2016/11/14 (Mon) 追悼:レオン・ラッセル

「A Song For You」を聴いてる最中にレオン・ラッセルの訃報が飛び込んできたのには、さすがにびっくりした。一体何の偶然か。



昨日のレナード・コーエンの追悼記事で、彼の代表曲「Hallelujah」を「人生で五指に入るほど好き」と評したが、レオン・ラッセルの「A Song For You」も残りの四指に入るのは間違いない。一日中「Hallelujah」ばかり聴いていてさすがに飽きてきたので、「A Song For You」でも聴いてみるか、と思って流し始めた矢先だったのである。そんな2曲の作者が立て続けに亡くなったのだから、驚きを隠せない。

(コーエンには申し訳ないが)「Hallelujah」1曲にしか思い入れがないコーエンと違い、ラッセルの音楽は「A Song For You」のみならず、アルバムごと気に入ってよく繰り返し聴いたものだ。アメリカ音楽の一番美味しい要素を煮込んで出汁をとったような、奥の深い音楽性。'70年代初期の、ロックミュージックが一番イイ音をパッケージングできていた幸福な時期でもあるし。

サイドミュージシャンやプロデューサーなど、裏方としてもイイ仕事が沢山あるけれど、代表作としてはソロの初期3枚を挙げたい。

161114lr3.jpg

LEON RUSSELL

冒頭が件の超名曲「A Song For You」。昨日の記事ではいろいろなヴァージョンの「Hallelujah」を紹介したが、この「A Song For You」はラッセルのオリジナルがダントツで良い。名曲ゆえにカヴァーも多いんだけど、本人の弾くピアノのタッチ、しゃがれた声の絶唱は唯一無二のもの。

161114lr.jpg

AND THE SHELTER PEOPLE

161114lr2.jpg

CARNEY

ともに全編通して豊かな音楽性を誇り、何度聴いても全く飽きない。音質も良いので、ヴィンテージ・オーディオで、なるべくちゃんとした音量で聴いてもらいたい。

合掌








ヴィンテージ・ロック | trackback(0) | comment(0) |


<<満員御礼 | TOP | 「ハレルヤ」という名曲(追悼:レナード・コーエン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://eyk.blog107.fc2.com/tb.php/1864-f7c6151d

| TOP |

プロフィール

EYK@ビートエフスキー

Author:EYK@ビートエフスキー
世界に愛と平和をもたらすために結成された名古屋発スーパーバンド『ビートエフスキー』
★8/6(日)LIVE@大須ell.SIZE♪
現在充電中、名古屋のインディーズ・バンド『ニコルデカ』
★11thアルバム『士(サムライ)』好評発売中♪
★ベスト盤『better』(1st~7thアルバムから選曲)好評発売中♪

twitterやってます

instagramやってます

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する