2016/10/08 (Sat) シン・ゴジラ、超面白かった!

シン・ゴジラを見に行ってから既に2週間以上が経ってしまった。レビューを書くのが億劫だったのは、既に秀逸なレビューやツイートが巷に溢れかえっていたから。この上自分が一体何を言えるのか、と。

シン・ゴジラの秀逸な感想ツイートまとめ

映画館に行く前は↑こういうのを見て、そのあまりのディープさ、コアさに、「果たしてこの輪に入っていけるのだろうか」という一抹の不安があったんだけど、いざ見てしまえば杞憂と分かる。まるでこの人たちが同志のように思えるんだよね。こんな風にみんなで盛り上がれる映画って、マッドマックス以来じゃないかな。


161008sg.jpg

後発組ゆえの幸運で、このようなステッカーももらえた。門外漢にはナンノコッチャであるが、一歩映画館を出ればもうこれが萌えアイテムなのである。

猛烈に早口の長セリフをはじめ、画面から発せられる情報量が膨大ゆえ、リピーター続出なのも分かる。俺ももう一度見たい。繰り返し見てもきっとそのたびに発見があるだろう、深読みがいくらでも可能な映画。しかしだからと言って、何度も見ないと分からない映画かと言うと、そんな心配はいらない。基本的には「怪獣が襲ってきて、人類がそれを何とか退けようとする物語」なので、ボーッと見ていてもそのド迫力はきっと楽しめるだろう。冒頭から登場人物を紹介する漢字だらけのテロップが猛スピードで出てきて面食らうが、安心して欲しい。そもそもちゃんと読ませる気はないテロップだから、ついていけなくても全然平気w

因みに自分はかなり集中して見たので、恐らくセリフのほとんどを理解したとは思うが、政治用語が大部分を占めるため、普段新聞やニュースにくまなく目を通しているような人じゃないとキツいかと思う。それでも、そんなの理解できなくても楽しめるだろうことは前述の通り。

政治の場が舞台なので、まるで曲者中年俳優のショーケースのよう。みなさんチョイ役を喜々として演じているのが分かる。しかし、究極的にリアルに描きこまれた中で、石原さとみ演ずる役柄だけが、なぜかコミックタッチで。これには賛否両論あるようだが、俺は否定的だなぁ。意図的であろう事は分かるんだけど、ここまでリアルにこだわったんだから、全てリアルで通して欲しかったな。

アベを始め、この映画を我田引水して褒める政治家が何人もいるけど、アホかいな、と。あくまでこの映画は右とか左ではなく「リアルな描写」にこだわったもので、政治家が必死に頑張る場面もあればバカバカしく右往左往する場面もある。自衛隊をむやみに賛美するようなものじゃなく、今東京にゴジラが現れたら本当にこんな感じになるだろうな、と思える描写。

映画館から出て帰り道を運転していると、目に映る町並みに本当にゴジラが現れるんじゃなかろうか、という感覚にとらわれる。ともあれ、これはもう絶対的に映画館で見るべき映画。自宅のテレビモニターでは面白さ半減だろう。いやぁ~、超面白かったです!










日本の映画 | trackback(0) | comment(0) |


<<あいちトリエンナーレ2016豊橋会場に行ってきた。 | TOP | あいちトリエンナーレ2016岡崎会場に行ってきた。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1840-a638de7c

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する