜区。地理的に不自然すぎて、ここが浜松と言われてもまるでピンとこない。まぁ、それはそれとして・・・

この天竜二俣、田舎の小さな町ですが、渋い見所が盛り沢山で、俺好み♪




駅前の観光案内所でマップを入手し、散策開始。「旧光明電鉄線跡」というのが気になって辿ってみるも、道路やら宅地やら、すっかり整地され跡形もなし。

160806htmt.jpg

でも、トンネル入口は確認!これを探していて、たまたま警察署の敷地に迷い込み、お巡りさんに不審者と思われて声をかけられ、それに反応した他のお巡りさんが10人ほど「なんだなんだ!?」と出てきましたwww 警察がヒマなのは平和のしるし、イイ事だよね(^^) お騒がせしました。

160806htmt2.jpg

二俣川は、町なかを流れているわりには水質が綺麗で、大勢の人たちが川遊びをしていました。その向こう、天竜川の方では、鹿島の花火大会を予告する花火がドン!ドン!と打ち上がっていました。

160806htmt5.jpg

本田宗一郎ものづくり伝承館。登録有形文化財。ここ二俣は、本田宗一郎の出生地です。

160806htmt6.jpg

マニア垂涎の往年の名機がズラリ。

160806htmt7.jpg

超個性派建築家 藤森照信設計の秋野不矩美術館7年ぶりに再訪しました。相変わらずの凄い造形とランドスケープ。

町のどこからでも目視できそうな、ひときわ目を引く巨岩を擁した烏帽子山。

160806htmt9.jpg

もの凄い急勾配の階段を登ってみるとそこには、役行者像。たった数分で秘境感抜群。

元々城下町だったこの二俣、かつてのメインストリートは、今は「クローバー通り」と呼ばれ、レトロな建物がそこかしこに散見されます。

160806htmt10.jpg

陣屋旅館。

160806htmt11.jpg

看板建築の酒屋。

さあ、二俣散策のラストは、二つの城山巡り。

160806htmt12.jpg

まずは二俣城。天守台がキレイに残っていました。

160806htmt14.jpg

続いて鳥羽山城。公園化してるけど、誰もいない。

160806htmt15.jpg

土塁の上を歩いていると、突如ローラー式滑り台の入口が姿をあらわしました。ほかに遊具は何もない。これだけw 

160806htmt16.jpg

もちろん滑ってみた。勢い余って天竜川に飛び出して行きそう。なかなかのロケーション。




たっぷりと二俣を堪能しました。満足です。









いいとこ(その他日帰り圏内) | trackback(0) | comment(0) |


<<横山展望台:一見、海には見えない英虞湾を一望 | TOP | リスだらけの日本庭園も美しい「浜松城」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1808-fd0a5b7f

| TOP |

プロフィール

EYK

Author:EYK
2つのバンドでドラムを叩いてます。
名古屋を中心に活動するインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★12/30(土)LIVE@大須 ell.SIZE♪
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★年内のライブはありません。

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する